災害時要援護者支援制度同意者へ避難支援組織より個別訪問が行われます

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1020508 更新日  2021年12月21日

印刷大きな文字で印刷

同意者へ避難支援組織より個別訪問が行われます

災害時要援護者支援制度対象者のうち、個人情報提供に同意された人(同意者)の情報(担当地域の同意者名簿と支援カード)を、民生児童委員や自治会などの避難支援組織に9月から10月に提供しています。

基本的に、提供後から12月にかけて避難支援組織から同意者への個別訪問が行われます( 新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、状況によっては訪問が行われない可能性もあります)。

この制度は普段から地域でおたがいに顔なじみになることで、災害時にもおたがいの安否をすぐに確認したり、助け合って避難したりすることを後押しするものです。まずは一人ひとりが自分の命を守る意識を持ちましょう。また、避難支援組織の人が、災害時の避難支援を行う義務を負うものではありません。

上記をご理解のうえ、個別訪問が行われた場合は同意者やそのご家族などから下記の例を参考にお話しいただけると災害時の助け合いに役立ちます。また、避難支援組織の人は個別訪問時に支援カードを持参しますので、連絡先や状況に変更がありましたら訂正をお願いいたします。

 

お話しいただく内容例

・今の状態、状況

・災害に備えて用意している物

・避難が必要な場合、予定している避難先と避難のタイミング

・災害時の支援(安否確認、情報伝達、避難支援)をしてくれる人

・災害時に困りそうなこと

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 安心ネットワーク推進室 地域福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-0653,0797-77-2076 ファクス:0797-71-1355

お問い合わせは専用フォームをご利用ください。