ひとり親世帯臨時特別給付金(再支給分を含む)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1038645 更新日  2021年4月19日

印刷大きな文字で印刷

本給付金につきましては、令和3年2月26日をもって受付を終了いたしました。【令和3年3月更新】

令和3年度の低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金については以下のページをご覧ください。

 

以下、受付終了済の給付金についての記載です。

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親(18歳に達する日以降最初の3月31日までの児童を養育している者に限る)世帯については、子育てに対する負担の増加や収入の減少などにより特に大きな困難が心身等に生じていることを踏まえ、こうした世帯を支援するため、ひとり親世帯臨時特別給付金を支給します。

給付金には基本給付と追加給付の2種類があります。

※令和2年8月以降に既に申請済の方は、再度申請することはできません。

 

再支給分について(12/11追記)

ひとり親世帯の臨時給付金の基本給付を受けた方(令和2年6月分の児童扶養手当受給者、公的年金受給者、家計急変者)に対し、既に支給した基本給付と同額が再度支給されます。

すでに基本給付を受けた方が再支給を受けるにあたり、申請は不要です。(受取を拒否される方のみ、下記書式をお送りください)

対象の方へは通知をお送りし、12月28日(月曜日)に以前お届けの銀行口座へ振込予定です。

 

※口座を解約した方、改姓等で口座名義が変わっている方は変更の手続きが必要です。速やかに下記書式をお送りください。(お届けの時期によっては、年内の支給に間に合わない可能性がありますのでご了承ください)

 


基本給付

児童扶養手当受給世帯等への給付

【支給対象者】

(1)令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けている方

(2)公的年金給付等を受けていることにより児童扶養手当の支給を受けていない方で、平成30年中の所得(非課税の公的年金等を含む)が児童扶養手当における支給制限限度額を下回る方
  ※既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額または一部停止されたと推測される方も対象です。

(3)令和2年6月分の児童扶養手当を受けていない方(全部停止中を含む)で、申請時点で児童扶養手当の要件に該当し、かつ新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、直近の収入が児童扶養手当の支給対象となる水準まで減少した方

【支給額】

1世帯50,000円、第2子以降1人につき30,000円

【支給手続き】

支給対象者(1)に該当する方:申請は不要です。(対象者には7月13日に案内を発送済)
                ※給付金を希望しない場合のみ辞退の届け出が必要です。

支給対象者(2)又は(3)に該当する方:申請が必要です。【必要書類】及び【申請書式】を参照ください。本ホームページより書式をダウンロードして記入し、必要書類とともにご提出ください。申請は郵送でも可能です。

受付期間:令和3年2月26日まで(厳守・郵送必着)

※窓口受付を希望の場合、混雑状況によりお待ちいただくことがございます。あらかじめご了承ください。 

※書類不備により支給まで時間がかかる可能性があります。令和3年3月までに振り込みができない場合は支給できませんので、申請は出来る限り早めにお済ませください。

※12/11以降に申請される場合、再支給分を合わせて申請することができます。支給は1月以降となります。(12/11追記)

【支給時期】

支給対象者(1)に該当する方:8月11日より順次児童扶養手当を支給している口座へ振り込みます。

支給対象者(2)または(3)に該当する方:申請内容を審査後、指定口座へ振り込みます。(振込日は月末頃)

【必要書類】

・戸籍謄本(取得後1か月以内の原本、児童扶養手当の認定を受けている方は不要)

・本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)の写し

・申請者名義の通帳またはキャッシュカードの写し

支給対象者(2)に該当する方:課税証明書等 平成31年度(平成30年中)の所得が分かる書類(市外で課税されていた方は必須)、年金決定通知書等 平成30年中の年金額の分かる書類(金額がほぼ変わらなければ直近のものでも受付可)

支給対象者(3)に該当する方:令和2年2月以降(ひとり親になった後)の任意の1か月分の給与明細書等 収入の分かる書類

※この他、別途書類が必要な場合があります

【申請書式】

・ひとり親世帯臨時特別給付金 申請書(請求書)

・簡易な収入額の申立書 ※世帯が別であっても同居親族がいる場合、扶養義務者等用の申立書も必要です。

・簡易な所得額の申立書 ※収入額が基準額を超える場合のみ

・申立書 ※収入額が分かる書類がない場合のみ

 ※収入がなく、収入がないことを証明する書類がない場合は、状況を簡単にご記入ください。

(支給対象者(2)に該当する方)
(支給対象者(3)に該当する方)

 

 

追加給付

収入が減少した児童扶養手当受給世帯等への給付

【支給対象者】

上記基本給付の(1)または(2)の支給対象者のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が大きく減少したとの申し出があった方(※生活保護受給世帯を除く)

【支給額】

1世帯50,000円

【支給手続き】

申請が必要です。

基本給付対象者(1)に該当する方:令和2年8月の児童扶養手当の現況届時(原則郵送)に申請書をご提出ください。なお、現況届時には新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少がなかった方でも、受付期間内に対象となれば申請が可能です。

※受付期間:令和2年8月3日~令和3年2月26日(厳守・郵送必着)

基本給付対象者(2)に該当する方:基本給付の申請時にご提出ください。※受付期間は基本給付と同じ

【支給時期】

申請内容を審査後、児童扶養手当を支給している口座または指定口座に振り込みます(支払日は月末頃)。

【必要書類】

申請内容を確認できる書類について提出は不要です。ただし、申請日から5年間は、申請内容に疑義が生じた等の場合に、給与明細書の控え等収入が減少したことを示す書類の提示又は提出を求めることがありますので、求められた場合に当該書類を提示(又は提出)できるようにしておいてください。

※虚偽の申告・その他不正な手段により給付金を受け取ったことが判明した場合は、当該給付金を返還していただきます。

【申請書式】

・ひとり親世帯臨時特別給付金 申請書(請求書)【追加給付】

・申立書 ※前年度所得が0円だった場合のみ

 ※前年度の所得が0円だった場合、令和2年2月以降に収入が減少した理由を簡単にご記入ください。

「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

市職員が申請内容の確認のためお電話させていただく場合がありますが、
宝塚市や厚生労働省等がATMの操作をお願いすることは絶対にありません。
ひとり親世帯臨時特別給付金を支給するために、手数料の振り込みを求めることは絶対にありません。

 

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

子ども未来部 子ども家庭室 子育て支援課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号
電話:0797-77-2196(手当等) 0797-77-2128(ひとり親相談・給付金等)
   0797-77-9111(家庭児童相談室)
ファクス:0797-74-9948
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。