教養型防災訓練を実施しよう!

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1043255 更新日  2021年9月1日

印刷大きな文字で印刷

教養型防災訓練を実施しよう!

 コロナ禍で集合しての防災訓練が難しい状況の中、「どのように訓練を実施したらよいですか?」というご質問をよくいただきます。
 何らかの理由で、集合しての訓練が厳しい状況でも、各自で場所を選ばずに行うことができる「教養型防災訓練」についてご紹介します。

「教養型防災訓練」とは?

教養型防災訓練

通常行っている集合訓練の実施が難しい時に、資料や動画を用いて学習を行い、必要な知識を習得していただく防災訓練です。

教養型防災訓練の実施方法

 教養型防災訓練に決まった実施方法はありません。例を挙げると、訓練の動画を見る、訓練の資料を読む、災害を想定した図上訓練を実施する等になります。
 各自の状況に適した訓練を自由に実施することができるというメリットがあります。
 以下に訓練で使用できる参考資料として、訓練動画をアップしているのでご活用ください。

訓練動画を見よう

防災教養動画

三井不動産株式会社:もしもいま、大地震が起きたらその時あなたは・・・

 

※字幕なし

※字幕あり

 三井不動産株式会社のオリジナル動画です。地震が発生した時の心理状況や対処法についてわかりやすく解説されています。
 三井不動産株式会社がテナント様向けに防災教養動画として自主制作されたものですが、教養型防災訓練の趣旨について説明し、ご賛同いただき期間限定で掲載させていただくことになりました。

訓練動画

消火器編
通報編
避難編
屋内消火栓編
三角バケツ編
応急手当編
資器材編
水防工法編

宝塚消防動画まとめ

※上記QRコードをクリックもしくは読み取ることで宝塚消防のYouTubeチャンネルに移動できます。

その他

※QRコードは(株)デンソーウェーブの商標登録です。

このページに関するお問い合わせ

消防本部 東消防署 
〒665-0882 宝塚市山本南2丁目5番1号
電話:0797-88-0119 ファクス:0797-89-1004
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。