小規模社会福祉施設等におけるスプリンクラー設備の整備の推進について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1022617 更新日  2017年11月6日

印刷大きな文字で印刷

社会福祉施設等におけるスプリンクラー設備については、消防法施行令の一部を改正する政令(平成25年政令第368号)により、設置が義務付けられています。また、設置義務が新たに生じた既存施設に対する経過措置期限は平成30年3月31日となっています。

※スプリンクラー設置のための補助金がありますので、未対応の施設設置者におかれましては、早急にご対応ください。

 

【設置が義務付けられた施設】

入所施設、共同生活援助を行うグループホーム、ショートステイ可能施設のうち、避難が困難な障碍(しょうがい)者を主として入所させるもの

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉推進室 障碍(がい)福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁グランドフロアー
電話:0797-77-9110(手帳・自立支援医療担当) 0797-77-2077
   0797-77-2287(基幹相談支援センター)
ファクス:0797-72-8086
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。