通いの場活動における感染拡大防止について(R2.11.26更新)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1039923 更新日  2020年11月25日

印刷大きな文字で印刷

 家庭や職場、医療機関、社会福祉施設などで多くの患者が確認され、全国的にも感染が拡大傾向にある中、11月24日に兵庫県知事から感染拡大に厳重に警戒するようメッセージが発出されています。

 重症化リスクの高い高齢者の不要不急の外出自粛を求められていることから、高齢者のサロン活動や体操などの通いの場活動の開催についても慎重にご判断されるとともに、実施される場合は、感染拡大防止対策を再度確認いただき、徹底していただきますよう、改めてお願い申し上げます。
 

「感染拡大特別期」にあたって厳重な警戒を!(令和2年11月24日)

◇外出自粛等の要請
 ・東京、大阪など、感染拡大地域への不要不急の往来を控えてください。
 ・高齢者、基礎疾患のある方は、不要不急の外出を控えてください

◇ウイルスを家庭に持ち込まない
 ・毎日検温を実施するなど、ご自身の健康管理に留意し、発熱など症状のある場合には、通勤・通学を含め外出を控えるとともに、電話で医師等と相談してください。
 ・感染防止の基本となるマスクの着用、手洗い、身体的距離の確保、3密(密閉・密集・密接)の回避など、「ひょうごスタイル」に取り組んでください。
 ・冬期を迎え暖房を使用する場合でも、換気や適度な保湿をお願いします。

皆様一人ひとりが「うつらない・うつさない」との強い思いで取り組むことが大切です。
一層のご理解、ご協力をお願いします。

兵庫県知事 井戸 敏三     (抜粋)

 

新型コロナウイルス対策「通いの場」の活動を行う上での注意すべきポイントについて

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 安心ネットワーク推進室 地域福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-0653 ファクス:0797-71-1355

お問い合わせは専用フォームをご利用ください。