ロゴマーク決定

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1031474 更新日  2019年12月27日

印刷大きな文字で印刷

文化芸術センター ロゴマーク決定

文化芸術センターのロゴマークが決定しました。
デザインは、市内在住で日本を代表するグラフィックデザイナー、松井桂三氏によるものです。

ロゴマークは、宝塚市の恵まれた自然環境と、そこに集い 笑顔の絶えない人々の顔を表現しています。
頭部(グリーンの部分)は、施設を側面から見た形状イメージと緑豊かな宝塚の山々を表現。
また、目や口に見立てたすみれの花や木の葉は自然あふれる庭園をイメージ。
擬人化したすみれの花は、楽しく踊り、躍動しながら夢や文化を発信する施設の未来を思い、描かれています。

文化芸術センター ロゴ発表

松井桂三氏

 

松井桂三(まつい けいぞう)氏

広島県出身。アートディレクター、グラフィックデザイナー。
大阪芸術大学短期大学部デザイン美術学科教授兼学科長。松井桂三有限会社主宰。
政府広報のシンボルマークの制作や、アップル社をはじめ、さまざまな企業・ブランドのアートディレクションを手がける。
受賞歴多数、国際的なデザイン展の審査員を歴任。宝塚市在住。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 宝のまち創造室 文化政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号
電話:0797-77-2009 ファクス:0797-77-2171
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。