新型コロナウイルス感染症患者の発生状況

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1036684 更新日  2022年1月17日

印刷大きな文字で印刷

感染拡大防止のためご協力ください

県内でオミクロン株の市中感染が確認されています。
年始から新規感染者数が急速に増加しています。
手洗い、マスク着用、換気など基本的な感染対策を怠らないでください。
体調が悪い場合は、外出を控え、すぐに医療機関に電話のうえ、受診してください。

県民・事業者への要請(オミクロン株最大限警戒!感染対策の徹底を!)

新規患者発生数(宝塚健康福祉事務所管内)

患者さまの一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

新規感染者数の状況  前週比+27人

 1月17日(月曜日) 52(宝塚市35人、その他管内17人※) 前週同曜日比+27人 

 前週 1月10日(月曜日) 25人(宝塚市22人、その他管内3人)

 ※「その他管内」とは、三田市と居住地非公表の合計人数です。
 ・最新情報は下記の「最新の患者発生状況について」をご覧ください。

1週間の新規感染者数の状況  対前週比3.53倍


 1月11日(火曜日)~1月17日(月曜日) 計268人
  
【うち濃厚接触者103人】
  【無症状6人、軽症256人、中等症6人】
  【うち20歳~39歳93人】
  【うち60歳以上33人】
  【人口10万人あたり80.02人】
  【対前週比3.53倍】


 1月4日(火曜日)~1月10日(月曜日) 計76人
  
【うち濃厚接触者41人】
  【無症状6人、軽症70人】
  【うち20歳~39歳28人】
  【うち60歳以上7人】
  【人口10万人あたり22.69人】
  【対前週比38.00倍】
   
  
・管内推計人口334,930人
  ・対前週比が高いほど感染が拡大傾向にあること、一方、対前週比が1を下回る期間が続けば、感染が収束傾向にあることを示します。
 

累計・月間の新規感染者数の状況


 2020年3月11日(水曜日)~2022年1月17日(月曜日) 計4,475人
 
 
2021年

 10月 月間累計:81人    7日間の新規感染者数月間最高値:73人(9月25日~10月1日)
    【うち濃厚接触者39人】
    【無症状10人、軽症69人、中等症2人】
    【うち20歳~39歳28人】
    【うち60歳以上16人】

 11月 月間累計:5人    7日間の新規感染者数月間最高値:6人(10月29日~11月4日)
    【うち濃厚接触者1人】
    【無症状0人、軽症5人、中等症0人】
    【うち20歳~39歳2人】
    【うち60歳以上1人】

 12月 月間累計:10人    7日間の新規感染者数月間最高値:5人
    【うち濃厚接触者0人】
    【無症状1人、軽症8人、中等症0人、死亡1人】
    【うち20歳~39歳5人】
    【うち60歳以上3人】

 2022年

   1月 月間累計:344人    7日間の新規感染者数月間最高値:268人
    【うち濃厚接触者144人】
    【無症状12人、軽症326人、中等症6人】
    【うち20歳~39歳121人】
    【うち60歳以上40人】

  ・宝塚健康福祉事務所(保健所)は、宝塚市と三田市を所管します。
  ・県等の記者配布資料やホームページ掲載情報に基づく発表時点における人数です。
  ・濃厚接触者数には、接触者(保健所が行う積極的疫学調査において濃厚接触者に該当はしなかったが、新型コロナウイルス感染者と接触があったことが判明した人)も含みます。
  ・他都道府県等の公表分は未算入や、患者の年代・症状等については不明となる場合があります。
  ・データは、平日(年末年始を除く。)に更新します。

宝塚保健所管内における新規感染者の推移(週報)

 次のグラフは、宝塚保健所管内における1週間における10万人あたりの新規感染者数と簡易的に計算した実効再生産数を表したグラフです。

管内の新規感染者の状況(グラフ)

※実効再生産数が1を超えると感染は拡大傾向、1を下回る期間が継続すると収束傾向を表します。

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードでの報告内容

1月13日第67回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードが開催され、次のことが報告されました。
 

直近の感染状況の評価等

ワクチン接種歴別の新規陽性者数

引用元:新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード資料
※詳細は厚生労働省のホームページにてご確認ください。

厚生労働省が公表した「新型コロナウイルス感染症の“いま”に関する11の知識」

厚生労働省が公表した「新型コロナウイルス感染症の“いま”に関する11の知識」によると、

新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、重症化する人の割合や死亡する人の割合は年齢によって異なり、高齢者は高く、若者は低い傾向にあります。
重症化する割合や死亡する割合は以前と比べて低下しており、2020年6月以降に診断された人の中では、
・重症化する人の割合は 約1.6%(50歳代以下で0.3%、60歳代以上で8.5%)、
・死亡する人の割合は 約1.0%(50歳代以下で0.06%、60歳代以上で5.7%)となっています。

新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち重症化しやすいのは、高齢者と基礎疾患のある方、一部の妊娠後期の方です。
重症化のリスクとなる基礎疾患等には、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、心血管疾患、肥満、喫煙があります。

皆様へのお願い

感染者の早期捕捉を実効的なものとするため、保健所による積極的疫学調査として患者等からの聞き取り情報が極めて重要であり、患者等が調査に協力しやすい環境を整えるためにも、患者やその家族、事業者等の関係者を誹謗中傷することは決してしないでください。

国、県、市での取組や、市民の皆様に協力いただきたい内容については、以下の関連情報に掲載していますので、あわせてご確認願います。

最新の患者発生状況について

最新の患者発生状況については、県内で新規患者発生の都度更新される、次の兵庫県のサイトをご参照ください。
・宝塚市を含む兵庫県下の発生状況の一覧表(PDFとエクセル)もご覧いただけます。

※患者・ご家族等の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。

・新型コロナウイルス感染症(変異株)の確認数についてはこちらをご覧ください。

最新の県内の確保病床使用率などの状況については、次の兵庫県のサイトをご参照ください。

職員の新型コロナウイルス感染について

 2022年1月以降の職員の新型コロナウイルス感染状況について以下のとおりです。
 詳しい状況や対応につきましては、下記のリンクページをご覧ください。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

宝塚市役所
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号
電話:0797-71-1141