広報1月号 感染症の予防について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1039773 更新日  2020年12月25日

印刷大きな文字で印刷

冬の感染症にあらためて注意しましょう

Q:冬になりインフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行に備えて、何に注意をしたらよいですか。

A:新型コロナウイルス感染予防のために実施している「新しい生活様式」(例えば、マスク着用、咳エチケットや手洗い、手指消毒用アルコールによる消毒、3密を避けるなど)は、インフルエンザの感染予防にも有効です。引き続き、新しい生活様式の徹底をお願いします。

 

Q:発熱や咳などの症状がある時は、どうしたらよいですか。

A:発熱等のかぜ症状がある場合は、仕事や学校を休んでいただき、外出は控えてください。

 また、発熱等があれば、まずは地域の医療機関(かかりつけ医等)に電話でご相談ください。医療機関への受診の際は、連絡せずに直接行くことは控えるようにしましょう。

 かかりつけ医がなく、相談先に迷う場合は、「発熱等受診・相談センター(宝塚健康福祉事務所)」や「新型コロナ健康相談コールセンター」へご相談ください。

  

発熱等受診・相談センター(宝塚健康福祉事務所)
電話:0797-62-7304 平日9時~17時30分
新型コロナウイルス健康相談コールセンター
電話:078-362-9980 24時間受付(土日祝日含む)

 

Q:家族に新型コロナの感染が疑われる場合に、家庭でどんなことに注意すればよいでしょうか。

A:ご本人は外出を控えてください。ご家族、同居されている方も熱を測るなど、健康観察を行い、不要不急の外出を避けましょう。

家庭内での注意点

 1.部屋を分けましょう

 2.感染が疑われる家族のお世話はできるだけ限られた方で

 3.マスクをつけましょう

 4.こまめに手を洗いましょう

 5.換気をしましょう

 6.手で触れる共有部分を消毒しましょう(手すり、ドアノブなど)

 7.汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう

 8.ゴミは密閉して捨てましょう

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康推進室 健康推進課(健康センター)
〒665-0827 宝塚市小浜4丁目4番1号
電話:0797-86-0056 ファクス:0797-83-2421
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。