一部負担金の減免等について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1000510 更新日  2020年3月17日

印刷大きな文字で印刷

生活が困窮して医療機関への医療費の支払が困難なとき 一部負担金の減免等について

災害により大きな損害を受けた方、または事業又は業務の休廃止・失業などにより収入が著しく減少し、生活状態が困窮した方で、医療機関等の窓口での一部負担金(自己負担額)の支払が困難な場合、申請により原則3ヶ月以内に限り、医療機関等の窓口での一部負担金を軽減(減額・免除又は猶予)するものです。

なお、自己負担額を医療機関等に支払った後、遡っての適用はできませんので事前にご相談ください。

詳しくは国民健康保険課 給付担当(電話:0797-77-2063)までお問い合わせください。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 国民健康保険課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2063(給付担当) 0797-77-2065(資格・賦課担当)
   0797-77-2122(国民健康保険税収納担当)
ファクス:0797-77-2085  0797-77-9105(国民健康保険税収納担当)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。