障害福祉サービス実績報告書の押印欄廃止について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1041538 更新日  2021年3月19日

印刷大きな文字で印刷

実績記録表等の押印欄廃止について

障害福祉サービス等提供事業所 各位

 押印の原則廃止に関して、国から方針が示されたことにより、当市の取り扱いについて周知を行いますので、添付資料をご確認いただき、ご対応をお願いします。

 ※データ容量の都合上、本ページには通知および補足資料を掲載いたします。様式データをご希望の事業所においては、個別でご連絡いただきましたらメールでお送りいたします。

【留意事項】

  1. 本市仕様の様式は、国が示した参考様式に下記の変更を加えたものです。
    1)「障害」を「障碍」に変更。
    2)居宅介護、同行援護、行動援護、重度訪問介護に「事業所確認欄」を設けた。
  2. 参考様式については、現在事業所が使用しているものを「印」→「欄」に変更していただくことで継続して使用していただけます。
  3. 支援記録(サービス提供記録)の押印の扱いも、実績記録表の取り扱いに準じてください。

 なお、居宅介護、同行援護、行動援護及び重度訪問介護は従来通り、実績記録表のコピーを障碍(がい)福祉課にご提出いただく取り扱いに変更はありません。
 上記訪問系以外のサービス(日中活動系等)については、従来通り実績記録の提出は必要ありません。

 ※移動支援の様式については、別ページ「移動支援事業に関するガイドライン・請求関係について」内の添付ファイル「移動支援に関する様式集」に掲載しています。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉推進室 障碍(がい)福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁グランドフロアー
電話:0797-77-9110(手帳・自立支援医療担当) 0797-77-2077
   0797-77-2287(基幹相談支援センター)
ファクス:0797-72-8086
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。