新型コロナウイルス感染症患者の発生状況

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1036684 更新日  2021年7月30日

印刷大きな文字で印刷

新規患者発生数(宝塚健康福祉事務所管内)

患者さまの一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

 最近の状況

【夏休み期間中の感染拡大を防ぐために】
・都道府県を越えた移動がどうしても必要な場合には、小規模分散型でお願いします。また、ワクチン接種を2回受けた故郷の高齢者と会う場合でも、ご自身の感染予防を2週間ほど前から十分した上で会ってください。
・普段会わない人との飲食は控えてください。自宅での大人数の食事会も控えてください。
・オリンピックは家族と自宅で応援してください。
【大学関係の皆様へ】
・自宅での飲み会(宅飲み)、路上飲み、公園飲みや大人数・長時間の飲食は控えるよう促してください。
・食堂や構内等での飲食や談話時には3密を回避するよう促してください。
・部活動・サークル活動等は緊急事態措置区域、まん延防止等重点措置区域においては活動を実施しないでください。

【飲食店事業者の皆様へ】
○県から宝塚市内の飲食店等に営業時間短縮が要請されています。
※詳しい要請内容や協力金の支給については県ホームページでご確認ください。

○休業したり営業時間を短縮したりする店舗等に対する出店荒しや事務所荒しの発生が懸念されますので、被害に遭わないよう対策をお願いします。

【最厳重警戒】
 県内では、新型コロナウイルス患者用の重症病床使用率が16.0%(7月28日24時現在)です。
 特に、若い方々を中心に感染が拡がっています。
 県内感染者の感染経路は、家庭での感染が約5割とのことです。特に若い方々には、自分に脱毛や味がしないなどの後遺症が残ることや高齢者等への感染の原因になりうることを自覚して、ウイルスを家庭や職場に持ち込まない、拡げないよう、行動に注意していただくようお願いします。
 
次のことについてご協力いただき感染再拡大防止に取り組みましょう。よろしくお願いいたします。

◎不要不急の外出・移動を自粛してください。
 県境を越えた感染拡大地域との往来を自粛してください。
◎感染リスクの高い施設(業種別ガイドライン等に基づく感染防止策が徹底されていない飲食店、カラオケ店など)の利用の自粛してください。

高齢者、基礎疾患のある方は、自宅でできる運動を心がけ、フレイル(虚弱)を予防しましょう。
◎このページ最下部の関連情報に掲載の感染リスクが高まる「5つの場面」をご覧いただき、ひとりひとりが感染対策を徹底してください。
 なかでも、飲食の場面においてはくれぐれも注意してください。特に平日・休日ともに混雑した場所での食事は控えましょう。飲酒の有無やランチやフードコートでの食事など昼夜にかかわらず、食事の際の会話が感染しやすい場面です。
(会食は同一家族を除き1グループ4人以内、斜めに交互に座る、短時間で、会話の際はマスク着用、大皿は避ける、取箸・卓上調味料・皿・コップは共用しない、会食後は体調管理を厳重に)
 →家庭内も含め、大人数での飲食や長時間に及ぶ飲食を控えるとともに、食事中の会話を極力控えてください。
◎座席配置の工夫又はアクリル板の設置、消毒液の設置等の感染対策を行っていない飲食店、カラオケ店など、リスクのある場所への出入りを自粛してください。
換気が良く、座席間の距離も十分で、適切な大きさのアクリル板を設置されるなど感染対策が施され、混雑していない店を選択しましょう。食事は短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用しましょう。人数が増えるほどリスクが高まります。同居家族以外ではいつも近くにいる4人までにしましょう。会食後は数日間は家族を含め人との接触に注意してください。

◎Go To Eat ひょうごキャンペーン食事券の利用をGo To トラベルの停止終了日まで自粛してください。
◎毎日の検温、マスクの着用など健康管理を徹底してください。
ワクチンを接種した方から他の人への感染については、どの程度予防できるかはまだ分かっていません。ワクチンを接種した方も接種していない方も、共に社会生活を営んでいくことになります。ワクチン接種後も引き続き、マスクの着用、手洗い、人と人との距離の確保など基本となる対策の徹底をお願いします。
発熱、せき、息苦しさ、味覚の異常など症状のある場合には、外食、通勤、通学、買い物、通いや集いの場に出向くこと等を控えるとともに、すぐにかかりつけ医などに電話相談してください。
発熱者がいる場合の個室の確保や共有部分の消毒など「ウイルスを家庭内に広げない」行動をしてください。

◎悩みごとがあるときは、ひとりで悩まず、相談しましょう。
◎人と人との接触機会を減らすため、在宅勤務(テレワーク)やテレビ会議などを推進し、出勤抑制をお願いします。

◎新型コロナウイルス患者、医療従事者、これらのご家族などに対し、不当な差別的取扱い、名誉又は信用を毀損する行為、権利利益を侵害する行為は許されません。またこれらを要求、依頼、唆すことも許されません。

○自宅での飲み会(宅飲み)、路上飲み、公園飲みなどは、控えてください。
 
○大声を出す場面は、感染リスクが高まるので避けてください。

→詳しくはこのページの最下部の関連情報をご確認ください。


 7月24日(土曜日)~7月30日(金曜日) 計85人
  【うち濃厚接触者37人】(ステージ4相当)
  【無症状10人、軽症74人、中等症1人】
  【うち20歳~39歳34人】
  【うち60歳以上8人】
  【人口10万人あたり25.32人】(ステージ4相当)
  【対前週比3.86倍】

 7月17日(土曜日)~7月23日(金曜日) 計22人
  【うち濃厚接触者10人】
  【無症状3人、軽症18人、中等症1人】
  【うち20歳~39歳8人】
  【うち60歳以上4人】
  【人口10万人あたり6.55人】
  【対前週比1.10倍】


  ※感染の状況のステージ3(感染急増段階)の基準:10万人あたりの新規感染報告数が15〜24人、感染経路不明割合50%以上
  ※管内推計人口335,745人
  ※対前週比が高いほど感染が拡大傾向にあること、一方、対前週比が1を下回る期間が続けば、感染が収束傾向にあることを示します。

 累計
 2020年3月11日(水曜日)~2021年7月30日(金曜日) 計2,341人
 
2020年
 11月 月別累計:143人 7日間の新規感染者数月間最高値:65人
    【うち濃厚接触者88人】
    【無症状23人、軽症118人、中等症2人】
    【うち60歳以上53人】

 12月 月間累計:180人 7日間の新規感染者数月間最高値:65人
    【うち濃厚接触者109人】
    【無症状33人、軽症142人、中等症5人】
    【うち60歳以上66人】
2021年
   1月 月間累計:245人  7日間の新規感染者数月間最高値:82人
    【うち濃厚接触者144人】
    【無症状36人、軽症199人、中等症9人、重症1人】
    【うち60歳以上62人】  

   2月 月間累計:89人   7日間の新規感染者数月間最高値:48人
    【うち濃厚接触者50人】
    【無症状14人、軽症70人、中等症5人】
    【うち60歳以上38人】

   3月 月間累計:64人     7日間の新規感染者数月間最高値:36人
    【うち濃厚接触者26人】
    【無症状8人、軽症47人、中等症9人】
    【うち20歳~39歳22人】
    【うち60歳以上10人】

   4月 月間累計:840人     7日間の新規感染者数月間最高値:271人
    【うち濃厚接触者422人】
    【無症状128人、軽症602人、中等症71人、重症1人、調査中38人】
    【うち20歳~39歳192人】
    【うち60歳以上287人】

   5月 月間累計:401人    7日間の新規感染者数月間最高値:253人(4月25日~5月1日)
    【うち濃厚接触者19人】
    【無症状66人、軽症300人、中等症33人、重症2人】
    【うち20歳~39歳100人】
    【うち60歳以上123人】

     6月 月間累計:46人    7日間の新規感染者数月間最高値:35人(5月27日~6月2日)
    【うち濃厚接触者23人】
    【無症状7人、軽症34人、中等症5人】
    【うち20歳~39歳11人】
    【うち60歳以上14人】

   7月 月間累計:134人    7日間の新規感染者数月間最高値:85人
    【うち濃厚接触者54人】
    【無症状14人、軽症118人、中等症2人】
    【うち20歳~39歳54人】
    【うち60歳以上14人】


※宝塚健康福祉事務所(保健所)は、宝塚市と三田市を所管します。
※県等の記者配布資料やホームページ掲載情報に基づく発表時点における人数です。
※濃厚接触者数には、接触者(保健所が行う積極的疫学調査において濃厚接触者に該当はしなかったが、新型コロナウイルス感染者と接触があったことが判明した人)も含みます。
※他都道府県等の公表分は未算入や、患者の年代・症状等については不明となる場合があります。
※データは、平日(年末年始を除く。)に更新します。

7月28日第45回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードが開催され、次のことが報告されました。
・全国の新規感染者数は、報告日別では、増加が続き、直近の1週間では10万人あたり約28。今週先週比が1.54と急速に拡大している。東京を中心とする首都圏だけでなく、関西圏をはじめ全国の多くの地域で新規感染者数が増加傾向となっており、これまでに経験したことのない感染拡大となっている。また、連休による影響で、今後の報告数が上積みされる可能性も留意する必要がある。
・大阪では、新規感染者数は20-30代中心に増加が続き、約36。今週先週比は1.52と急速な感染拡大が継続。入院者数は増加傾向だが、重症病床使用率は約13%。夜間滞留人口は減少に転じたが、依然高い水準で、感染拡大が続くことが懸念される。 京都、兵庫、奈良でも、新規感染者数の増加が続き、それぞれ、約19、16、14。いずれも、重症病床使用率は2割を切る水準が継続しているが、兵庫、京都では夜間滞留人口の増加が続いており、感染拡大が続くことが懸念される。
・B.1.617.2系統の変異株(デルタ株)は、スクリーニング検査での陽性率(機械的な試算)が、全国的には約33%で上昇が続いており、置き換わりが進んでいる。特に、東京では、4割を超えている。
厚生労働省が公表した「新型コロナウイルス感染症の“いま”についての11の知識」によると、

新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、重症化する人の割合や死亡する人の割合は年齢によって異なり、高齢者は高く、若者は低い傾向にあります。
重症化する割合や死亡する割合は以前と比べて低下しており、2020年6月以降に診断された人の中では、
・重症化する人の割合は 約1.6%(50歳代以下で0.3%、60歳代以上で8.5%)、
・死亡する人の割合は 約1.0%(50歳代以下で0.06%、60歳代以上で5.7%)となっています。

新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち重症化しやすいのは、高齢者と基礎疾患のある方、一部の妊娠後期の方です。
重症化のリスクとなる基礎疾患等には、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、心血管疾患、肥満、喫煙があります。


感染者の早期捕捉を実効的なものとするため、保健所による積極的疫学調査として患者等からの聞き取り情報が極めて重要であり、患者等が調査に協力しやすい環境を整えるためにも、患者やその家族、事業者等の関係者を誹謗中傷することは決してしないでください。

国、県、市での取組や、市民の皆様に協力いただきたい内容については、以下の関連情報に掲載していますので、あわせてご確認願います。

最新の患者発生状況について

最新の患者発生状況については、県内で新規患者発生の都度更新される、次の兵庫県のサイトをご参照ください。
・宝塚市を含む兵庫県下の発生状況の一覧表(PDFとエクセル)もご覧いただけます。

※患者・ご家族等の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。

・新型コロナウイルス感染症(変異株)の確認数についてはこちらをご覧ください。

※なお、英国型の変異株は、国立感染症研究所によると、2次感染率の増加(25%~40%)や重症化リスクの増加の可能性が疫学データから示唆されているとのことです。

 

 

職員の新型コロナウイルス感染について

 職員の新型コロナウイルス感染が確認されましたので、お知らせします。
 市民ならびに関係者の皆様にご心配をおかけし、申し訳ございません。
 詳しい状況や対応につきましては、下記のリンクページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

宝塚市役所
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号
電話:0797-71-1141