平成28(2016)年9月号 自動翻訳機能対応テキスト版(22面・23面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1017315 更新日  2016年9月6日

印刷大きな文字で印刷

市立病院だより(22面・23面)

※市外局番の記載のないものは(0797)です。

【22~23面】

市立病院のページ [ID 1004613]

****************************
~市民の健康といのちを守ります~
市立病院だより
市立病院(電話番号 87・1161 ファクス番号 87・5624)
****************************
=======================================================
腫瘍(しゅよう)内科〈新設〉の高瀬直人先生に腫瘍内科と
がん治療センター(仮称)についてインタビュー!
=======================================================
(Q1)まずは、高瀬先生ご自身について教えてください
2つの市民病院で初期研修、呼吸器内科医として後期研修を積んだ後に、兵庫県立がんセンターで腫瘍内科医として勉強しました。昨年4月に宝塚市立病院に来ましたが、当時は腫瘍内科医としてではなく呼吸器内科医として働いていました。ただ、がんセンターで多くのがん患者さんを診てきた経験から、今年7月から腫瘍内科医として正式に活動することになりました。そして平成30(2018)年4月に新設予定のがん治療センター(仮称)のための準備や、がん拠点病院を目指し、さまざまな取り組みの一翼を担っています。

(Q2)がん治療センターができることの何がすごいのですか?
がんの治療は大きく分けて、手術療法、放射線治療、化学療法(抗がん剤)と緩和治療があります。すでに緩和病棟は当院にあり、手術や化学療法は市内のいくつかの病院で行われていますが、放射線治療を行うことができる施設が宝塚市にはありませんでした。つまり、がん治療センターができることで、市内で標準的ながん治療を全て行うことができるようになります。がんの治療期間はどんどん長くなってきており、住み慣れた町でがんの治療ができるというのは、非常にメリットが大きいと思います。また化学療法施設も新調することで、よりたくさんの人がより安全かつスムーズに治療を受けられるようになります。

(Q3)腫瘍内科医はどんなことをするのですか?
主な仕事は化学療法(抗がん剤)です。学会のガイドラインでは現時点で最善の治療である“標準治療”が推奨されていますが、全国的にみても標準治療からはほど遠い我流の治療が行われている施設が数多くあります。患者さんに適切な治療を提供するためには、がん治療専門の医者が必要だと考えられて腫瘍内科は新設されました。
さまざまながんの治療に関する知識をもっていることから、実際には診断の難しいがんの疑いがある患者さんの精査を引き受けて診断をつけたり、治療方針に悩んでいる患者さんの相談に乗ったりもしています。また、がん看護専門看護師と協力して、気持ちのつらさに対応し、在宅医療の先生への紹介や連携など、がん治療をしている患者さん全てが、治療だけでなく、生活、そして人生設計に悩んだ際の道しるべになれるよう、日々院内を走り回っています。

(Q4)最近がん免疫療法などが話題になっていますが、いかがでしょうか?
がん治療は日進月歩ですが、世の中には情報が氾濫していて、それが治療方針を非常に悩ませるものになっているのも事実です。効果が実証されているお薬もありますが、それに便乗してがん免疫療法すべてがいいという情報や、お薬がすべてのがんに効くなどの誤った情報も流れています。がんの治療においては正しい知識をもって、しっかりとした目標をもつことが重要です。もし、今の治療や生活に悩んでいて、一歩前に踏み出したいと思う方がいましたら、ぜひ当院のがん看護相談やがん相談支援センターをご利用ください。当院の地域医療室(電話番号 83・2808)で予約を受け付けています。少しでもよりよい生活が送れるように一緒に考えていきましょう。
当院は地域の医療機関と連携しています。まずかかりつけ医(地域の医療機関)を受診し、かかりつけ医からの紹介状をもって当院を受診してください。


********
講座・ご案内
********

◆第19回 市民公開講座(申し込み不要)<無料/手話通訳・要約筆記あり>
日時:9月10日(土曜日) 14時~15時半(13時半 開場)
場所:ソリオホール(ソリオ1 3階)
テーマ:耳と鼻のはなし
(1)アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎について/耳鼻いんこう科 医師 齋藤 孝博
(2)いびき、睡眠時無呼吸について/耳鼻いんこう科 医長 森川 朋子
(3)難聴を引き起こす疾患について/耳鼻いんこう科 主任医長 児島 雄介

◆健康測定・健康よろず相談(申し込み不要)<無料/先着60人>
当院看護師が、血圧の測定と健康に関する相談などを受け付けます。
日時:9月12日(月曜日) 13時半~15時
場所:市役所G階 警備防災センター横
内容:健康測定(血圧・血管年齢)

◆看護支援者就職説明会~市内の病院で働いてみませんか?~(宝塚市7施設看護部長会主催)<無料/先着30人>
日時:9月29日(木曜日) 13時~16時
場所:看護専門学校
内容:看護師資格がなくても働ける看護支援者の仕事の説明、感染予防研修、就職相談(申し込み不要)
申し込み・問い合わせ:市立病院看護部(電話番号 87・1161)

◆市立病院の得した気分!
毎月第2日曜 17時25分~45分、エフエム宝塚【83.5メガヘルツ】で放送中
当院の医師などが、専門分野からテーマを選び、知って得する、ためになる情報などを分かりやすくお届けします。
放送日:9月11日(日曜日)
テーマ:腫瘍内科について
※過去の放送を市立病院ホームページから聞くことができます。


*******
お知らせ
*******

◆整形外科から
月・金曜の外来診療は、紹介状のある方、予約済みの方のみ診療しています。


****************************
いきいき健康 21世紀の健康づくり [ID 1004786]
健康センター(電話番号 86・0056 ファクス番号 83・2421)
****************************
---------------------------
健康づくり・介護予防講座
---------------------------
日ごろ気になっている症状や、注意したい生活習慣病の予防などについて医師からお話を聞ける講座です。講師への質問も気軽にできます。講座を通じて知識を深め、ご自身の健康づくりに生かしましょう。

【場所:宝塚医療会館(小浜4丁目5-4)】
〈回/実施日/内容〉
(1)9月28日/めざせ!血液サラサラ体質! ~脂質代謝異常について~
(2)10月5日/早く見つけて早く治す! ~胃・大腸の検査~
(3)10月12日/腎臓病について
(4)(※)10月19日/知っておきたい肺炎・インフルエンザについて
(5)10月26日/物忘れ?認知症? ~早期発見と対応~
(6)11月2日/加齢でおこる目の病気 ~白内障・緑内障編~
(7)11月9日/ご存知ですか?かくれ糖尿病 ~スリムなあなたもご注意!~
(8)11月16日/ぐっすり眠れていますか? ~睡眠時無呼吸症候群について~
(9)11月30日/冬のお顔若がえり大作戦! ~湿疹・かゆみ・肌トラブルについて~
(10)12月7日/痛みにさようなら! ~腰痛・肩こりについて~

【場所:東公民館】
(11)12月14日/【実践編】これならつづく!お家でできる運動実践
※いずれも水曜、全11回

対象:20歳以上の市民
時間:講演/13時半~14時半(※第4回のみ13時40分開始) 質問/14時半~15時
定員:先着135人
費用:無料
申し込み:9月1日(木曜日)から、電話で健康センターへ。

 

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。