高収益作物次期作支援交付金について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1038389 更新日  2021年7月16日

印刷大きな文字で印刷

高収益作物次期作支援交付金の第4次公募の開始について

 外食需要の減少により市場価格が低落するなどの影響を受けた高収益作物について、次期作に前向きに取り組む生産者を支援し、国内外の新たな需要促進につなげます。

 令和3年1月から3月の緊急事態宣言の再発令に伴う農産物への影響について、緊急事態宣言による不要不急の外出の自粛や飲食店の時短営業、イベントの自粛などにより、外食向けの食材であるつまもの類や、贈答用のメロン、切り花などにおいては、売上額の減少が2割を超えるなどの影響がありました。
こうした状況を踏まえ、これらの品目を対象に、高収益作物次期作支援交付金の第4次公募を実施いたします。

 詳しくは、国作成チラシまたは国ホームページ「高収益作物次期作支援交付金(第4次公募)について」をご覧ください。

対象品目となる高収益作物

 令和3年1月から3月に、豊作などの影響によらず、緊急事態宣言の再発令により市場取扱金額が平年の2割以上減少した月のある以下の高収益作物

全国で支援対象品目となる高収益作物

 メロン、つまもの類(わさび、穂じそなど)、香酸カンキツ(すだち、かぼす、ゆずなど)、切り花

今回の公募での主な変更点

  1. 支援対象期間は、緊急事態宣言が発令された令和3年1月から3月
  2. 支援の対象となる面積は、支援対象品目のうち令和3年1月から3月に出荷実績がある又は廃棄などにより出荷できなかったほ場の合計面積が上限
  3. 交付額は、支援対象品行に係る令和3年1月から3月の農業者の減収額の8割が上限
  4. 収入保険の加入者は収入保険の保険金などのを算定する際に本交付金の交付額を収入として計上
  5. 収入保険の未加入者は、加入に向けて共済組合と保険設計の相談などを行うことが要件

支援対象となる農業者

令和3年1月から3月の支援対象品目の売上が、基準年(前々年もしくは平年)の同時期より減少した農業者

【留意点】
 第4次公募の支援対象は、令和3年1月から3月の緊急事態宣言による影響を受けた農業者が行う次期作の取組です。従って、第3次までの公募で既に交付金を受け取った農業者も第4次公募による支援を受けることができます。

支援内容

次期作の支援単価

  1. 基本単価 5万円/10アール(中山間地域は5.5万円/10アール)
  2. 高集約型品目単価 80万円/10アール 又は 25万円/10アール
  • 単位面積当たりの経営費が著しく高い施設栽培の品目(花きなど)に限ります
  • また、この場合の施設は加温装置(空調装置)又はかん水装置がある施設に限ります(いわゆる雨よけハウスは除く)
需要対応生産取組の一覧表
取組類型 取組項目

ア.生産・流通コストの削減に資する取組

(1)

機械化体系の導入

※購入、レンタル、リースいずれも可

(2)

集出荷経費の削減に資する資材の導入

(大型コンテナ、通い容器等の導入)

イ.生産性又は品質向上に要する資材等の導入に資する取組

(3)

品目・品種等の導入

(栽培技術の転換等)

(4)

肥料・農薬等の導入

(転換に必要な資材導入等)

(5)

かん水設備などの導入

(品質向上に必要な機器などの導入)

ウ.土づくり・排水対策等作柄安定に資する取組 (6)

土壌改良・排水対策の実施

(作柄安定に資する対策の実施等)

(7)

被害防止技術の導入

(作柄安定に資する資材など)

エ.作業環境の改善に資する取組 (8)

1.労働安全確認事項の実施

(講習会の受講等)

2.農業機械への安全装置の追加導入、

 ほ場環境改善・軽労化対策の導入

オ.事業継続計画の策定の取組 3.事業継続計画の策定など

※80万円/10アールの支援に取り組む場合、取組項目イ(3)品目・品種などの導入を必ず選択してください。
※取組項目(8)の1から3のうち、前年度、既に実施している項目については、取組項目として選択することはできません。

交付対象面積及び交付額の算定

農業者ごとの交付上限額

支援対象品目における、令和3年1月から3月の売上減少額(※1)の合計8割
(※1)基準年(前々年もしくは平年)の同時期と比較

交付対象面積

農地台帳及び共済細目書などの公的資料に記載されたほ場面積を基に確認した面積であって、
1.の面積を上限として2.の面積を対象

  1. 支援対象品目の作付面積のうち、令和3年1月から3月の出荷実績がある又は廃棄などにより出荷できなかったほ場の面積
  2. 次期作における高収益作物の作付面積のうち、定められた取組項目の中から2つの取組を選んで同一ほ場において実施する面積
取組実施者(農業者)への交付額
A、Bのうち小さい額 A 農業者ごとの交付上限額

B 交付対象面積×支援単価
 (※2)支援単価:5万円/10アール、5.5万円/10アール
         80万円/10アール、25万円/10アール

申請手続きについて

必要書類

下記ファイルをダウンロード、提出してください。

[収入保険加入者]

  • 様式6
  • 令和3年1月~3月の出荷伝票など出荷したことがわかる書類

[収入保険未加入者]

  • 様式6
  • 令和3年1月~3月の出荷伝票など出荷したことがわかる書類
  • 保険の加入検討に関する確認書(実績報告時に提出)

提出期限

令和3年8月2日(月曜日)

※本市内で受益農家が3戸以上であることが要件となりますので、申請が3戸に満たない場合は採択されません。

 

提出先

宝塚市農業再生協議会(農政課) 電話:0797-77-2036

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 産業振興室 農政課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2036(農政課) 0797-77-2110(農業委員会)
ファクス:0797-77-2133
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。