「限度額認定証」、「限度額認定・標準負担額減額認定証」について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1016445 更新日  2019年6月14日

印刷大きな文字で印刷

 医療費が高額になることがあらかじめ分かっている場合は、医療機関への支払いの前に市役所国民健康保険課で手続きをしてください。医療機関への支払い時に医療費が世帯所得に応じた自己負担限度額までとなる認定証を交付します。(柔道整復、鍼灸、あんまマッサージの施術は適用対象外です。)

 なお、70歳~74歳の人で、高齢受給者証の提示で、医療費が高額になる時の一部負担金が自己負担限度額までになる場合もありますので詳しくは国民健康保険課までお問い合わせください。

国民健康保険限度額適用認定証、限度額適用・標準負担額減額認定証の更新・申請について

 現在交付されている「限度額認定証」と「限度額適用・標準負担額減額認定証」の有効期限は7月31日です。更新や新たに発行を希望する人は、国民健康保険被保険者証を持参し、国民健康保険課給付担当まで申請してください。(各サービスセンター・ステーションでは申請・発行できません。)

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 国民健康保険課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2063(給付担当) 0797-77-2065(資格・賦課担当)
   0797-77-2122(国民健康保険税収納担当)
ファクス:0797-77-2085  0797-77-9105(国民健康保険税収納担当)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。