11/13 災害時要援護者支援制度 内閣府モデル事業 勉強会を開催します

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1043491 更新日  2021年10月14日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: セミナー・交流

11/13開催 内閣府モデル事業「連携と協働の災害時要援護者支援制度促進事業 勉強会」

災害時に皆で助かる・助け合う地域づくりのため、勉強会を開催します!

みんなでたすかるたすけあう

 令和3年度、市では内閣府個別避難計画作成モデル事業に参加しており、様々な立場の関係者が連携・協働し、災害時要援護者支援制度の課題の解決へ向けて取り組んでいます。主に「個別避難計画作成」という、要援護者一人ひとりの避難について本人と地域の方々などが話し合い、一緒に考えるということを行っています。

 災害の被害を減らすためには、一人ひとりの備え「自助」や、地域での助け合い「共助」が必要です。要援護者は、災害時に支援を必要としており、地域での助け合いが欠かせません。しかし、災害時は誰もが被災し、支援が必要な状況になる可能性があります。

 要援護者、避難支援組織の方々だけではなく、市民一人ひとりが「自助」「共助」について考え、「みんなで たすかる たすけあう」地域づくりができるよう、勉強会を開催します。

 兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 室﨑益輝氏による基調講演、個別避難計画作成の事例発表等が行われます。勉強会といっても、わかりやすい話を聞いていただくものです。ぜひご参加ください。

日程

令和3年11月13日(土曜日)

時間詳細

午前9時45分開場 午前10時00分から午前11時50分まで

対象

どなたでも

施設

公民館
宝塚市立中央公民館 1階 ホール(宝塚市末広町3番53号)

申込締切日

令和3年11月11日(木曜日)

内容

・基調講演

・個別避難計画作成事例発表

・その他

講師

基調講演

室﨑 益輝 氏 (兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 研究科長)

定員

先着 50名 ※要申込

費用

不要

主催

宝塚市

注意事項

お申込・お問い合わせ先 

電話:0797-77-2076 ファクス:0797-71-1355

イベント情報をiPhone・iPad端末からiCalendarに取り込めます。
※Android端末ではご利用いただけません。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

ヘルプ

イベント情報をiCalendarに取込みます。 注意!
パソコンでスマホ表示をご覧になっている場合、イベント情報は取り込みできません。iPhone,iPad等の端末でご利用ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 安心ネットワーク推進室 地域福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-0653,0797-77-2076 ファクス:0797-71-1355

お問い合わせは専用フォームをご利用ください。