エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > イベント情報 > トークショー 富野由悠季×高橋良輔「虫プロの遺伝子~ロボットを創った男達」


ここから本文です。

トークショー 富野由悠季×高橋良輔「虫プロの遺伝子~ロボットを創った男達」

ID番号 4000148 更新日  平成29年2月16日  印刷

イベントカテゴリ: 子ども・子育て お出かけ 文化・芸術 セミナー・交流

2月16日(木曜日)到着分をもって、申込受付を終了しました。

多数のお申込みをいただき、ありがとうございます。

10日以内に、当落はがきを発送する予定です。

手塚治虫は幼少期から、自宅で父親が集めたアニメーションフィルムの上映会やマンガを見て、マンガ・アニメーションへの想いを募らせました。

そしてマンガ家になった後、手塚は幼い頃に感じたアニメーションへの想いを形にするため、自身の制作スタジオ「株式会社虫プロダクション」を創設します。当時の虫プロダクションには、今日のアニメ業界の発展に貢献した多くの人材がその門を叩き、厳しい現場でお互いに切磋琢磨しあって活躍していました。

今回のトークショーでは、虫プロダクションに入社して、アニメ制作を開始した2人の監督、富野由悠季さんと高橋良輔さんをお招きし、虫プロダクションでの「手塚治虫との思い出」、「TVアニメーション黎明期の話」。また、「機動戦士ガンダム」・「装甲騎兵ボトムズ」等、「ロボット」を題材と選んだきっかけやその醍醐味、創作に込めた想いについて、語り合ってもらいます。

富野監督
富野由悠季さん

高橋監督
高橋良輔さん

日時

平成29年3月12日(日曜日)

時間詳細

13時開演(15時終演予定)

対象

小・中学生、一般、高齢者

施設

宝塚ホテル「宝寿の間」(宝塚市梅野町1-46・6階)

申込締切日

平成29年2月16日(木曜日)
「往復はがき」に以下のとおり書いてお送りください。

【往信表】〒665-0844 宝塚市武庫川町7-65 手塚治虫記念館トークショー係
【往信裏】(1)代表者の〒住所・氏名・年齢、(2)電話番号、(3)参加希望人数(はがき1枚につき2人まで)、(4)代表者以外の参加者氏名・年齢
※一時保育を希望する場合、児童の人数・性別・年齢をご記入ください。
※手話通訳を希望する場合、ご記入ください。

【返信表】代表者の〒住所、氏名

締め切りは、2017年2月16日(木曜日)必着。応募者多数の場合は抽選。結果は、返信はがきでお知らせします(締切後10日以内に発送予定)。
このイベントの申込は終了しました

定員

500人(事前申し込み制)

費用

必要
700円(参加者は手塚治虫記念館への入館が可能)

出演

富野由悠季 【アニメーション映画監督・原作者】

高橋良輔 【アニメーション監督・原作者】

主催

宝塚市

協力

株式会社サンライズ

注意事項

(1)ファクスや電話でのお申し込みはできません。

(2)ご応募は、一人1回限りです。

(3)当選はがきは、参加証となりますので、当日必ずご持参ください。

(4)会場には、公共交通機関でお越しください。

出演者プロフィール

富野由悠季(とみの よしゆき)【アニメーション映画監督・原作者】

1941年生まれ。小田原市出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、虫プロダクションに入社、TVアニメ「鉄腕アトム」などの演出を経てフリーに。日本の様々なアニメーション作品の絵コンテ、演出を手がける。主な監督作品に「海のトリトン」「機動戦士ガンダム」「伝説巨神イデオン」「OVERMAN キングゲイナー」などがある。また、作詞家、小説家、大学教授を務めた。2009年ロカルノ映画祭にて名誉豹賞受賞。最新作は「ガンダム Gのレコンギスタ」。

 

高橋良輔(たかはし りょうすけ)【アニメーション監督・原作者】

1943年東京生まれ。1964年、虫プロダクションに入社。主な作品に「W3(ワンダースリー)」「どろろ」「リボンの騎士」等がある。虫プロダクションを退社後、サンライズ創業初期に「ゼロテスター」(監督/1973)に参加。代表作として「太陽の牙ダグラム」「装甲騎兵ボトムズ」「機甲界ガリアン」「蒼き流星SPTレイズナー」「モリゾーとキッコロ」「FLAG」「幕末機関説 いろはにほへと」がある。2015年放送の「ヤング ブラック・ジャック」ではシリーズ構成・スーパーバイザーを務める。

イベント参加者特典

イベントの参加証(往復はがき[返信面])を持参することで、会場周辺で宝塚を感じていただけるサービスを受けることが出来ます。(実施期間:3月12日[日]~13日[月] ※各特典・ご本人1回限り)

〇手塚治虫記念館への入館

イベント当日に、イベント会場受付で参加費支払い後、入館料が無料。

会場近隣店舗とのコラボレーション ※いずれも税込価格

(1)ホテル若水(11時30分~17時、電話0797-86-0151)

日帰り入浴サービスの実施(入浴料金1,000円で提供)

(2)中国料理「天津」(11時~22時、電話0797-71-5021)

トークショー開催記念セットメニュー(1,080円で提供)

(3)宝塚牛乳 宝塚南口店(9時~19時、電話0797-80-8662)

ソフトクリームを特別料金で提供(290円で提供)

出演者コメント

手塚記念館トークに

昆虫が好きになれる空気感と宝塚歌劇団に代表される文化。それが手塚先生を育てたと思っています。そのような場所でお話をさせていただけるというのは、ファンにとって名誉なことなのです。 そんなもの?という疑問に答えられたらいいなと思っております。創作をするとか時代性を乗り越えるためには、風土の持つ力は無縁なものではないと思っておりますので……。

富野 由悠季

 

わが師手塚治虫への想い

魁であり、並ぶ者のない巨星であり、そして常に前衛だった。生涯をかけて留まるということを知らなかった。言うことはいつも一緒、
「アイディアは売るほどあるんですよ」
この気概! 私の人生で知りえた真に偉大な存在であった。その人がいつも言っていたのが、
「あなたも私と同じ作り手なんですよ」
の一言。この言葉にどんなに後押しされたか、感謝してもしきれない。
そんな師のことを皆さんと一緒に語り合いたいと思います。

高橋 良輔

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末からiCalendarに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

ヘルプ

イベント情報をGoogleカレンダーに取込みます。 パソコンから取込ボタンをクリックする場合は、スマートフォンでご利用のGoogleアカウントを使用してください。

ヘルプ

イベント情報をiCalendarに取込みます。 注意!
パソコンでスマホ表示をご覧になっている場合、イベント情報は取り込みできません。iPhone,iPad等の端末でご利用ください。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 宝のまち創造室 手塚治虫記念館
〒665-0844 宝塚市武庫川町7番65号
電話:0797-81-2970 ファクス:0797-81-3660
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。