障害福祉サービス事業等の実績記録票(写)の提出方法の変更及び契約内容報告書について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1026772 更新日  2019年5月7日

印刷大きな文字で印刷

【障害福祉サービス事業者等の実績記録票の写しの提出方法の変更について】

 これまで本市では、毎月サービス提供事業所より実績記録票の写しの提出をお願いしておりましたが、訪問系サービス事業所(居宅介護・重度訪問介護・同行援護・行動援護など)以外のサービス提供事業所は、今後実績記録票の写しの提出は不要です。契約内容報告書のみご提出ください。

 一方、相談支援事業所に対して定期的な実績の報告をお願いいたします。 

【契約内容報告書に関すること】

 『障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準』では、「事業者は、利用に係る契約をしたときは、受給者証記載事項その他の必要な事項を市町村に対し遅滞なく報告しなければならない」とされています。

 別添の様式をダウンロードいただき、新規契約、契約内容変更、契約終了した際は提出いただきますようお願いいたします。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉推進室 障碍(がい)福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁グランドフロアー
電話:0797-77-9110(手帳・自立支援医療担当) 0797-77-2077
   0797-77-2287(基幹相談支援センター)
ファクス:0797-72-8086
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。