入札契約関係書類等の押印の見直しについて

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1041196 更新日  2021年4月7日

印刷大きな文字で印刷

令和3年(2021年)4月1日から、宝塚市にご提出いただく入札・契約関連書類について、下記のとおり押印を省略できることとします。

  なお、一部の書類については押印を省略した場合や、電子メール等でご提出をいただく際に必要な記載事項がございますので、必ず下記のお知らせ文やQ&Aをご確認いただきますようお願いいたします。

 

押印を省略することができる主な入札契約関係書類

 

・見積書 ※

・納品書 ※

・請求書 ※

・質疑書

・誓約書  

   等

(いずれも、令和3年(2021年)4月1日以降に発行された書類のみ押印省略の対象となります。)

(電子メール等によるご提出も可とします。)

「※」が付いている様式の押印を省略する場合は、当該書類に「案件責任者・担当者の氏名及び連絡先」を必ず記載してください。また、これらの書類を電子メールで提出いただく際はPDF形式の添付ファイルとしてください。

なお、今までどおり押印いただいたものも受理いたします。

注:契約書(変更契約書含む)、請書、紙入札に係る入札書及び委任状、業者登録に伴う使用印鑑届、委任状は従来のとおり押印が必要です。

↓ ↓詳しくは以下のファイルをご参照ください。↓ ↓

入札契約関係書類等の押印省略に関するQ&A 

下記リンク先も併せてご参照ください。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

総務部 行政管理室 契約課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2008 ファクス:0797-72-1419
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。