平成28(2016)年7月号 自動翻訳機能対応テキスト版(24面・25面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1016876 更新日  2016年7月12日

印刷大きな文字で印刷

教育のページ(24面・25面)

※市外局番の記載のないものは(0797)です。

【24・25面】

教育のページ
教育委員会教育企画課(電話番号 77・2025 ファクス番号 71・1891)

*********************************
いのちってあたたかい「赤ちゃん学校へ行こう!」 [ID 1009294]
教育委員会学校教育課(電話番号 77・2028 ファクス番号 71・1891)
*********************************

市立中学校では、児童館や地域の皆さんのご協力により、生徒たちが乳幼児との触れ合い体験を通して命の大切さを学ぶ「赤ちゃん学校へ行こう!」を実施しています。生徒たちは事前に赤ちゃんの特徴について学び、安全に喜んでもらえるおもちゃを考えて準備します。当日は、生徒たちが考えたおもちゃを使って実際に赤ちゃんと遊んだり、赤ちゃんを抱っこさせてもらうだけでなく、妊婦さんのおなかを触らせてもらったりしながら、命の温かさや重さ、力強さを実感します。また、自分を生み育ててくれた親や家族への感謝の気持ちを一層深く感じるきっかけにもなり、過去に実施した学校からも好評を得ています。
今年度は、南ひばりガ丘中学校、宝梅中学校などで実施する予定です。赤ちゃんと子育て中の保護者の皆さん、妊婦さんの参加をお待ちしています。参加方法など詳しくは、教育委員会学校教育課へお問い合わせください。


********************************
たからづか学校応援団 [ID 1001368]
教育委員会社会教育課(電話番号 77・2029 ファクス番号 71・1891)
********************************

「たからづか学校応援団(宝塚市学校支援地域本部事業)」は、学校・地域・家庭が一体となって地域ぐるみで子どもを育てる仕組みを作るために、平成20(2008)年度にスタートしました。「できることを できるときに できることから」を合言葉に、市内の小・中学校32校でボランティア活動を行っています。
本の読み語りや登下校の見守り、田植え・稲刈り・サツマイモの収穫などの農業体験やクラブ活動補助、学校行事の補助、トイレ掃除など、学校からの依頼に基づいて、さまざまな場面で活躍中です。
ボランティアの皆さんからは「子どもたちの楽しそうな笑顔が何よりの喜び」「子どもたちと深いつながりができた」というように、学校を中心として、子どもたちや地域の人たちとの交流が広がり、地域の絆が深まったという声が寄せられています。

〈たからづか学校応援団ボランティア募集!!〉
10代から80代まで、幅広い年齢の人に子どもたちの支援をしていただいています。子どもの笑顔が見たい、地域の学校を支援したいという人は、ぜひご応募ください。
申し込み:教育委員会社会教育課で配布している登録申込書(市ホームページからダウンロード可)に必要事項を記入の上、郵送またはファクスで同課へ。団体による登録も受け付けています。


*****************
きらり あんな活動 こんな活動
*****************

◆自転車などの盗難にご注意を!!〈教育委員会青少年センター〉
4月26日、阪急仁川駅前で、乗り物の盗難被害防止を呼びかける防犯キャンペーンが行われました。この取り組みは、宝塚警察署からの依頼を受け、昨年度から市内各中学校の協力を得て実施しているものです。3回目となる今回は、宝塚第一中学校、高司中学校の生徒と教員が啓発活動を行いました。近年は乗り物の盗難被害が多発しており、市内での自転車の盗難件数は年々増加しています。
当日は天候にも恵まれ、宝塚警察署でご用意いただいた防犯グッズは予定よりも早く配り終えました。中学生の元気な声かけに多くの人が足を止め、防犯についての説明を熱心に聞いてくださいました。
今後も地域に根差した活動を通じて、市民の皆さんの防犯意識の高揚を促すとともに、子どもたち自身も防犯について考える機会を設けていきます。

◆フットサルでプロ選手の技に触れる〈教育委員会スポーツ振興課〉
5月28日、フットサル元日本代表で宝塚市大使の吉田輝(あきら)選手が率いるフットサルイタリア選抜選手団が来日し、「フットサルイタリアチャレンジ in 宝塚」が開催されました。
子どもたちに夢や希望を与えるために平成24(2012)年から開催されているイベントで、今年度は5月29日にフットサルクリニックやイタリア選抜選手と関西選抜選手による親善試合が行われ、30日には今年が初開催となるフットサルの出前教室が宝塚第一小学校・丸橋小学校・すみれガ丘小学校・光ガ丘中学校で行われました。
出前教室では、パス練習やヘディング練習、選手を交えたミニゲームなどを通して児童・生徒と選手が触れ合いました。参加した小・中学生にとって、またとないプロスポーツ選手との交流の場となり、フットサルの楽しさ、そして世界トップクラスの選手の実力を肌で感じたひとときとなりました。

◆松江市と生涯スポーツ交流を行いました〈教育委員会スポーツ振興課〉
5月21日、市内のスポーツ施設で「姉妹都市松江市・宝塚市生涯スポーツ交流会」を開催しました。
同交流会は、姉妹都市である松江市と本市のシニア世代のスポーツ愛好者が、スポーツ振興と親睦を図るために平成10(1998)年から開催しており、今年度で第19回目を迎えました。
両市の選手・役員・関係者を合わせて総勢約200人が参加し、野球・サッカー・バレーボール・バドミントン・ランニング・サイクリングの6つの種目で交流しました。バレーボールは宝塚市チームが、野球・サッカーは松江市チームが勝ち、バドミントンは引き分けという結果でしたが、来年の交流会での再会を約束し、松江市の選手たちとお別れしました。

 

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。