観光大使サファイアのお宝さんぽ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1011206 更新日  2021年4月30日

印刷大きな文字で印刷

観光大使サファイアのお宝さんぽ

市民の皆さんに市の魅力を再発見していただくため、私たち観光大使サファイアが「まちの宝」をシリーズでご紹介します。

vol.19 宝塚のブランド牛「宝塚牛」の魅力を探ってみよう♪

今回は、宝塚市のブランド牛「宝塚牛」がどこで育てられ、どこで食べることができるのかを取材しました♪

 

どこで育てられているの?

 

宝塚牛を見に行きました!

宝塚市の上佐曽利地区にある牧場では、約70頭のメスの黒毛和牛が飼育されています。
1か月あたりの出荷数はわずか3頭で大変希少です。

牧場を経営されている(株)COWCOW工房の梅脇成公(うめわき しげよし)さんによると、メス牛はオス牛に比べ柔らかい肉質で深い味わいが特徴とのこと。

飼育する上では、牛にストレスを与えないよう常に快適な環境づくりを大切にされており、窮屈ではないか、牛同士の仲は悪くないかなど、さまざまなことに気を配り育てています。

宝塚牛
ふるさと納税返礼品としても大人気です!

どこで食べられるの?

JR中山寺駅から徒歩約4分の場所にある「宝塚焼肉MURAKAMI」は、宝塚牛を堪能できる唯一のお店です。

オーナーの池畑浩太朗(いけはた こうたろう)さんのおすすめは、9種の盛り合わせと焼きすき、厚生労働省認定工場で加工されたユッケです。
特に盛り合わせはリブロースやバラ、ヒレ、カルビなどさまざまな部位を楽しむことができます。
どのお肉もとても柔らかく、口に入れた瞬間溶けてしまうような感覚でした。

ラグジュアリーな店内は記念日やおもてなしにも最適です。ぜひ宝塚焼肉MURAKAMIで宝塚牛を味わってください♪

宝塚焼肉MURAKAMIさんへ行ってきました!
阪上 雅日(左)、御手洗奈々(右)

宝塚焼肉MURAKAMIお食事券5,000円分を抽選で3名様にプレゼント!

はがきに〒住所・氏名、年齢、電話番号、お宝さんぽへの意見・感想を書いて、〒665-8665(住所不要)「市役所観光企画課」へ郵送(応募は1人1回まで)。
5月21日(金曜日)必着。当選の発表は商品の発送をもって代えさせていただきます。

 

一頭買いの宝塚焼肉MURAKAMI(中筋6丁目13-20)☎89・8829、木曜定休

vol.18 手塚治虫氏ゆかりの地を訪ねてみよう♪

今回から、第9期に代わり第10期が担当します!どうぞよろしくお願いします。初めての「お宝さんぽ」はサファイアの生みの親である手塚治虫氏ゆかりの地を訪ねご挨拶してきました。手塚氏のゆかりの地といえば、『リボンの騎士』が描かれるきっかけとなった宝塚大劇場や、手塚氏が結婚式を挙げた宝塚ホテルなどが有名ですが、その中でも知る人ぞ知るスポットである千吉稲荷神社をご紹介します♪

千吉稲荷神社

千吉稲荷神社

阪急・JR宝塚駅から徒歩約10分の場所にある千吉稲荷神社。田んぼの向こうには森が広がっており、緑の中でひときわ映える赤い鳥居が神秘的な雰囲気を漂わせています。ここは少年時代の手塚氏が”猫神社”と呼び、よく昆虫採集をしていた場所で、入り口には「手塚治虫 昆虫採集の森」という記念碑が建てられています。手塚氏は昆虫のオサムシをヒントに、ペンネームを”治虫”とするほど昆虫が大好きだったそうです。お散歩日和の日にぜひ訪ねてみてくださいね♪(周辺は住宅地ですので、マナーを守って散策しましょう)

千吉稲荷神社

手塚治虫記念館にて、「手塚治虫と演劇『七色いんこ』展」を開催しています

6月28日(月曜日)まで、演劇をメインに取り上げた作品「七色いんこ」を主軸に展示します。手塚氏の新たな一面もご紹介しますので、ぜひお越しください。

七色いんこ展開催中です!

ありがとう第9期 そして、第10期サファイアが始動!

第9期サファイアは、3月で任期が満了します。
コロナ禍でイベント中止が相次ぐ中でも、広報誌やSNSを通じて宝塚の魅力発信をしてまいりました。
活動を通じて出会った皆さま、そして、ご支援いただきました皆さま、ありがとうございました。

この春からは、新たに第10期サファイアが活動します。多くの人に笑顔をお届けできるよう、情報発信に取り組んでまいりますので、引き続きご支援をよろしくお願い致します。

vol.17  エーアイファームでいちご狩りを体験してみよう♪

エーアイファーム
西谷にあるエーアイファームさんでいちご狩りをしました♪

西谷地区にあるエーアイファームでは、いちご狩りをはじめ、さつまいも掘りや枝豆収穫などを体験することができます。
代表の石井さんは、平成25(2013)年からいちごの栽培を始め、今では3棟のハウスで栽培をされています。

 

エーアイファームの石井さんと
エーアイファームの石井さんにいちご栽培について教えて頂きました!

私たちもいちご狩りを体験して、女性や子どもに人気の「あきひめ」という品種をいただきました。
お味は…とても甘くてジューシー♪

3月まで、春のいちごよりさらに甘い冬いちごが食べられる「プレミアムいちご狩り」を開催中!
いちご狩り以外に、店頭販売もありますよ。ぜひ訪れてみてくださいね!

エーアイファームのいちごです。

エーアイファーム(大原野字上ケ峯13、☎090-2192-5148)※完全予約制

vol.16 文化芸術センターでアートに触れてきました♪

加藤義夫館長と宝塚日本画協会会長の松尾喜久子さんとお写真を撮らせていただきました♪

 宝塚市立文化芸術センターは、文化芸術に親しむセンターエリアと、自然に触れることができる庭園エリアからなる複合施設です。
 センター1階には、キューブホール、サブギャラリー、ライブラリー、アトリエなどがあり、それぞれの楽しみ方で芸術に触れることができます。中でもライブラリーには、幅広い年代の人が楽しめる書籍が置いてあります。宝塚市とゆかりの深い手塚治虫氏や園芸、アートに関連する書籍などが充実していて、その場にいるだけで「宝塚」を感じられる空間が広がっていますよ♪

 2階のメインギャラリーでは宝塚日本画協会展(市民企画)が開催され、たくさんの大型作品が無料で展示されていました(企画展は終了しました)。普段芸術に触れていない人でも気軽に訪れることができる展示でした。

 加藤義夫館長は、大人だけでなく子どもにも芸術に触れてほしいとの思いで展示を企画されているそうです。また企画展が行われた際には、ぜひ家族で訪れてみてください。

宝塚植物園内にあった欄干が今でも残っています♪

 庭園エリアには、手塚漫画のキャラクターがいたるところに隠れています(全部で10か所!)。どこに隠れているかは、見つけてみてのお楽しみ♪庭園内には、センターが建てられる前の時代から受け継がれているものが複数あります。中でも、昭和2(1927)年開園の宝塚植物園内の広大な池の周囲にあった欄干は、90年以上経った今でも現存し、センターの風景と調和していました。

隠れブラックジャックです。

ぜひ宝塚市立文化芸術センターへお越しください♪

 宝塚らしく気軽に文化・芸術が楽しめる宝塚市立文化芸術センター。これからどんな施設になっていくのかぜひご期待ください!!

vol.15 市内のご利益ある神社仏閣特集♪

今回は、初詣におススメなご利益いっぱいの神社やお寺を観光大使サファイアがご紹介します♪

伊和志津神社の宮司さんと撮らせていただきました♪

伊和志津神社

阪急逆瀬川駅より徒歩5分の場所にある伊和志津神社。宝塚随一の格式高い神社で、本殿は市指定の文化財、およそ3,000坪の境内は市指定の保存樹林です。厄病災難除、学問成就、縁結びのご利益があるそうですよ!

そして、こちらの神社ではカラフルな表紙がとてもかわいい御朱印帳が授与(初穂料2,000円)されており、御朱印巡りがさらに楽しくなりそうです♪御朱印は通年のもの以外に誕生日朱印や季節限定のものなどもあります。是非訪れてみてください!

 

宝塚神社境内を案内していただきました。

【宝塚神社】

阪急逆瀬川駅と小林駅の中間点にある宝塚神社は、坂道の参道を登った高台にあり、境内からは市内を一望できることから、初日の出の名所としても知られています。宝塚神社は、金運・商売繁盛・安産・厄除・縁結びのご利益があるそうです♪

そして、こちらの神社の御朱印にはえびすさんの絵が描かれています。1つ1つ宮司さんが手書きで書いてくださいますよ♪

宝塚神社から見える景色です。

満福寺の茅の輪です♪

満福寺

市の北部、西谷エリアの玉瀬にある満福寺は、阪急バスの前田橋バス停から徒歩約2分の場所にあります。本堂の前には手作りの「茅の輪(ちのわ)」があり、茅(かや・イネ科の多年生植物)でできた輪っかをくぐり祈願することで、疫病退散・無病息災のご利益があるとされています。私たちサファイアも実際に茅の輪くぐりを体験し、早く新型コロナウイルスが収束するようにお祈りしました。

2021年が、皆様にとって素晴らしい1年となりますように♪

今回は、以上の3つをご紹介いたしましたが、市内には古い歴史を持つ神社仏閣が数多く存在します。まだ行ったことのない場所を巡ることで、新たな発見に繋がるかもしれませんね♪

2021年は新型コロナウイルスが少しでも落ち着き、1日も早く元通りの平和な日常と笑顔が戻るように、私たちサファイアも願っています。

2021年が、皆様にとって素晴らしい1年となりますように♪

vol.14 田園風景で楽しむナチュラルワークショップ

手作りのせっけんと化粧水です!

宝塚北サービスエリアから車で約5分の場所にあるカフェ「iori日和」で西谷の田園風景を楽しみながら、無添加のせっけん作りやコスメ作りを体験しました!

店主の桜井 都(さくらい みやこ)さんは、もともと趣味でせっけん作りをされていて、その腕前に感動した周りの人の後押しもあり、お店を構え真剣にワークショップを始められたそうです。そんな桜井さんに、楽しくせっけん作りや化粧水作りを教えていただきました。

せっけん作りを教えていただいています!

せっけん作り

多種多様の良質なオイルなどを混ぜ合わせてせっけんを作ります。それぞれの分量は、桜井さんの長年の経験から生み出されたそうです!詳しいレシピは、体験してみてからのお楽しみに♪

作ったせっけんは、大切な人へのプレゼントとしてもぴったりですね。

化粧水作りの最中です!

化粧水作り

美肌やアンチエイジングに高い効果を示すと言われている「紫根」を配合した化粧水を作りました。自分の肌で試しながら、香料や、保湿成分であるグリセリンの量を調整できるので、自分好みの化粧水を作ることができますよ♪

 

皆さんも是非iori日和にお越しください♪

皆さんもぜひiori日和でごゆっくりお過ごしください♪

カフェが併設されていて、ワークショップの後はティータイムを楽しむことができます!

余分な添加物を含まない体に優しいメニューばかりです!皆さんもぜひ、自然を感じられるiori日和でゆったりとお過ごしください♪

≪iori日和≫※ワークショップは要予約

☎ 91・1676   ファクス 91・1677  所在地:大原野北穴虫3-12

営業時間:火・水・木・金曜日 11時~16時(変動あり)

vol.13 宝塚ホテル特集☆

宝塚ホテルは、大正15(1926)年の開業以来90余年を過ごした地から、宝塚大劇場の西隣に移転し、今年6月21日にオープンしました。

取材当日は、元宝塚歌劇団娘役・月組組長でホテルの支配人である憧花ゆりのさんにご案内していただきました♪

憧花ゆりのさんにご案内していただきました!

ロビー

 ロビーには、旧宝塚ホテルで飾られていた緞帳やシャンデリアなどが受け継がれています。シャンデリアは、1つずつ分解してクリーニングをし、割れないよう細心の注意を払いながら新しい宝塚ホテルへ運搬されました。旧ホテルから使用されていたとは思えない輝きなので、宝塚ホテルを訪れた際には、ぜひご覧ください!

 そして、ロビーから赤いじゅうたんが敷かれた階段を上ると、宝塚歌劇に関する展示コーナーがあります。そこには、「新ホテルの船出」という意味も込めて、2017年雪組公演レヴュー・スぺクタキュラー『SUPER VOYAGER!~希望の海へ~』の衣装が展示されています。また、普段からなかなか間近で見ることのできない宝塚歌劇の小道具や台本なども展示されているので、とてもワクワクしますよ(時期により入れ替わります)。

限定2室しかないレビュールームです♪

客室《レビュールーム》

 限定2室の「レビュールーム」は、女優ミラーやトップスターの紹介パネル、台本などの小道具が展示されており、客室の中でも宝塚歌劇を観劇しているかのような気分を味わえます。また、窓からは宝塚大劇場が一望でき、まさに「夢のつづき」に浸れる特別なお部屋です。ぜひ一度は泊まってみたいですね。宝塚ホテルホームページにてご予約いただけますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

写真のイメージは異なる場合がございます。

ラウンジ《ルネサンス》

 ラウンジ「ルネサンス」では、ケーキなどのスイーツや豊富なドリンクメニューが用意されています。中でも季節によって変わる期間限定の「アフタヌーンティーセット」は、女性に大変人気の商品です。思わず写真を撮りたくなるほど見た目がかわいく華やかなので、優雅な気分を味わいながらティータイムを楽しめそうです。(写真のイメージは異なる場合がございます。)

旧ホテルの伝統が引き継がれながらも新しい魅力を発見できる新「宝塚ホテル」。皆さんも優美なひとときをお過ごしください。

新「宝塚ホテル」

【特別企画】宝塚ホテル宿泊券を抽選で3組にプレゼント!

宝塚ホテル宿泊券 (2名1室ツイン、1泊朝食付き)                          

《利用期間》2020年10月~2021年3月(年末年始などを除く)※レビュールームではありません。

《応募方法》はがきに〒住所・氏名、年齢、電話番号、お宝さんぽへの意見・感想を書いて、〒665-8665(住所不要)「市役所観光企画課」へ郵送(応募は1人1回まで)。9月25日(金曜日)必着。

当選の発表は商品の発送をもって代えさせていただきます。

※この企画は終了しました。

vol.12 活動の思い出

皆さん、こんにちは!

現在、第9期宝塚市観光大使リボンの騎士サファイアとして、神澤こころと柴田実桜が活動しております。

第12回目は、第9期の2人の、昨年6月のデビューの日からおよそ10か月間の活動を振り返り、その中から特に印象深かった思い出を写真と一緒にご紹介します♪

初出務でのチラシ配り

神澤こころの思い出

私がご紹介するのは、昨年6月の初出務でのことです。観光大使として初めてのお仕事で内心とても緊張していましたが、多くの来場者の皆さんから暖かい声を掛けていただき、自分らしく自信をもって頑張っていこうと思えたことを、まるで昨日のことのように覚えています。

コスプレパレードで先頭を歩きました!

柴田実桜の思い出

昨秋に開催された『宝塚アニメフェスタ2019×ハロウィン』のコスプレパレードで、マーチングバンドの迫力満点な生演奏に合わせ、約400人もの参加者の皆さんと花のみちを歩きました。皆でまちを盛り上げたパレードは、私にとってとても大切な思い出です。

vol.11 ソリオ宝塚

第11回目は、「ソリオ宝塚」をご紹介します。
阪急宝塚駅直結の複合施設「ソリオ宝塚」は、食事や買い物が楽しめるショップが入るなど、さまざまな目的で利用することができます。その中でも今回ご紹介するのは、観劇のお供やお土産にぴったりのスイーツです。テイクアウトして花のみちや河川敷をお散歩するのもいいですね♪

ソリオ メインプラザからの写真
ソリオGFにあるメインプラザからの写真です!

乙女餅

 乙女餅(きねや)

 宝塚歌劇の大スター・天津乙女さんにあやかった名前がタカラヅカ気分を盛り上げます。添加物を一切使用せず、素朴な風味にこだわった和菓子で、上品な甘さと口どけの良さが幅広い世代に人気です。 電話番号(0797-87-2453)

宝もなか

宝もなか(永楽庵)

 1つひとつ店頭で手作りされているふた口サイズのもなか。タカラジェンヌはもちろん、阪急電鉄や宝塚歌劇の創業者・小林一三さんもお気に入りだったそうです! 電話番号(0797-86-3863)

プリン(たからづか牛乳)

プリン(たからづか牛乳)

 牛乳のおいしさが凝縮されたプリン。濃厚でなめらかな味わいは、何度でも食べたくなってしまうはず!ヨーグルトやソフトクリームもおすすめです♪ 電話番号(0797-84-0590)

ベビーカステラ

ベビーカステラ(Shan Shan)

 元タカラジェンヌの葦笛るかさんが手がけるカフェ。ハート型のかわいらしいベビーカステラは、フランス産のエシレバターが贅沢に使われていて、甘さ控えめなおいしさが口いっぱいに広がります。 電話番号(0797-87-1177)

読者プレゼントをおこないます!

(1) 抽選で5人にソリオ宝塚お買い物券(1,000円相当)をプレゼント

(2) 抽選で30人に宝塚銘菓[きねや、永楽庵、たからづか牛乳、Shan Shanご提供]のなかからひとつをプレゼント(銘菓の指定はできません。)

応募方法

 はがきに希望の賞品番号((1)または(2))、〒住所、氏名、年齢、電話番号、お宝さんぽへの意見や感想を書いて、〒665-8665(住所不要)「市役所観光企画課」へ郵送(応募は1人1回まで)。5月13日(月曜日)必着。※当選の発表は商品の発送をもって代えさせていただきます。

観光大使サファイアの選考会を開催します!

観光大使サファイア 選考会画像
私たち第8期の選考会の様子です!

 次期サファイアを決める公開選考会を、ソリオ宝塚メインプラザで開催します!当日は候補者の皆さんが、ステージ上でさまざまな課題や質疑応答に臨みます。審査終了後には、その場で新たな観光大使となる2人が発表されますので、ぜひ記念すべき瞬間にお立ち会いください。

日 時

  5月26日(日曜日) 14時~(選考会)、16時30分~(任命式)

場 所

  ソリオ宝塚 G階 メインプラザ

vol.10 植木産業

第10回目は、宝塚市が誇る植木産業をご紹介します。
宝塚市は福岡県久留米市、埼玉県川口市と並ぶ日本三大植木産地の1つに数えられ、中でも山本地区は、日本園芸発祥の地といわれ、約1,000年の歴史を誇ります。

画期的な「接ぎ木」技術を発明した坂上頼泰公(木接太夫)

戦国時代の武将・坂上頼泰公は隠居後、故郷の山本で花や木とふれあう中で「接ぎ木」の技術を発明しました。接ぎ木は、ある植物に違う植物をつないで一つにする画期的な方法で、植物の品種改良に役立ったため、豊臣秀吉がこの功績を称えて「木接太夫」という称号を与えました。その業績を後世に伝えるため、木接太夫彰徳碑が阪急山本駅近くに設置され、宝塚市特別名誉市民の称号も贈呈されています。

木接太夫彰徳碑
坂上頼泰公は宝塚市特別名誉市民でもあります!

花と緑の情報ステーション・あいあいパーク

英国風の外観が魅力的なあいあいパークは国内最大級の園芸振興施設で、園内には3千種以上の花々や植木、おしゃれなガーデニンググッズなどのショップがそろっています。ほかにもさまざまなカルチャー教室が常時開催され、フラワーアレンジメントや料理教室などが体験でき、一度足を運ぶと何度でも来たくなるスポットです!

この他にも、山本地区には多くの園芸店があります。その内の1つ、陽春園植物場では豊富なガーデニンググッズの販売に加え、「苔テラリウム」や珍しい多肉植物や土のいらない植物(エアプランツ)をそろえたショップがリニューアルオープン!場内のカフェ「パルコジョキ」では、水槽やLED照明を利用した室内園芸(パルダリウム)などに囲まれ、癒しのひとときを過ごすことができます。

あいあいパーク
四季折々の花々が展示され、気分が華やぎます♪(あいあいパーク
カフェ「パルコジョキ」店内
カフェ「パルコジョキ」内のLED照明はSNSで話題の苔作家さんの作品だそうです

特別企画 あいあいパークから抽選で5人にプレゼント

天然有機肥料バイオゴールド クラシック元肥200g+シリーズ品サンプルセット引換券

肥料

応募方法

はがきに〒住所、氏名、年齢、電話番号、お宝さんぽへの意見・感想を書いて、〒665-8665(住所不要)「市役所観光企画課」へ郵送(応募は1人1回まで)。3月25日(月曜日)必着。当選の発表は当選通知の発送をもって代えさせていただきます。

読者特典(陽春園植物場)

特製ワッフルセット(ハーフサイズセット)500円!

ワッフルセット

利用方法

広報たからづか2月号お宝さんぽ掲載ページを持参でカフェ「パルコジョキ」の特製ワッフルセット(通常1,000円)のハーフサイズセットを500円でご提供!

※3月31日まで有効、1提示につき何名様でも利用可

vol.9 宝塚学検定

宝塚学検定は、市の魅力を知ってもらうために宝塚市文化財団が平成22(2010)年から毎年実施していて、3月21日(祝)に第10回目を迎えます。これまで延べ約1,900人が受検し、市内や県内のほか、なんと北海道や東京都からの受検者もいたそうです。

検定には「初級」から「中級」、「上級」、「博士」までの4階級があり、初めての受検者は「初級」からスタートします。宝塚の自然・歴史・文化などに関する幅広い知識が求められ、100問の設問に4択方式で解答し、初級には70問以上正解すれば合格します。
私たちサファイアも第10回目の検定に挑戦します!今回は、「博士」に5回合格し、「教授」に認定された田中敏和さんと浦上雅博さんに勉強方法などを聞きました。

教授のお二人からアドバイス
問題は公式テキストからの出題が中心ですので、しっかり読み込みましょう。まず過去問題集(ソリオホール等で販売)を解いてみて、問題の傾向をつかんでからテキストを読むと頭に入りやすいと思います。また、市の文化財や史跡などに実際に足を運ぶとイメージが残ります。今年度の開催は終了しましたが、宝塚学検定セミナーで実施しているまち歩きがおすすめです。宝塚学検定は、受検するたびに新しい発見があるのが魅力です。ぜひ、若い人も家族や友人と受検してみてほしいです。

とても参考になるお話を聞いて、ますますやる気が湧いてきました。第10回検定の申し込みは2月28日(木曜日)までです。これまで「お宝さんぽ」で紹介した魅力スポットのことも出題されています!ぜひ皆さんも一緒に挑戦しませんか?(※受検資格は小学生以上)

宝塚学検定に関するお問い合わせ

(公財)宝塚市文化財団
(〒665-0845 宝塚市栄町2丁目1-1 ソリオ1の3F)
電話 0797-85-8844  ファクス 0797-85-8873

宝塚学検定公式テキスト
宝塚学検定公式テキストは、ソリオホールなどで販売されています(定価:税抜1,300円)
教授インタビュー
とても博識なお二人。「宝塚学博士の会」としてまち歩きのガイドもしているそうです。

宝塚市文化財団からのプレゼント

  1. 宝塚学検定公式テキスト「宝塚まちかど学(新版)」5人
  2. すみれ♪ミュージアムご招待券(オリジナル薔薇ハンカチ付き)ペア5組10人

を抽選でプレゼントします。

  • 応募方法
    はがきに〒住所、氏名、年齢、電話番号、お宝さんぽへの感想や意見を書いて、〒665-8665(住所不要)「市役所観光企画課」へ郵送。2月14日(木曜日)必着(応募は1人1回まで)。当選の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

本募集の受付は終了いたしました。当選の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。お電話等による当落のご確認につきましては、お答えしかねますので、何卒ご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

vol.8 清荒神清澄寺

「荒神さん」の呼び名でも親しまれる清荒神清澄寺は、1100年以上前に宇多天皇から「第一清荒神」の称号を与えられた歴史あるお寺です。御本尊である大日如来とともに、火の神・かまど(台所)の神である三宝荒神が祀られています。
年末からお正月にはたいへん多くの参詣者でにぎわい、なんと三が日だけで約40万人もの人が参詣されるそうです。毎年1月27日・28日に執り行われる「初三宝荒神大祭」は「初荒神」と呼ばれ、特に28日は雅楽の演奏などで境内が新春の華やかな雰囲気に包まれます。
また、阪急「清荒神」駅からお寺へ続く参道は、龍が天に昇る姿を模して造られたといわれています。その両側には100軒以上のお店が並び、荒神さんの門前町として独特の風景を見せています。ご参詣の際には、ぜひ参道をゆっくり歩いてお参りください。

※年末年始の清荒神清澄寺参拝に伴う交通規制については、下の「年末年始の清荒神参拝に伴う交通規制について」をクリックしてご覧ください。

清荒神清澄寺天堂
石畳の坂道を進んだ先にある天堂には三宝荒神などが祀られています
お正月の境内
お正月には境内を埋め尽くすほどの人が初詣に訪れます
白蛇を首にまくサファイア
参道のお店で白蛇と記念撮影

新春特別プレゼント企画

招福箸1膳(清荒神清澄寺提供)&清荒神まんじゅう8個入り(株式会社いづみや本舗提供)セットを抽選で20人にプレゼント!

  • 応募方法
    はがきに〒住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、〒665-8665(住所不要)「市役所観光企画課」へ郵送。1月28日(月曜日)必着。応募は1人1回、当選の発表は2月中に賞品の発送をもって代えさせていただきます。

本募集の受付は終了いたしました。定員を超える多数のご応募をいただき、まことにありがとうございます。当選の発表は、2月中に賞品の発送をもって代えさせていただきます。お電話等による当落のご確認につきましては、お答えしかねますので、何卒ご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

清荒神まんじゅう
沖縄波照間産の黒糖を使用した清荒神まんじゅうは、境内の清荒神売店で販売

vol.7 宝塚温泉

第7回目は、肌寒くなるこの時期にぴったり!美容と健康にも良い「宝塚温泉」をご紹介します。
宝塚温泉の起源は鎌倉時代といわれ、温泉場として開業したのは明治20(1887)年とされています。宝塚温泉では、泉質の異なる金宝泉と銀宝泉の2つの湯が楽しめます。また、強炭酸ドリンクの代表格「ウィルキンソン タンサン」(現在、アサヒ飲料(株)商標登録)の発祥の地で、炭酸泉は宝塚温泉の源泉の傍らから発見されたそうです。

ホテル若水

ホテル若水のバラ風呂
バラ風呂は女性のみ、月・土曜の16時から24時限定で利用可能

宝塚温泉の歴史を物語る老舗頬テル。武庫川を望む露天風呂「宝甲の御湯」は日帰りでも利用できます。特に、約400輪のバラ風呂は女性に大人気!旬の会席が魅力的な「山茶花」のお食事とセットで贅沢な時間を過ごしてみては!?

ホテル若水
宝塚市湯本町9-25
電話 0797-86-0151

館内の扁額
ホテル若水館内にある扁額

ナチュールスパ宝塚

大浴場
金宝泉は鉄分豊富で、疲労回復などの効能があります

鉄分豊富な茶褐色の「金宝泉」に入浴できるのは市内でここだけ。大浴場のほか、水着着用のジャグジーや岩盤浴、女性専用スパプールもご利用いただけます。駐車場入口左手の「市民給湯場」では、200円で20lの温泉水が購入でき、ご自宅でも宝塚温泉が楽しめますよ!

ナチュールスパ宝塚
宝塚市湯本町9-33
電話 0797-84-7993

宝塚ワシントンホテル

島家の会席
「現代の名工」を受賞した料理長が腕をふるう本格和食

阪急宝塚駅の目の前にあるアクセス抜群のホテル。宿泊時は大浴場で宝塚温泉が楽しめます。また、日本料理の老舗「島家」では、「現代の名工」に選ばれた名料理長が腕をふるう本格和食が堪能できますよ!

宝塚ワシントンホテル
宝塚市栄町2-2-2
電話 0797-87-1771

vol.6 「モノ・コト・バ宝塚」選定資源のおいしいスイーツ

第6回目は、宝塚ブランド「モノ・コト・バ宝塚」の選定資源から、おいしいスイーツを紹介します。自分へのご褒美や、大切な人へのプレゼントにいかがでしょうか?

宝塚ハニーマドレーヌ(宝塚プリエ)

たからづかはにーまどれーぬ
宝塚ハニーマドレーヌ

宝塚はちみつを使ったマドレーヌ。食べた瞬間、自然の甘さが口いっぱいに広がります。しっとりとした生地の中には、角切りりんごが入っていて、食べ応えも十分!通年楽しめる食材を使用しているので、いつでも変わらない美味しさを堪能できます♪

宝塚プリエ(小林2丁目9-6)
☎0797-72-4008(木曜定休、10時~20時)

宝塚ハニーマドレーヌとサファイア
すっきりとした甘みとコクがくせになります!

宝塚ポテト(宝塚マリー・アンジュ)

たからづかぽてと
宝塚ポテト

さつまいもをベースに、白餡やバターなどを加えて仕上げた、ほっくりしっとりした風味のお菓子です。白を基調としたイートインスペースは、スイーツの魅力を引き立ててくれます。素敵なティータイムが過ごせること間違いなしです!

宝塚マリー・アンジュ(中山寺1丁目7-5 西武ビル1F)
☎0797-86-0777(火曜定休、10時~20時)

宝塚ポテトとサファイア
珈琲や紅茶だけでなく、緑茶にも合います!

宝塚ふぁんたじぃ(長生堂)

たからづかふぁんたじぃ
宝塚ふぁんたじぃ

「花ふぶき」「恋月夜」「雪まろげ」「流星」「宙(おおぞら)」の5種類があり、王道の和テイストのものから洋風なものまでたくさんの味を楽しむことができます。また、種類ごとに形やデザインが異なっているので、目でも楽しめるおまんじゅうです。

長生堂(山本中3丁目17-9)
☎0797-80-2111(木曜定休、9時~19時)

宝塚ふぁんたじぃとサファイア
「雪まろげ」はクリームチーズ餡、「恋月夜」は黄身餡など、種類ごとに異なる味が楽しめます!

コロネロ(マリーズローカーボフーズ)

ころねろ
コロネロ

サクサクとした生地の中に、とろとろの甘いカスタードが詰まったコロネロ。糖質を極限まで抑えてつくられていて、ダイエット中の人はもちろん、血糖コントロール中の人にもおすすめのスイーツです♪

マリーズローカーボフーズ(野上1丁目5-3 クリエイト逆瀬川1F)
☎0797-77-0026(月・金曜のみ営業、11時~18時)

vol.5 観光大使サファイア

先輩サファイアの話を聞く第8期サファイア
中村 美優(左)と中西 瞳

第5回目は、私たち「観光大使サファイア」を改めて紹介します。

なぜ「サファイア」が観光大使?

5歳からの約20年間を宝塚で過ごした、手塚治虫さんが宝塚歌劇の影響を受けて描いたマンガ「リボンの騎士」の主人公がサファイアです。「手塚治虫」と「宝塚歌劇」という2つの観光資源を表すイメージシンボルとして、市の魅力を最大限PRするためにサファイアを特別観光大使に任命しています。

観光大使「サファイア」の仕事は?

宝塚市は平成21(2009)年から観光大使「サファイア」を任命し、全国各地で宝塚の魅力を発信しています。私たち第8期も東京都をはじめ、遠くは九州に行って市のPRをする一方、地元では手塚治虫記念館でワークショップを開催するなど、たくさんの人に宝塚の魅力を知っていただく活動を行っています。

特別企画「先輩サファイアとの交流会」

観光大使サファイアは私たち第8期まで合わせると16人。それぞれ任期を終えた後も社会などで活躍しています。今回は初代から8期までのサファイア10人が集まり、2回に分けて交流会を行いました。後日、市ホームページで交流会の内容を公開予定ですので、ぜひご覧いただき、私たちと一緒に宝塚の魅力を発信したいと思う人がどんどん増えてほしいです。

~交流会を終えての感想~

中村 美優(第8期)
「サファイアになったきっかけはいろいろありましたが、地元愛や宝塚愛に溢れた方ばかりで、「私たちも頑張らないと!」と思いました。琴が得意なサファイア二人の演奏で手塚治虫記念館の来館者を迎えたお話や、サファイアの二人がライバルではなく、補い合える仲間だったという言葉がとても印象的でした。」

中西 瞳(第8期)
「サファイアの任期を終えても、いろいろな場面で活動の経験が生かされているというお話を聞けて、自信になりました。『良いもの』を相手に伝える仕事で、話し方や立ち居振る舞いに説得力がある、とよく言われるというお話を聞き、これからの就職活動に生かしていきたいと思いました。また、サファイアの活動が親孝行になると教えてもらいました。」

交流会
交流会の様子
すみれで食べることのできるコラボアイス
ホテル若水
ロビーラウンジ「すみれ」
ランカのキラッ☆と抹茶アイス
©2007 ビッグウエスト/マクロスF製作委員会・MBS
「まちの宝」紹介

今回の交流会はホテル若水ロビーラウンジ「すみれ」をお借りしました。「すみれ」では手塚治虫記念館で開催中の企画展「MACROSS:THE ART」とコラボしたグルメマクロスを開催中です(10月29日(月曜日)まで)。市内の魅力スポット(まちの宝)をぜひご利用ください。

先輩サファイアとの記念撮影写真1枚目
先輩サファイアと記念撮影(1)
先輩サファイアとの記念撮影写真2枚目
先輩サファイアと記念撮影(2)

サファイア★Diaryをぜひご覧ください!

サファイア★Diaryは、宝塚市観光大使リボンの騎士「サファイア」が発信する公式ブログです。観光大使として行った活動レポートや、市内のおすすめスポット&グルメ情報など、宝塚市の魅力がたくさん詰まっています。下のリンクから見ることができます。ぜひご覧ください。

vol.4 阪神競馬場

宝塚記念表彰式
宝塚記念の表彰式ではサファイアがプレゼンターアシスタントを務めました

阪神競馬場は、阪急仁川駅直結で、駅から徒歩5分の距離にあります。全国に10か所あるJRA(日本中央競馬会)の競馬場のひとつで、阪神競馬開催時にはたいへん多くの人でにぎわいます。6月24日(日曜日)に開催された第59回宝塚記念では、約6万8500人が来場しました。

広い敷地内には、阪神競馬場のシンボル「セントウル」の名前を冠した、セントウル・ガーデンという緑豊かな公園があり、阪神競馬開催日には馬車の試乗やポニーの乗馬など、馬とのふれあい体験が楽しめます。

また、馬券の買い方や競馬新聞の読み方を教えてくれるビギナーズセミナーや、女性限定スペースUMAJOスポットなどもあり、初めての方にもお楽しみ要素が満載です。おすすめはUMAJOスポット限定販売のスイーツ。とってもかわいらしいデザインで、つい写真を撮りたくなりますね。

阪神競馬場は、大人から子どもまで楽しめるレジャースポットです。次回の阪神競馬は9月に開催されますので、ぜひ足を運んでみてください。
※公演開放日や阪神競馬開催日など詳しくはJRAホームページをご覧ください。

森の列車
セントウル・ガーデンにある「森の列車」(阪神競馬開催日のみ運行)
UMAJOカップケーキ
UMAJOカップケーキ(宝塚記念限定販売)

vol.3 大本山 中山寺

中山寺青龍塔とサファイア
青空に映える青龍塔をバックに

第3回目は、子授け・安産のお寺として全国的に有名な「大本山 中山寺」です。聖徳太子によって建てられたと伝えられ、その歴史は1400年前までさかのぼります。古くは豊臣秀吉公も、世継ぎを願って参拝し、秀頼公を授かったと伝えられ、現在では多くの人々が全国から参拝に訪れます。
また、中山寺は日本最古の巡礼路・西国三十三所の第二十四番札所です。例年8月9日に行われる「星下り大会式」の日は、西国三十三所の観音さまが星にのって中山寺に集まるとされ、その日にお参りすると、三十三所の観音霊場すべてにお参りしたのと同じだけの功徳があるといわれています。西国三十三所巡礼は、観光や地域振興のルーツといわれており、今年は草創1300年の節目の年です。中山寺など各寺院では、記念「特別印」の授与を行っています。この機会にぜひ、参拝や巡礼にお越しください。

サファイア納経所にて
各種御朱印の受付などを取り扱う納経所
西国三十三所草創1300年記念事業のロゴ
今年草創1300年を迎える西国三十三所

vol.2 シネ・ピピア

バグダッド・カフェと観光大使サファイア
バグダッド・カフェ(映画作品にちなんだ店名)

第2回目は、市内で唯一の映画館「シネ・ピピア」。阪急売布神社駅からすぐの複合施設「ピピアめふ」5階にあります。
「ピピアめふ」は、阪神・淡路大震災の復興事業として再開発されました。普段は地域交流の場として、緊急時には避難所として利用できる施設です。その中に「シネ・ピピア」がオープンしたのは、宝塚市にはかつて映画製作所(宝塚映画製作所)があり、シネマとのつながりが深かったこと、そして市民の皆さんが映画館をつくる運動を長年続けていたことがきっかけとなりました。
「シネ・ピピア」は、50席×2館のミニシアターではありますが、全国でもトップレベルの音響設備やこだわりの映像環境を備えており、リラックスして映画をお楽しみいただけます。シネマだけでなく、カフェやガーデンテラスが併設されており、映画の待ち時間や交流の場に利用できる憩いの場です。また、ピピアめふ会員には鑑賞券プレゼントや電話による整理券予約サービスなど、おトクな特典もあります。
毎年11月ごろには、市民による「宝塚映画祭」が開催。かつての宝塚映画製作所でつくられた映画などが劇場に復活します。
この夏はシネ・ピピアでおトクな会員になって、ゆっくり映画鑑賞はいかがでしょうか。

シネマと観光大使サファイア
黒を基調にした座席のシネマ1
ガーデンテラスと観光大使サファイア
緑に囲まれたガーデンテラス

vol.1 だんじり

だんじりと観光大使サファイア

記念すべき第1回目のまちの宝は「だんじり」です。
市内には江戸時代中期から受け継がれてきた19台のだんじりが現存しており、秋祭りでの曳行などで人と人、人と地域などをつなぎ、交流を育むものとして、その価値が再認識されています。平成20年に発足した宝塚だんじり連合保存会が中心となり、市内のだんじりが一堂に会する「宝塚だんじりパレード」を2年に1回開催しています。
4月14日には花のみち周辺で第5回目となるパレードが盛大に開催されました。会場には約1万2000人の来場者が訪れ、参加型の体験イベントを通して、だんじりとのふれあいを楽しみました。

 

観光大使サファイアとはばタン
だんじりパレードの様子

宝塚市観光大使リボンの騎士「サファイア」第8期が2年目を迎えます

第8期宝塚市観光大使リボンの騎士サファイア

漫画家・手塚治虫の作品で、宝塚市にゆかりのある『リボンの騎士』の主人公「サファイア」をイメージシンボルとして活用する「リボンの騎士プロジェクト」。その一環として観光大使「サファイア」を一般の方から選任しています。

昨年6月に第8期として就任した中村 美優(写真左)さんと中西 瞳(写真右)さんが引き続き2年目を務めます。次期募集については、詳細が確定次第お知らせします。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 宝のまち創造室 観光企画課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2012 ファクス:0797-74-9002
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。