高収益作物次期作支援交付金について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1038389 更新日  2020年11月26日

印刷大きな文字で印刷

高収益作物次期作支援交付金の運用見直しおよび追加措置について

農林水産省において「高収益作物次期作支援交付金」の運用見直しに伴う追加措置が発表されました(令和2年10月30日)

10月12日に農林水産省が運用の見直しを行った高収益作物次期作支援交付金について、運用見直し以前に、本交付金を見込んで、機械や資材にすでに投資を行った生産者に対して追加の支援措置が講じられることとなりました。

運用見直しに伴う追加措置について
1.支援の対象

本交付金の10月の運用見直しにより、交付予定額が減額又はゼロとなった生産者であって、かつ、事業開始(4月30日)から10月の運用見直しまで(具体的には10月30日までとする)の間に、次期作に向けて、新たに機械・施設の整備や、資材等の購入又は発注を行った生産者

2.支援内容

(1)機械・施設:機械・施設の取得費(定額※1)

(2)(1)以外の取組:掛かり増し経費※2(定額※1)

※1補助額は、運用見直し前の交付予定額が上限(ただし、運用見直しにより、交付額が減額となった方は、その減額分が上限)

※2新たな資材の購入費のほか、新たに地域でまとまって取り組む資材等の経費、通常使用している資材の使用量の増加分等が対象

3.提出書類・提出期限について

追加措置を申請される方は「追加措置の取組一覧表」と「納品書・領収書等の書類」を農政課までご提出ください。「追加措置の取組一覧表」は添付しております。提出期限は12月11日(金曜日)です。

 

詳しい内容は農林水産省ホームページをご覧ください。

農林水産省において「高収益札持つ次期作支援交付金」にかかる運用の大幅な見直しが行われました(令和2年10月12日)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた生産者を支援するという本事業の趣旨から、大幅な運用見直しが令和2年10月12日付けで急遽発表されました。

今回の見直しにより、実際に新型コロナウイルス感染症により減収したことが要件になりました。そのため、対象から外れてしまう方など大きな影響が生じるものと思われます。

以下、主な見直し内容は次のとおりですが、詳しくは国が発表した運用見直しに係る資料や農林水産省関係ホームページをご覧ください。

・運用の見直しによる変更点

 【見直し前】

  1. 交付対象者:令和2年2月~4月に出荷又は廃棄をした高収益作物を作付する農家
  2. 交付対象面積:高収益作物を作付している取組を行った面積
  3. 交付金額:高収益作物を作付している取組を行った面積×交付単価

 【見直し後】

  1. 交付対象者:令和2年2月~4月に出荷又は廃棄をした高収益作物を作付する農家であって、前年から売上げが減少している農家に限定
  2. 交付対象面積:令和2年2月~4月中に出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかった品目のうち出荷機関を通じた売上げが前年の同期間より減少した品目の作付面積
  3. 交付金額:次のア~ウのうち、最も低い額。

  ア:令和2年2月以降の売り上げが減少した品目ごとの減収額の合計

  イ:令和2年2月以降の売り上げが減少した品目の作付面積×支援単価の合計

  ウ:次期作に取り組む面積×支援単価

詳しい内容は農林水産省ホームページをご覧ください。

高収益作物次期作支援交付金

新型コロナウイルス感染症の発生により売り上げが減少する等の影響を受けた高収益作物について、次期作に前向きに取り組む生産者の皆様を支援する制度です。

高収益作物次期作支援交付金の概要については下記のとおりです。本支援策に取り組みされる方は農政課(77-2036)までご連絡ください。

※10月6日 新品種・新技術導入等に向けた取組に関して更新しました。

※10月21日より第3回公募が開始されました。

対象者

次の要件をすべて満たす方が対象です。

  • 令和2年2月から4月の間に高収益作物について出荷実績がある、または廃棄等により出荷できなかった生産者

  ※高収益作物とは、野菜、果樹、花木(植木)、花き(果樹の苗木を含む)、茶を指します。

  ※上記に加え、第3回公募から新たに品目(たまねぎ等)が追加されました。詳細は添付している「第3回公募の追加品目」をご参照ください。

  • 収入保険、農業共済等のセーフティネットに加入していること、または加入を検討していること(加入は条件ではありません)
  • 前年から売り上げが減少していること

対象農地

上記の対象者が高収益作物を作付する農地は、山林、雑種地など全て交付対象にできます。

交付金の対象となる取組

次期作に前向きに取り組む生産者への支援(需要対応生産支援)

【条件】下記の取組類型(1)~(4)のうち2つ以上に取り組むことで、交付金が給付されます

【交付単価】10アール当たり5万円

【交付対象面積】高収益作物の次期作において下記の取組を実施する農地面積

【取組】

取組類型 取組項目 取組例

(ア)生産・流通コストの削減に資する取組

(1).機械化体系の導入

※購入、レンタル、リースいずれも可

  • 定植機や収穫機等の生産の効率化を図る機械を導入する

(イ)生産性又は品質向上に

要する資材等の導入に資する取組

(3).品目・品種等の導入

(栽培技術の転換等)

  • サツマイモを作付けしていた農地にキャベツ等を作付する
  • 品種はJAで推奨の「春波」のような新しい品種とする

(4).肥料・農薬等の導入

(転換に必要な資材導入等)

  • 農地に新たにマルチ資材や農薬を使用する
  • 使用する農薬をJAで推奨される農薬や、新たな効能を有する農薬を導入する
(ウ)土づくり・排水対策等作柄安定に資する取組

(6).土壌改良・排水対策の実施

(作柄安定に資する対策の実施等)

  • 排水対策として排水溝の掘削や土壌改良資材の散布など
(エ)作業環境の改善に資する取組

(8).労働安全確認事項の実施

(講習会の受講等)

  • 安全講習会に参加する(JAにご協力いただいて開催予定)
  • eラーニングを活用する

※上記は比較的取り組みやすいものだけを抜粋した表になります。上記以外の取組に関しましては、添付ファイルの「高収益作物次期作支援交付金の取組例」をご参考ください。

※推奨品種や農薬、土壌改良資材については農政課(77-2036)へご相談ください。

※eラーニングについては、下記の農研機構 農作業安全情報センターHP内で随時実施が可能です。

需要促進に取り組む生産者への支援(需要促進支援)

【条件】

  • 下記の取組(1)~(3)のうち1つ以上に取り組むことで、交付金が給付されます。交付額は取組数に応じて増額され、2つに取組むと10アールあたり4万円が給付されます
  • 需要対応生産支援と同時に取組むことができます

【交付単価】10アール当たり2万円×取組数

【交付対象面積】高収益作物の次期作において下記の取組を実施する農地面積

【取組】

(1)新たに直販等を行うためのHP等の環境整備

 例:新たな販路の拡大やネット販売を行う

(2)新品種・新技術導入等に向けた取組

新品種・新技術導入等に向けた取組について、添付ファイルの兵庫県知事が定める新品種・新技術のとおり定められました。詳細はPDFファイルをご参照下さい。果樹については兵庫県果樹振興計画で記載されています。

(3)海外の残留農薬基準への対応又は有機農業、GAP等の取組

必要書類
  • 申請書(別紙様式6-1)
  • 取組計画表(別紙様式6-2)
  • 売上げが減少した品目に関する売上額及び作付面積一覧表(独自様式)
  • 申告書【総括表】
  • 令和2年2月から4月(追加品目の5月)の間に対象の高収益作物を出荷したことが確認できる書類(対象期間の領収書、納品書等。廃棄などにより出荷できなかった場合は、前年産の出荷実績が確認できる書類および今年産の廃棄の理由書を添付してください)

※下記の申請書一式に申請書、取組計画表、売上げが減少した品目に関する売上額及び作付面積一覧表、申告書【総括表】は入っています。

※令和2年11月4日(水曜日)時点での様式です。様式は今後変更になる可能性があります。

※実績報告において、実績報告書(別紙様式8-1、8-2)や、購入した資材等の領収書、農地の写真、作業日誌等必要になります。作業日誌に関しましては、テンプレートが添付ファイルにあるのでご参考ください。実績報告における提出書類の提出時期はわかり次第通知いたします。

提出期限

12月11日(金曜日)

※追加措置に伴い提出期限が延期されました。

宝塚市農業再生協議会(農政課)まで提出をお願いいたします。

※第3回公募が、最終公募となります。これ以降の募集は行いませんので、申請の予定がある場合は、この期限内に必ず申請してください。

提出・問い合わせ窓口

宝塚市農業再生協議会(農政課) 電話:0797-77-2036

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 産業振興室 農政課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2036(農政課) 0797-77-2110(農業委員会)
ファクス:0797-77-2133
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。