アジア健康長寿イノベーション賞2022 自立支援部門で準大賞を受賞しました。

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1047674 更新日  2022年9月30日

印刷大きな文字で印刷

宝塚市お互いさまのまちづくり縁卓会議 健康・生きがい就労部会がアジア健康長寿イノベーション賞2022 準大賞を受賞しました。

アジア健康長寿イノベーション2022ロゴ
アジア健康長寿イノベーション2022

市民が発案した、高齢者の就労を支援する「健康・生きがい就労トライアル」の取り組みが、アジア地域を対象とした国際賞「アジア健康長寿イノベーション賞2022」の自立支援部門で準大賞を受賞しました。


1. 受賞団体

宝塚市お互いさまのまちづくり縁卓会議  健康・生きがい就労部会 

宝塚市お互いさまのまちづくり縁卓会議は、市民、住民組織、市民団体、事業者、行政等の多様な主体がエイジフレンドリーシティ宝塚の実現に向けて話し合い、実践する場として、平成30(2018)年に市が設置しました。


2. 取組内容

健康・生きがい就労トライアルとは、社会貢献などをしたいと考える元気な高齢者と人手不足に悩む介護業界などをマッチングし、高齢者が介護事業所や保育所などへの短期間・短時間のトライアル就労を通じ、生きがいや地域での活躍の場を得る仕組みです。これは、「宝塚市お互いさまのまちづくり縁卓会議」の健康・生きがい就労部会のメンバーが発案したもので、市民・行政・事業所の協働により健康・生きがい就労トライアル事業として開発し、これまで市内の10介護事業所および1保育所で、延べ75人の高齢者が参加しました。

令和2(2020)年度には、厚生労働省の「第9回健康寿命をのばそう!アワード」で厚生労働省老健局長優良賞も受賞しています。

 

3. 参考 

本事業は、日本政府による「アジア健康構想」(Asia Health and Wellbeing Initiative:AHWIN)の一環として、日本国際交流センター(JCIE)、東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)の主催で実施されています。

対象:日本を含むアジア14か国・地域における、高齢化によるさまざまな課題の解決となる革新的な取組

表彰状です
表彰状

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 安心ネットワーク推進室 地域福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-0653,0797-77-2076 ファクス:0797-71-1355

お問い合わせは専用フォームをご利用ください。