平成28(2016)年4月号 自動翻訳機能対応テキスト版(10面から15面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1016191 更新日  2016年6月13日

印刷大きな文字で印刷

トピックス(10面から15面)

※市外局番の記載のないものは(0797)です。

【10面】 トピックス

************************
未来の宝塚市を考えよう!
~子ども委員会の委員大募集~ [ID 1003647]
子ども政策課(電話番号 77・2419)
************************

子どもの皆さん!「子ども委員」となって、皆さんの思いや発想を未来のまちづくりに生かしませんか。施設見学やグループでの話し合いなどを通じてまちのことを学びながら、子どもの視点で意見や新しいアイデアをたくさん聞かせてください。

活動日程:6月からの期間中、日曜・祝日や夏休みなどを利用して全9回程度の開催を予定
活動場所:市役所会議室など
対象:市内在住の小学5年生~高校3年生の年齢に相当し、できるだけ全回参加できる人(小学生は保護者の送迎が必要)。
募集人数:18人程度(応募多数の場合は選考)
申し込み:
子ども政策課、市内の各学校・児童館(子ども館)で配布する申込書(市ホームページからダウンロード可)に記入の上、郵便番号 665・8665(住所不要)「市役所子ども政策課」へ郵送またはファクス(ファクス番号 77・2800)。5月2日(月曜日)必着。結果は5月中旬ごろに通知します。


**************************
第7期 宝塚市観光大使
リボンの騎士「サファイア」を募集 [ID 1012209]
観光企画課(電話番号 77・2012)
**************************

市では、手塚治虫の漫画『リボンの騎士』の主人公サファイアをイメージシンボルとして活用し、全国にまちの魅力を発信しています。一緒に宝塚の観光を盛り上げてくれる素敵なサファイアをお待ちしています。

募集期間:4月22日(金曜日)まで(必着)
募集人数:2人
選考方法:
<第1次選考会>5月14日(土曜日)、宝塚市役所/集団面接を実施
<第2次(公開)選考会>5月29日(日曜日)、ソリオ宝塚/公開面接を実施
※事前に書類選考あり
任期:初出務の日から約1年間(別に事前研修あり)
応募資格:
4月1日現在、18歳以上(高校生は除く)で、『リボンの騎士』サファイアのイメージにふさわしい人。住所地、性別、プロ・アマ不問。ただし、他のキャンペーンアシスタントなどに応募中、就任中の人は不可。
活動内容:
市内外での観光PR活動(年20回程度)、公式ブログでの情報発信、マスコミ出演など
待遇:出務謝礼を支給(1回の出務につき4,500~9,000円)
※応募方法など詳しくは、市ホームページをご覧ください。


***************************
2016宝塚市民カレッジ受講生募集 [ID 1011029]
  宝塚市民カレッジ事務局(電話番号 73・0606)
***************************

市民の皆さんの熱い学習意欲に応えて、知識の扉の向こうに広がるさまざまな課題を探求する「2016宝塚市民カレッジ」を開講します。

日程:6月~来年1月または2月
会場:西公民館・東公民館
受講料:各コースとも年間3千円(全8回)
申し込み:各市立公民館、市民相談課、各サービスセンター・ステーションなどで配布する募集ガイドに付いている受講申込書(専用はがき)に必要事項を記入して郵送。4月11日(月曜日)消印有効。応募多数の場合は抽選。

<会場/コース名/講師(敬称略)/曜日・開始時間/定員>
【西公民館】 
◆みんなで歌おう童謡サロンコース
講師:童謡サロン声楽家 深川 和美、ピアニスト 多久 雅三
曜日・開始時間:月曜14時 
定員:150人
◆洋楽ラジオデイズCD鑑賞コース 
講師:元ラジオ関西アナウンサー 三浦 紘朗
曜日・開始時間:火曜14時
定員:100人
◆ひとことで楽しくなる韓国の旅コース 
講師:韓国語講師 鄭 順男
曜日・開始時間:火曜14時
定員:50人
◆宝塚ことば磨き塾コース 
講師:元NHKエグゼクティブアナウンサー 村上 信夫
曜日・開始時間:火曜14時
定員:25人
◆上方講談 真田幸村おもしろ物語コース 
講師:上方講談師 旭堂 南海 
曜日・開始時間:水曜11時、14時
定員:各150人
◆政治・経済やわらかゼミナールコース 
講師:関西外国語大学教授、神戸大学名誉教授 滝川 好夫
曜日・開始時間:水曜11時
定員:150人
◆文化と歴史コース 
講師:園田学園女子大学名誉教授 田辺 眞人
曜日・開始時間:水曜10時半、13時半 
定員:各150人
◆関西文化に育まれた文学コース 
講師:神戸海星女子学院大学現代人間学部教授 箕野 聡子
曜日・開始時間:木曜14時
定員:150人
◆宝塚まちかど学コース 
講師:園田学園女子大学名誉教授 田辺 眞人ほか
曜日・開始時間:土曜13時半
定員:50人
◆〈教育委員会社会教育課連携講座〉宝塚の景観・風景みどころ探訪コース 
講師:大阪市立大学工学部都市学科 非常勤講師 田村 博美、
宝塚文化財ガイドソサエティ
曜日・開始時間:水曜10時(※2回目以降は現地フィールドワーク)
定員:30人

【東公民館】 
◆きょうから使えるワンフレーズ英語コース 
講師:エフエム宝塚パーソナリティ 田辺 ゆかり
曜日・開始時間:木曜14時
定員:50人
◆国際観光交流時代と世界文化遺産コース 
講師:元神戸海星女子学院大学英語観光学科 特別教授 北川 宗忠
曜日・開始時間:土曜14時
定員:50人
◆〈消費生活センター連携講座〉くらし・いきいき・消費者力アップコース 
講師:甲子園大学学長 川合 真一郎ほか 
曜日・開始時間:土曜10時半
定員:50人

【11面】トピックス

*****************************
マイナンバー(個人番号)カードの受け取りに利用する
休日臨時窓口の開設期間を延長します   [ID 1013581]
窓口サービス課(電話番号 77・2217)
*****************************

マイナンバー(個人番号)カードの交付申請後、市からカードをお渡しするための案内(※)が届いた人は、窓口サービス課(西谷地区にお住まいの人は原則として西谷サービスセンター)でカードを受け取ることができます。
また、マイナンバーカードの受け取りに利用できる「休日臨時窓口」を6月末まで期間を延長して開設しますので、ぜひご利用ください。
開設期間:6月末までの毎週日曜9時~17時半(5月22日・6月19日(日曜日)を除く)
場所:市役所1階 窓口サービス課
※西谷サービスセンターは臨時窓口を開設しませんのでご注意ください。
業務内容:マイナンバーカードおよび受領できなかった通知カードの交付業務(それ以外の業務は行いません)
(※)転送不要で順次送付しています。カードの交付には申請から相当期間をいただく場合がありますので、ご了承ください。


***************************
市役所の窓口で、マイナンバー(個人番号)の
記載・提示が必要な手続きとは? [ID 1015184]
総務課(電話番号 77・2006)
***************************

市役所の手続きで、マイナンバー(個人番号)の利用が始まっています。市の窓口で、申請書などにマイナンバーの記載と提示が必要となる主な手続きは次のとおりです。なお、これらの手続きであっても、必ずマイナンバーの記載と提示が必要となる訳ではありません。詳しくは、各担当窓口にお問い合わせください。

【社会保障関係】
国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険、母子健康手帳の交付、未熟児養育医療の給付、生活保護、中国残留邦人等に対する支援給付、児童手当、児童扶養手当、特別児童扶養手当、母子父子寡婦福祉資金の貸付、母子生活支援施設への入所、妊産婦に対する助産施設への入所、保育施設への入所申し込みに関する手続き
【税関係】
市民税、市たばこ税、固定資産税に関する手続き、軽自動車税の減免申請に関する手続き

※上記の手続きを行う際には、次の書類を持参してください。

◆本人が手続きする場合
マイナンバーカードをお持ちの人
マイナンバーカード1点
マイナンバーカードをお持ちでない人((1)+(2))
(1)番号確認のための書類
通知カード、マイナンバーが記載された住民票の写し、住民票記載事項証明書のいずれか1点
(2)身元確認のための書類※
運転免許証、パスポートなど顔写真付きのものをいずれか1点
※顔写真付きの身元確認書類がない場合には、健康保険証や年金手帳など、2点以上の身元確認書類が必要です。また、税に関する手続きでは身元確認書類が一部異なります。

◆代理人が手続きする場合((1)+(2)+(3))
(1)代理権の確認のための書類
▽任意代理人の場合は委任状
▽法定代理人の場合は戸籍謄本や登記事項証明など、その資格を証明する書類
(2)代理人の身元確認のための書類
代理人のマイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど
(3)本人の番号確認のための書類
本人のマイナンバーカード、通知カードなど


***************************
高齢者向け給付金を支給します [ID 1001075]
    臨時給付金コールセンター(電話番号 0570・666・614)
***************************

低年金受給者への支援および高齢者世帯の所得全体を底上げし、個人消費の下支えをするため「年金生活者等支援臨時福祉給付金」(高齢者向け給付金)を支給します。

支給対象者:平成27年1月1日現在、宝塚市に住民票があり、市町村民税(均等割)が課されていない人のうち、来年3月末までに65歳以上となる人(昭和27(1952)年4月1日以前に生まれた人)。
※課税者に扶養されている場合や生活保護の被保護者などは対象外。
支給額:対象者1人につき3万円
申請方法:4月中旬以降から順次、対象と思われる人のいる世帯へ市から申請書を郵送します。
また、市ホームページに「支給対象者診断チャート」を掲載していますので、支給対象の確認にご利用ください。
支給方法・時期:
・申請書で希望の口座を指定していただきます。申請を受け付けたものから順次、6月上旬から振り込み予定です。
・通常、支給には申請から2か月ほどかかります。ただし、必要書類等に不備があった場合には振り込み時期が遅れてしまいますので、ポストへ投函する前に、必ず必要書類の確認をお願いします。

 

【12面】トピックス

***********************************
後期高齢者医療制度 保険料率が決定しました[ID 1000519]
医療助成課(電話番号 77・9103)
県後期高齢者医療広域連合(コールセンター 電話番号 078・326・2021)
***********************************

<FM宝塚83.5メガヘルツ>市職員が出演してご説明します。
4月13日(水曜日)10時半~11時

後期高齢者医療制度は、75歳以上の人と一定の障がいがあると認定された65歳以上の人が対象です。保険料率は2年ごとに見直され、平成28(2016)・29(2017)年度の保険料を決める基準である保険料率(均等割額と所得割率)が決定しました。
医療給付費の増加などによる保険料の大幅な上昇を抑制するため、給付費準備基金から73億円を取り崩して繰り入れることにより、均等割額の上昇幅を694円、所得割率の上昇幅を0.47ポイントに抑えています。
個人ごとの保険料額は7月中旬に送付する保険料額決定通知書でお知らせします。

◆保険料率
均等割額…平成28・29年度:4万8297円/平成26・27年度:4万7603円
所得割率…平成28・29年度:10.17パーセント/平成26・27年度:9.70パーセント

◆保険料の計算方法
年間の保険料は一人ひとりが等しく負担する「均等割額」と、前年の所得に応じて負担する「所得割額」の合計となります。
均等割額<4万8297円>+所得割額<(総所得金額等※1-33万円)×所得割率10.17パーセント>=保険料額(年額)<上限57万円>
※1 総所得金額等とは収入額から控除額を引いた金額です(ここでいう控除額とは、公的年金等控除額、給与所得控除額、必要経費のことをいい、所得控除(社会保険料控除、扶養控除等)は含みません)。

◆保険料額の軽減
平成28年度の保険料額については、下記のとおり平成27年中の所得に応じて軽減措置があります。なお、平成28年度から5割および2割の軽減対象が拡大されました(5割軽減の基準は、被保険者数に乗ずる金額が26万円から26万5000円に変更され、2割軽減の基準は、被保険者数に乗ずる金額が47万円から48万円に変更となりました)。

(1)均等割額の軽減
世帯(世帯主と世帯内の被保険者)の平成27年中の総所得金額等が一定の金額以下の人
<総所得金額等(被保険者+世帯主)が次の基準額以下の世帯/軽減割合(軽減後均等割額:年額)>
・基礎控除額(33万円)
被保険者全員の各所得(年金所得は控除額を80万円として計算)が0円/
軽減割合:9割※2(4829円)
上記以外/軽減割合:8.5割※2(7244円)
・基礎控除額(33万円)+26万5000円×被保険者数/軽減割合:5割(2万4148円)
・基礎控除額(33万円)+48万円×被保険者数/軽減割合:2割(3万8637円)
※2 本来は7割軽減ですが、平成28年度は特例措置が講じられています。
※65歳以上の公的年金受給者は、総所得金額等から年金所得の範囲内で最大15万円を控除し、軽減判定されます。

(2)所得割額の軽減
所得割額算定にかかる所得(総所得金額等-基礎控除額33万円)が58万円(年金収入のみの場合は211万円)以下の人は特例措置により5割軽減されます。

その他:
後期高齢者医療制度に加入する前日に、会社の健康保険などの被用者保険の被扶養者だった人は、当分の間、所得割額はかからず、均等割額が5割軽減されます。また、平成28年度は特例により均等割額が9割軽減され、年額4829円となります。
なお、国民健康保険・国民健康保険組合に加入されていた人は対象にはなりません。

 

【13面】トピックス

***************************
 <高齢者の総合相談窓口>
困ったときは、地域包括支援センターへ [ID 1000634]
      高齢福祉課(電話番号 77・2068)
***************************

高齢者が住み慣れた地域で安心して生活できるように、総合相談窓口として、地域包括支援センターを設置しています。同センターには、保健師や社会福祉士、主任ケアマネジャーなどを配置し、次のような支援を行っています。

◆さまざまな相談に対応します
高齢者の皆さんやその家族、近所の人の困っていることや悩みなどの相談に応じます。悩み以外にも、認知症や介護予防、福祉、医療、生活に関することなど、何でも相談してください。

◆自立した生活ができるよう支援します
高齢者の皆さんの心身の健康状態に合わせて、必要な介護サービスの紹介やその利用に向けた支援などを行います。

◆皆さんの権利を守ります
安心して暮らしていけるように、他の機関と連携して高齢者の皆さんを守ります。成年後見制度の紹介や、虐待の早期発見、消費者被害の予防などに対応します。

◆暮らしやすい地域づくりをします
高齢者の皆さんにとって、より暮らしやすい地域にするため、関係機関などと連携を図り、さまざまな方面から皆さんを支えます。

【 地域包括支援センター 一覧 】
<名称(所在地)/電話番号/ファクス/担当地域(小学校区)>
小林地域包括支援センター(小林3丁目)
電話番号 74・3863/ファクス番号 74・3922
/仁川・良元・高司・光明・末成・末広(一部)
逆瀬川地域包括支援センター(中州1丁目)
電話番号 76・2830/ファクス番号 77・3461
/末広(一部)・西山・逆瀬台・宝塚第一
御殿山地域包括支援センター(川面5丁目) 
電話番号 83・1336/ファクス番号 83・1337
/すみれガ丘・宝塚・売布(一部)・美座(一部)
小浜地域包括支援センター(小浜4丁目)
電話番号 86・3707/ファクス番号 83・1123
/小浜・美座(一部)・安倉・安倉北(一部)
長尾地域包括支援センター(山本西2丁目)※
電話番号 80・2941/ファクス番号 80・4110
/長尾(一部)・長尾南・売布(一部)・丸橋・安倉北(一部)
花屋敷地域包括支援センター(切畑字長尾山)
電話番号 072・740・3555/ファクス番号 072・740・5087
/長尾(一部)・山手台・長尾台・中山五月台・中山桜台
西谷地域包括支援センター(大原野字南穴虫)
電話番号 83・5080/ファクス番号 83・5011
/西谷
※長尾地域包括支援センターは4月1日から山本西2丁目6-11に移転します。なお、電話番号とファクス番号の変更はありません。


*****************************
多彩な就労支援であなたの“働く”を応援します
*****************************
-----------------------------------------------------
4月の宝塚地域若者サポートステーション講座<無料>
[ID 1015073]
-----------------------------------------------------
<講座名/日時/定員(先着)>
プチ・コミュニケーション講座/8日(金曜日)13時半~15時/定員(先着):4人
春の就活力応援セミナー (全4回)/いずれも13時半~15時半/定員(先着):10人
(1)仕事の選び方/12日(火曜日)
(2)自己PRを作ろう/14日(木曜日)
(3)履歴書作成/19日(火曜日)
(4)面接力UP/21日(木曜日)
Let's 事務作業/22日(金曜日)10時~正午/定員(先着):6人
つどいカフェ/23日(土曜日)13時半~15時半/定員(先着):6人
職場体験~清掃編~/27日(水曜日)13時半~16時/定員(先着):6人
コミュニケーション講座/28日(木曜日)13時半~15時半/定員(先着):8人
※会場にはパソコンフリースペースを用意していますので、求人検索、応募書類作成などにご利用ください。
※受講には登録が必要です。登録は随時受け付けています。

場所:宝塚地域若者サポートステーション・男女共同参画センター・勤労市民センター
対象:15~39歳の求職中の人
申し込み:電話で同ステーション(電話番号 69・6305)へ。

-------------------------------------------
5月の就労支援パソコン講座 [ID 1001083]
-------------------------------------------
<講座名/日時>
(1)ワード初級/5・12・19・26日(木曜日)10時~13時
(2)エクセル初級/5・12・19・26日(木曜日)14時~17時 
(3)ワード初級/8・15・22・29日(日曜日)10時~13時 
(4)エクセル初級/8・15・22・29日(日曜日)14時~17時 
(5)ワード中級/4・11・18・25日(水曜日)10時~13時 
(6)エクセル中級/4・11・18・25日(水曜日)14時~17時
(7)パワーポイント入門/14日(土曜日)10時~17時 
(8)パソコン基礎 はじめの一歩/21日(土曜日)10時~17時 
いずれも定員(先着)各10人(最少催行人数3人)
※次回開催は7月の予定です。

場所:勤労市民センター
対象:市内在住・在勤で全日参加できる人
受講料:(1)~(6)=6千円(全4回)、(7)(8)=3千円。別途、教材費が必要。
申し込み:電話またはファクスで勤労市民センター(電話番号 ファクス番号 77・2601)へ。

 

【14面】トピックス

************************
あなたの子育て応援しています
子ども家庭支援センター(電話番号 85・3862)
************************

<FM宝塚83.5メガヘルツ>市職員が出演してご説明します。
4月8日(金曜日)10時半~11時
-----------------------------------------
地域の人との交流を図る
子育て支援活動団体に助成 [ID 1000569]
-----------------------------------------
◆対象団体
市内に活動拠点があり、団体の構成員が5人以上(3分の2以上は市民)で、子育て支援活動を継続的に実施できる団体。
◆対象事業
(1)子育て交流事業
就学前児童と保護者が広く交流できる場や異世代交流の場を提供し、子育てに関する情報交換や相談などを行う事業
(2)相互保育事業
就学前児童を対象に、参加児童の保護者が当番制により合同で保育する事業
((1)と(2)は月2回以上実施する事業が対象)
(3)若者育成支援事業
若い世代等が子育て交流事業を実施する活動
(4)立上げ支援事業
子育て交流事業を実施するための活動拠点を新たに整備する場合の備品費
◆助成内容
1団体当たり上限20万円。(1)~(3)で10団体程度、(4)は2団体。※講師謝礼、交通費、消耗品費、印刷費、光熱水費、通信運搬費、保険料、会場使用料など。
◆申し込み
4月13日(水曜日)~5月12日(木曜日)に、事前に子ども家庭支援センターへ連絡の上、必要書類を同センターに提出してください。審査委員会での審査により決定します。

-------------------------------------------
赤ちゃんの駅が増えました! [ID 1009331]
-------------------------------------------
 「赤ちゃんの駅」とは、乳幼児を連れた保護者が外出しやすいように、授乳やおむつ替えができるスペースを設けた施設のことです。
目印となるフラッグやステッカーなどを掲げており、無料で利用できます。すでに登録されている市内の公共施設や民間の店舗は、現在108か所となりました。どうぞ、お気軽に利用してください。
設置場所や利用時間などは、市ホームページや子育て・子育ちガイド「たからばこ」でご確認ください。

◆「赤ちゃんの駅」登録事業所を募集
子育てを応援してくださる「赤ちゃんの駅」登録事業所を募集しています。

◆「移動式赤ちゃんの駅」を貸し出します [ID 1015126]
市内で開催されるイベントなどに乳幼児を連れた保護者が安心して参加できるよう、移動が可能なテントや折りたたみ式おむつ交換台、授乳用いすを貸し出します。乳幼児のおむつ交換や授乳スペースとしてご利用ください。

◆子育てサポーターを募集 [ID 1009340]
子ども家庭支援センターの「きらきらひろば」では、未就園児の親子が自由に遊ぶことができ、保育士による子育て相談や遊びの紹介をしています。
この「きらきらひろば」での受け付け・案内や親子の見守り、情報提供を職員と一緒に行う「子育てサポーター」を随時募集しています。

---------------------------------------------
親子育てグループ会員と
子育て支援ボランティアの募集 [ID 1009353]
---------------------------------------------
赤ちゃんから就園前のお子さんと保護者(親・祖父母など)が定期的に集まり、地域で仲間づくりをしながら自主的に活動している親子育てグループがあります。親子のお友達を探しに来てください。
また、グループで見守りをしていただく子育て支援ボランティアを募集しています(*印)。授乳中の親子が多いので、女性の応募をお待ちしています。

<グループ名/活動場所>
仁川おひさまくらぶ*/仁川小学校
わんぱくクラブ*/西公民館
ピーチクラブ*/高司児童館
クッキーハウス/末成小学校
えびフライ/勤労市民センター
かぼちゃ*/逆瀬台デイサービスセンター
外国人親くらぶ わくわく/国際・文化センター
シュッポッポひろば/売布小学校
ポコニャンクラブ/ラ・ビスタ集会室
わいわいクラブ/男女共同参画センター
キャンディBOX/男女共同参画センター
いちごみるく/宝塚小学校
サンタくらぶ/まいたに人権文化センター
ぽけっとひろば/総合福祉センター
美座すみれキッズ/ひよこ保育園・県民交流ひろばみざ
ミルキィキッズ/山本団地集会所
いきいきマミーズ/平井児童館
たけのこクラブ/平井児童館
べあーず/東公民館
ひよこクラブ*/丸橋幼稚園
中山台のびっこくらぶ/中山台コミュニティセンター
ぺンギンくらぶ/中山台コミュニティセンター
お山のたんぽぽ/山手台西四丁目・東五丁目自治会館
さくらの小径/花屋敷荘園自治会館
ひまわり*/西谷自然休養村センター

詳しくは、子ども家庭支援センターへお問い合わせください。

 

【15面】トピックス

*******************************
犬の登録と年に1度の狂犬病予防注射を忘れずに [ID 1000741]
生活環境課(電話番号 77・2074)
*******************************

生後90日を経過した犬は、生涯に一度の登録および毎年1回の狂犬病予防注射と登録鑑札・予防注射済票の常時装着が義務付けられています。

◆狂犬病予防集合注射の実施
登録済みの犬の飼い主は、市から送付する案内通知の問診票欄に記入の上、会場にお越しください。集合注射にお越しにならない場合は、案内通知を獣医科医院へ持参してください。未登録等の場合は、当日会場で新規登録を行った上で接種ができます。

【狂犬病予防注射会場】
<実施時間帯/会場>
4月6日(水曜日) 
9時半~9時50分/弁天池公園(仁川北3丁目)
10時5分~10時35分/仁川高丸中央公園(仁川高丸2丁目)
10時50分~11時20分/仁川台南公園(仁川台)
11時35分~11時55分/高司会館前(高司2丁目)
13時半~14時20分/すみれガ丘中央公園(すみれガ丘2丁目)
14時半~14時50分/御殿山第3公園(御殿山4丁目)
15時~15時半/地域利用施設御殿山会館(御殿山2丁目)
4月7日(木曜日)
9時半~10時10分/御所の前公園(御所の前町)
10時25分~11時5分/関西電力株式会社鉄塔前(千種3丁目)
11時20分~11時40分/市営西山霊園管理棟前(青葉台1丁目)
13時半~14時/美座会館(美座2丁目)
14時10分~14時40分/鶴の荘公園(鶴の荘)
14時55分~15時15分/売布3丁目公園
15時25分~15時45分/清荒神公園(清荒神4丁目)
8日(金曜日)
9時半~10時/逆瀬台5丁目第1公園
10時10分~10時40分/逆瀬台6丁目公園
10時50分~11時半/光青橋北側駐車場前(光ガ丘1丁目)
13時半~14時10分/清駅前公園(清荒神1丁目)
14時25分~15時5分/売布きよしガ丘中央公園(売布きよしガ丘)
15時15分~15時35分/売布4丁目公園
11日(月曜日) 
9時半~10時10分/市営野上住宅前(野上4丁目)
10時半~11時/月見山第3公園(月見山2丁目)
11時20分~11時40分/桜ガ丘第1公園(桜ガ丘)
13時半~13時50分/大堀川河川敷緑地
(弥生町※宝塚チボリゴルフセンター前河川敷緑地)
14時~14時20分/安倉南第2公園(安倉南1丁目)
14時半~14時50分/安倉第一会館前(安倉北2丁目)
15時~15時半/小浜会館前(小浜5丁目)
12日(火曜日)
9時半~9時50分/貝尻池広場(平井1丁目、阪急山本駅北側)
10時5分~10時45分/雲雀丘山手公園(雲雀丘山手1丁目)
11時~11時半/長尾台自治会館前(長尾台1丁目)
13時40分~14時/山本台3丁目第2公園
14時15分~14時35分/平井4丁目第3公園
14時55分~15時15分/山本野里2丁目公園
13日(水曜日) 
9時40分~10時/コスモス公園(中山台1丁目)
10時10分~10時50分/中山桜台4丁目公園
11時~11時半/中山五月台公園(中山五月台3丁目)
13時半~15時半/山本園芸流通センター前(山本中1丁目)
14日(木曜日)  
9時50分~10時10分/ふじガ丘公園(ふじガ丘)
10時25分~10時55分/市立花屋敷グラウンド(花屋敷荘園3丁目)
11時5分~11時25分/松ガ丘公園(花屋敷松ガ丘)
13時半~13時50分/山手台西4丁目公園
14時~14時半/山手台西2丁目公園
14時50分~15時10分/南ひばりガ丘公園(南ひばりガ丘2丁目)
15時20分~15時40分/口谷東第3公園(口谷東3丁目)
15日(金曜日) 
9時40分~10時/切畑会館前(切畑)
10時15分~10時35分/玉瀬公民館前(玉瀬)
10時50分~11時/大岩谷ハイマート(玉瀬)
11時15分~11時35分/境野公民館前(境野)
13時~13時20分/自然休養村センター前(大原野)
13時半~13時50分/東部公民館前(大原野)
14時~14時20分/長谷公民館前(長谷)
14時半~14時45分/下佐曽利公民館前(下佐曽利)
14時55分~15時10分/上佐曽利公民館前(上佐曽利)
15時25分~15時35分/西部公会堂前(大原野)
15時45分~15時55分/波豆公会堂前(波豆)
16日(土曜日) 
13時~16時/市役所中庭付近(東洋町)

【犬の登録・予防注射済票の交付が受けられる獣医科医院
(集合注射会場と同額で接種可能)】
<獣医科医院(市獣医師会会員)>
あかばめペットクリニック(中筋4丁目)/電話番号 20・1575
アテナ動物病院(川面5丁目)/電話番号 84・3231
アニー動物クリニック(中筋3丁目)/電話番号 82・2323
伊藤獣医科(中州1丁目)/電話番号 72・3818
うぐいすの森動物病院(山本南1丁目)/電話番号 82・5510
大西動物病院(安倉南4丁目)/電話番号 86・6216
ココロよしざき動物病院(高司1丁目)/電話番号 77・5544
小林動物病院(泉町)/電話番号 86・4153
サニー動物病院(亀井町)/電話番号 77・2772
砂田イヌネコ病院(南口1丁目)/電話番号 72・0028
ナカタ動物病院(小林4丁目)/電話番号 73・2076
中山寺動物医院(中筋山手1丁目)/電話番号 88・0469
はんぞう動物病院(山本中3丁目)/電話番号 24・1356
フジワラ動物病院(伊孑志1丁目)/電話番号 71・4111
マナ動物病院(山本丸橋2丁目)/電話番号 82・2588
宮本獣医科(武庫山1丁目)/電話番号 73・8464
めふ動物病院(星の荘)/電話番号 80・8571
※上記以外の獣医科医院でも接種できますが、登録の鑑札や狂犬病予防注射済票を発行できない場合があります。

◆費用
・予防注射(注射済票交付手数料を含む)=3400円
・新規登録(鑑札交付)手数料=3000円
・鑑札再交付手数料=1600円
・注射済票交付手数料=550円
・注射済票再交付手数料=340円

◆狂犬病予防注射猶予申請について
病気などの理由で予防接種を受けることができないと獣医師が判断した場合、獣医師の診断書を添えて「狂犬病予防注射猶予申請」を必ず行ってください。なお、注射猶予は申請年度のみ有効であるため、長期間接種ができない場合は、年度ごとに申請してください。

-----------------------------------------
地域猫活動に対する不妊・去勢手術費
助成制度申請について [ID 1000746]
-----------------------------------------
飼い主のいない猫による地域内のトラブルをなくすため、地域猫活動(※)を行う場合の手術費用の一部を助成します。詳しくは、生活環境課(電話番号 77・2074)へ。
※飼い主のいない猫を地域のルールに基づいて適切に管理し、数を増やさず一代限りの生を全うさせる活動。
◆助成対象
・複数の地域住民が協力し、かつ、周辺住民に対しても取り組み内容等が周知されていること
・宝塚市飼い主のいない猫に関する活動指針に基づいて取り組みできる人
◆助成額
不妊手術の経費(メス)/1匹につき上限1万2000円
去勢手術の経費(オス)/1匹につき上限8000円

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。