障碍(がい)者施設通所費用の助成において対象者を拡大します

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1036344 更新日  2020年4月1日

印刷大きな文字で印刷

現在、生活介護、自立訓練、就労移行支援を利用している人が、公共交通機関を利用した場合、当該通所にかかった費用のうち自己負担が半額となるように助成していましたが、助成対象を下記のとおり拡大します。

                      記

<追加される対象者>

就労継続支援B型事業所を利用している障碍(がい)者

<適用開始日>

令和2年(2020年)4月1日から

<申請方法>

申請は、各事業所が利用者の通所日数や交通機関の利用区分を所定の書類にとりまとめ、障碍(がい)福祉課に提出していただきます。また時期については、助成金申請のご案内を上半期分(4月~9月)は10月頃に、下半期分(10月~3月)は4月頃に各事業所へ通知いたしますので、指定された期日までにまとめてご申請いただきます。

<その他>

4月1日以降に各就労継続支援B型事業所に対して、制度の概要資料等を配させていただきます。この資料をご確認の上、不明な点等ございましたら障碍(がい)福祉課までお問い合わせください。

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉推進室 障碍(がい)福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁グランドフロアー
電話:0797-77-9110(手帳・自立支援医療担当) 0797-77-2077
   0797-77-2287(基幹相談支援センター)
ファクス:0797-72-8086
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。