平成28(2016)年6月号 自動翻訳機能対応テキスト版(24面・25面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1016569 更新日  2016年6月20日

印刷大きな文字で印刷

市立病院だより(24面・25面)

※市外局番の記載のないものは(0797)です。

【24・25面】

市立病院のページ [ID 1004613]

*****************************
~市民の健康といのちを守ります~
市立病院だより
市立病院(電話番号 87・1161 ファクス番号 87・5624)
*****************************
=====================================
結膜炎に気をつけて
=====================================
結膜炎は、衛生環境の改善により少なくなりましたが、今でも感染し、流行することもある病気であるため注意が必要です。結膜炎にはいろいろな種類があり、治療法や対処法が異なります。今回は夏に多く、プールなどでも感染し、流行しやすいウイルス性結膜炎についてお話しします。

結膜炎を起こすウイルスには多くの種類があり、結膜の炎症以外にも、かぜ症状を引き起こすものもあります。主な症状は結膜の充血、目ヤニ、まぶたの腫れ、目がゴロゴロする、まぶしいなどです。耳の前のリンパ節が腫れることもあります。結膜のウイルスに対する特効薬はなく、自然治癒を待つしかありません。そのため応急的な治療法として細菌の混合感染を防ぐ抗菌薬や炎症を抑えるステロイドホルモンの目薬を使います。

【主なウイルス性結膜炎】
○流行性角結膜炎:アデノウイルス8型という感染力の強いウイルスが原因です。感染して約1週間の潜伏期間後に発症します。1週間から10日で自然に治りますが、角膜に点状の濁りが残る場合があります。半年以上続くこともあり、その場合はステロイドホルモンの点眼の継続が必要です。
○急性出血性結膜炎:潜伏期間が約1日と短く、結膜の血管から出血して目が真っ赤になることがあります。この結膜炎は昭和44(1969)年にアフリカのガーナで発生したエンテロウイルス70型が有名です。
○咽頭結膜熱:アデノウイルスの感染で起こります。かぜ症状を起こし、眼科よりも小児科を受診することが多いです。腸の中にいるウイルスがプールの水を介して感染するため「プール熱」とも呼ばれます。

◆人にうつさないように
ウイルス性結膜炎はドアノブ、テレビのリモコン、パソコンのキーボードなど、手で触るものが感染源となります。症状のある人だけでなく、家族もよく手を洗ってください。共用のタオルは使わず、ペーパータオルやティッシュぺーパーで拭きましょう。お風呂は家族のなかで症状のある人が最後に入ってください。
治療には抗菌薬目薬やステロイドホルモンの目薬を使いますが、点眼容器を介してうつる可能性があるため、症状のある側の目だけに点眼してください。点眼での予防効果はありません。家族で目薬を使い回すことはやめてください。
◆合併症に気をつけて
充血や目ヤニが治まっても、ものがにじんで見えたり、視力が低下する場合は点眼治療の継続が必要です。視力障がいを残さないよう気をつけましょう。

 

*********************
講座・ご案内
*********************

◆ 第18回 市民公開講座(申し込み不要)<無料/手話通訳・要約筆記あり>
毎日を快適に過ごせるよう医師や看護師がアドバイスします。
日時:6月11日(土曜日) 14時~15時半(13時半 開場)
場所:ソリオホール(ソリオ1 3階)
テーマ:アレルギーとスキンケア
(1)「明日から使えるスキンケア」皮膚・排泄ケア認定看護師 黒木 亜希子
(2)「そうだったのか! あなたの知らない身近なアレルギーの話」 皮膚科部長 山本 哲久

◆ 健康測定・健康よろず相談(申し込み不要)<無料/先着60人>
当院看護師が、血圧の測定と健康に関する相談などを受け付けます。
日時:6月13日(月曜日) 13時半~15時
場所:市役所G階 警備防災センター横
内容:健康測定(血圧・体重・体脂肪・骨量)

◆市立病院の得した気分!
〈毎月第2・第4日曜 17時25分~45分 エフエム宝塚【83.5メガヘルツ】で放送中〉
当院の医師などが、専門分野からテーマを選び、知って得する、ためになる情報などを分かりやすくお届けします。
テーマ:6月12日(日曜日) 管理栄養士のおしごと 26日(日曜日) 新ICU部長就任あいさつ
◎過去の放送を当院ホームページから聞くことができます。


*********************
お知らせ
*********************

◆ 整形外科から
月・金曜の外来診療は、紹介状のある方、予約済みの方のみ診療しています。


*********************
募集
*********************

◆ 医療ソーシャルワーカー(MSW)募集
詳細は当院ホームページをご覧の上、経営統括部までご連絡ください。


***********************************
いきいき健康 21世紀の健康づくり [ID 1015992]
健康センター(電話番号 86・0056 ファクス番号 83・2421)
***********************************

平成28(2016)年度から平成34(2022)年度までの7年間を推進期間とした、第2次たからづか食育推進計画を策定しました。計画の策定を記念し、「第2次たからづか食育推進計画 特別講演会」を開催します。

--------------------------------------------
第2次たからづか食育推進計画 特別講演会
「だしのおいしさと健康」
--------------------------------------------
だしには、特別なおいしさがありますが、そのおいしさは子どものうちに覚えなければ好きになることができないと言われています。
知っているようで知らなかった「だし」「和食」の魅力について、講師が分かりやすく解説します。申し込みは不要ですので、当日直接会場へお越しください。
日時:6月18日(土曜日)13時半~15時15分(13時開場)13時~13時半に「だし」の試飲もあります。
場所:西公民館 2階ホール
講師:龍谷大学農学部教授 伏木 亨(ふしき とおる)さん
※一時保育あり(6月2日(木曜日)~10日(金曜日)に電話で要予約)
○6月11日(土曜日)~18日(土曜日)は、西図書館で食育コーナーを設けて食に関する本の紹介をしています。ぜひご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。