坂っこひろば

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1001996 更新日  2019年7月30日

印刷大きな文字で印刷

開催の様子1

開催の様子2

開催状況

実施形態

出前児童館型

開催場所

宝塚市立長尾台小学校
運動場、多目的室

(注)長尾台小学校では他に「地球っ子広場・タカラヅカ」も活動していましたが、平成30年度末をもって活動を終了しました。
これまでの活動内容は「地球っ子広場・タカラヅカ」のページをご覧ください。(クリックするとページが移行します。)

開催回数

令和元年度予定 年間12回(月1回程度)
平成30年度実績 年間10回
(他に地球っ子広場・タカラヅカが年間17回)
平成29年度実績 年間12回
(他に地球っ子広場・タカラヅカが年間17回)
平成28年度実績 年間11回
(他に地球っ子広場・タカラヅカが年間16回)

平均参加者数

平成30年度 52人
平成29年度 49人
平成28年度 57人

教室のPR

「坂っこひろば」は外遊びが中心の子ども教室です。暑い日も、寒い日も、安全な学校の運動場で身体を思いっきり使って元気に遊びましょう!

開催中の子どもの様子

通常開催の時は、身体を思いっきり使って走り回ったり、遊具を使って遊んだり、いろんな学年がまじりあってサッカーのゲームをしたりして遊んでいます。また、宿題をするスペースを作り、自己管理のもとでそれぞれのペースで宿題をしたり、簡単な工作やお絵かき、折り紙などをしたりして楽しんでいます。
イベント開催の時は、木工教室やペーパークラフトなど、大工道具や折り紙、画用紙を使って作品づくりなどをしています。夏場はジャンボシャボン玉づくりなど水を使った遊びも取り入れています。
また、夏休みには水遊びとカプラ大会の2回のイベントを育成会と合同で行い、子どもたちに大人気です。
開催中は、PTAや地域のボランティア、ひばり子ども館の児童厚生員が安全を見守っていますが、子どもたちと見守る大人たちとの間にも次第に信頼関係が出来てきて、一緒に遊びながら楽しく活動しています。

特色

長尾台小学校は起伏に富んだ広い校区を持つ自然豊かな環境が自慢の小学校です。
「坂っこひろば」は、子どもたちが広い校区から時間をかけて坂道を登ったり降りたりして通学していることから名づけられました。下校してからは校区が広いがゆえに子どもたちだけで大勢で集まって遊ぶことが難しいので、少しでも安全な学校で伸び伸びと遊ぶ機会を作れたら嬉しいです。
子どもたちの安全は、ひばり子ども館の児童厚生員、坂っこひろば実行委員、PTAのボランティアで見守っています。また、実行委員には地域の安全を見守る男性の会員も多く、こま回しなどの伝承遊びや大工道具の使い方の指導など、子どもたちの身近なおじちゃん、おじいちゃんとしてとても人気があります。核家族化で地域の方やお年寄りとのかかわりの少ない中で貴重な経験であり、きっと子どもたちの成長に一役買ってくれることでしょう。

このページに関するお問い合わせ

子ども未来部 子ども育成室 青少年課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2030 ファクス:0797-77-2800
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。