重度身体障害児者訪問リハビリ利用料助成事業の開始について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1037752 更新日  2020年7月6日

印刷大きな文字で印刷

 市では脳性麻痺等による重度肢体不自由児者が訪問看護ステーションによる訪問リハビリを利用した場合、その利用料の一部を助成することで定期的なリハビリを受けやすくなるよう取り組みを始めました。事業内容の詳細は下記のとおりとなります。対象となる方は障碍(がい)福祉課までご連絡ください。

                        記

<対象者>

市内在住で肢体不自由による身体障害者手帳1級又は2級所持者                                                               ※介護保険法第9条に規定されている被保険者である、又は他の法令の規定により、国等の負担による訪問看護療養費の助成を受けている場合は対象外となります。                                                                                                               

<助成内容>

訪問リハビリにかかる利用料の自己負担が1割相当となるように助成

<所得制限>

本人及び本人と同一の健康保険に加入されている家族の市民税所得割額が23万5千円未満

<助成方法>

償還払い

<申請方法>

⑴重度身体障害児者訪問リハビリ利用料助成金請求書                             ⑵健康保険証の写し                                          ⑶領収書及び利用明細の写し                                      ⑷訪問リハビリテーション利用料証明書

上記、必要書類を障碍(がい)福祉課へご提出ください。                        ※⑷につきましては訪問看護と訪問リハビリを同時にご利用された場合に提出が必要です。

<その他>

この事業は令和2年4月1日以降の訪問リハビリ利用料が対象となります。広報やホームページをご覧になられた時点で申請していただければ、遡及して助成を受けることが出来ますのお申し出ください。           ※遡及助成の場合は令和3年3月31日までに必ず申請してください。                

 

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉推進室 障碍(がい)福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁グランドフロアー
電話:0797-77-9110(手帳・自立支援医療担当) 0797-77-2077
   0797-77-2287(基幹相談支援センター)
ファクス:0797-72-8086
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。