平成28(2016)年10月号 自動翻訳機能対応テキスト版(13面から16面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1017457 更新日  2016年10月11日

印刷大きな文字で印刷

トピックス(13面から16面)

※市外局番の記載のないものは(0797)です。

【13~16面】トピックス

******************************
10月1日からB型肝炎定期予防接種が始まります [ID 1017182]
健康センター(電話番号 86・0056 ファクス番号 83・2421)
******************************

<FM宝塚83.5メガヘルツ>市職員が出演してご説明します。10月17日(月曜日)10時半~11時

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。10月1日からB型肝炎予防接種が定期予防接種となり、下記の医療機関で予防接種を実施します。市外での接種を希望する場合は事前に手続きが必要ですので、健康センターまでお問い合わせください。
対象:今年4月1日以降に生まれた、生後12か月に至るまでの乳児 ※母子感染予防として、健康保険でB型肝炎ワクチンの接種を受けた人は除く【標準的な接種期間】生後2か月から9か月に至るまで
費用:無料
接種回数:3回(1回目から27日以上の間隔をおいて2回目を接種した後、1回目から139日以上の間隔をおいて3回目を接種)
※すでに任意接種で1回または2回の接種が済んでいる場合は、残りを定期接種で受けることができます。

【市内実施医療機関一覧】※市外局番の記載のないものは(0797)です。ただし、■印は(072)、▲印は(0798)です。

◆山本・中山・雲雀丘(医療機関名/所在地/電話番号)
・まみクリニック/平井1丁目/82・2680
・かわたクリニック/平井1丁目/82・2400
・入江医院/平井1丁目/88・0064
・中西医院/山本東2丁目/88・7064
・小山内科循環器クリニック/山本東3丁目/82・3055
・末岡内科医院/山本丸橋3丁目/88・8724
・蓮尾医院/中山五月台2丁目/89・3858
・吉矢医院/中山寺1丁目/86・6277
・中山寺いまいクリニック/中山寺2丁目/86・2600
・きむらクリニック/中筋4丁目/88・3303
・ながふじ小児科クリニック/中筋5丁目/82・5711
・ひろもとクリニック/中筋5丁目/80・1111
・雲雀丘クリニック/雲雀丘山手1丁目/■759・2010
・松本医院/雲雀丘2丁目/■759・8123

◆売布・清荒神・宝塚(医療機関名/所在地/電話番号)
・大西医院/泉町/86・2478
・仲原医院/売布2丁目/86・6251
・北村眼科医院/売布2丁目/85・1777
・あらき内科/売布2丁目/86・0730
・もりのぶ小児科/売布2丁目/78・8995
・篠部医院/売布3丁目/86・9822
・清水外科胃腸科/清荒神1丁目/86・3933
・イナズミ小児科医院/清荒神1丁目/85・0019
・大門医院/川面3丁目/86・0881
・やなかクリニック/川面4丁目/83・6888
・おのクリニック/すみれガ丘1丁目/81・7315
・チャイルドクリニックサンタクルス ザ タカラヅカ/武庫川町/83・1173

◆小浜・安倉(医療機関名/所在地/電話番号)
・宝塚第一病院/向月町/84・8811
・宝塚市立病院(主治医の紹介状がある場合のみ)/小浜4丁目/87・1161

◆南口・逆瀬川・野上(医療機関名/所在地/電話番号)
・栗原医院/南口2丁目/76・5820
・中井医院/逆瀬川1丁目/72・2691
・石本クリニック/逆瀬川1丁目/74・7166
・後藤医院/逆瀬川1丁目/72・4031
・豊坂小児科医院/伊孑志4丁目/73・6708
・たんぽぽキッズクリニック/中州1丁目/74・3811
・難波医院/宝梅1丁目/71・0025
・広石医院/逆瀬台1丁目/72・6861
・和田内科/逆瀬台4丁目/73・8059

◆小林(医療機関名/所在地/電話番号)
・高松診療所/御所の前町/72・2585
・晃成会クリニック/光明町/73・7591
・古山小児科医院/末成町/71・3452
・内田医院/高司2丁目/73・5119
・良元診療所/大成町/71・7288
・田中クリニック/小林4丁目/71・3328
・かめだこどもクリニック/小林5丁目/78・2867
・かとうクリニック/千種2丁目/72・0051

◆仁川(医療機関名/所在地/電話番号)
・岸本医院/鹿塩2丁目/▲52・0210
・寺林医院/仁川北2丁目/▲56・1414
・川上診療所/仁川北3丁目/▲51・7341
・仁川診療所/仁川宮西町/▲51・1127

◆西谷(医療機関名/所在地/電話番号)
・近藤診療所/下佐曽利字欠/91・1119


******************************
きずなの家 サロンあいかつがオープン  [ID 1001159]
市民協働推進課(電話番号 77・2051 ファクス番号 77・2086)
******************************

温かい地域の居場所として、老いも若きも集える場所が「きずなの家」です。8月18日には、市内で7つ目のきずなの家“サロンあいかつ”が中山台地域のほぼ中央に位置する場所にオープンしました!高齢者から若者まで地域社会との関わりを深め、住民が気軽に集える場所です。お気軽にご利用ください。
場所:中山五月台2丁目11-1
運営:特定非営利活動法人生活支援の会あいかつ
利用時間:毎日 14時~17時
問い合わせ:電話番号 090-4292-9241


*********************************
平成27(2015)年度決算概要 一般会計の実質収支は5.9億円の黒字
財政課(電話番号 77・2022 ファクス番号 72・1419)
*********************************

平成27年度の行財政運営にあたって、歳入では市税が3年ぶりに減少するなど、引き続き慎重な対応を求められる状況となりました。一方、歳出においては「宝塚市行財政運営に関する指針」および「同アクションプラン」に基づく行財政改革の取り組みや入札差金の留保などの予算の執行管理を強化し、歳出の削減を図りました。この結果、平成27年度3月補正予算編成後において、財政調整基金を10.4億円取り崩す見込みでしたが、決算で4億円まで圧縮することができ、一般会計において実質収支が5.9億円の黒字となりました。

【決算の状況】
歳入=市税、市債、地方交付税等が減となった一方、地方消費税交付金の15.0億円増をはじめとして譲与税・交付金、国・県支出金等が増となり、全体として昨年度より17.2億円の増となりました。
歳出=借金の返済である公債費等が減となった一方、社会保障関連経費である扶助費の12.4億円増をはじめとして市立病院への貸付金や、特別会計への繰出金等が増となり、全体として昨年度より16.2億円の増となりました。

【財政指標などの状況】
▽地方債残高は普通会計ベースで736.7億円になり、昨年度より7.4億円の減(市民1人当たり31.5万円で0.3万円減)(表1参照)。
▽基金の残高が普通会計ベースで100.6億円になり、昨年度より8.4億円の減(市民1人当たり4.3万円で0.4万円減)(表2参照)。
▽地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく健全化判断比率(4指標※)は、実質赤字比率・連結実質赤字比率ともに黒字のためなし、実質公債費比率は昨年度より1.2ポイント改善し5.3パーセントに、将来負担比率も5.8ポイント改善して43.0パーセントとなり、いずれの比率においても法に定める基準以内で、現時点ではおおむね健全な状態です。

※4指標とは、次の比率を指します。
 (1)実質赤字比率:一般会計等の実質赤字の標準財政規模に対する比率
 (2)連結実質赤字比率:特別会計や市立病院、上下水道局の公営企業会計を加えた実質赤字等の標準財政規模に対する比率
 (3)実質公債費比率:一般会計などが負担する借金など返済額の標準財政規模に対する比率
 (4)将来負担比率:土地開発公社や市が損失補償を行っている出資法人などを含めた一般会計などが将来負担すべき実質的な負債の標準財政規模に対する比率

【表1】地方債残高の推移(普通会計)
・平成25年度/757.8億円
・平成26年度/744.1億円
・平成27年度/736.7億円

【表2】基金残高の推移(普通会計)
・平成25年度/120.3億円
・平成26年度/109.0億円
・平成27年度/100.6億円

【平成27(2015)年度 会計別決算】(単位:千円)
○一般会計
歳入:74,476,232
歳出:73,453,627
歳入歳出差引(a):1,022,605
翌年度へ繰越すべき財源(b):429,374
実質収支(a)-(b):593,231


○特別会計
・国民健康保険事業費
歳入:27,498,763
歳出:28,584,521
歳入歳出差引(a):△1,085,758
翌年度へ繰越すべき財源(b):ー
実質収支(a)-(b):△1,085,758

・国民健康保険診療施設費
歳入:115,981
歳出:115,981
歳入歳出差引(a):0
翌年度へ繰越すべき財源(b):ー
実質収支(a)-(b):0

・農業共済事業費
歳入:68,747
歳出:60,696
歳入歳出差引(a):8,051
翌年度へ繰越すべき財源(b):ー
実質収支(a)-(b):8,051

・介護保険事業費
歳入:17,501,150
歳出:17,073,371
歳入歳出差引(a):427,779
翌年度へ繰越すべき財源(b):ー
実質収支(a)-(b):427,779

・後期高齢者医療事業費
歳入:3,538,070
歳出:3,418,745
歳入歳出差引(a):119,325
翌年度へ繰越すべき財源(b):ー
実質収支(a)-(b):119,325

・財産区
歳入:116,597
歳出:81,978
歳入歳出差引(a):34,619
翌年度へ繰越すべき財源(b):ー
実質収支(a)-(b):34,619

・宝塚すみれ墓苑事業費
歳入:298,777
歳出:81,864
歳入歳出差引(a):216,913
翌年度へ繰越すべき財源(b):ー
実質収支(a)-(b):216,913

○合計
歳入:123,614,317
歳出:122,870,783
歳入歳出差引(a):743,534
翌年度へ繰越すべき財源(b):429,374
実質収支(a)-(b):314,160


*************************************
宝塚市立看護専門学校 ー平成29年度の生徒を募集しますー [ID 1000782]
看護専門学校(電話番号 84・0061 ファクス番号 84・1021)
*************************************

募集要項など資料は同校窓口に取りに来ていただくか、郵送でも請求いただけます。詳しくは看護専門学校ホームページをご覧ください。

〈試験種別/募集人数/試験日程/受付期間※いずれも当日消印有効〉
・推薦入学/15人程度/1次:11月11日(金曜日)学科 2次:12日(土曜日)面接/10月25日(火曜日)~11月1日(火曜日)
・社会人入学/若干名/11月11日(金曜日)学科・面接/10月25日(火曜日)~11月1日(火曜日)
・一般入学/25人程度/1次:来年1月5日(木曜日)学科 2次:6日(金曜日)面接/12月1日(木曜日)~15日(木曜日)

◎学校祭 10月7日(金曜日)・8日(土曜日)
模擬店やフリーマーケットのほか、オープンキャンパス(詳細はホームページへ)も同時開催します。


****************************
宝塚市職員募集 [ID 1001373]
人材育成課(電話番号 77・2149 ファクス番号 72・6032)
****************************

来年4月1日採用の市職員を募集します。未来の“宝”を創造できる熱意とアイデアを持った人材を求めています。

〈募集職種/募集人数/受験資格〉
○事務職(障がい者)/若干名/昭和57(1982)年4月2日以降に生まれ、高校を卒業した人(卒業見込みを含む・高校卒以上の学歴でも受験可)かつ身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳いずれかの交付を受けている人
○土木技術職/5人程度/・平成3(1991)年4月2日以降に生まれ、4年制大学、短期大学、高等専門学校で土木に関する専門課程を修めて卒業または卒業見込みの人
・昭和57(1982)年4月2日以降に生まれ、4年制大学、短期大学、高等専門学校で土木に関する専門課程を修めて卒業後、同一勤務先での連続した土木に関する職務経験が2年以上ある人

※詳細は募集要項に掲載しています。

試験日:10月30日(日曜日)
申し込み:10月3日(月曜日)~14日(金曜日)必着
募集要項は10月3日(月曜日)から人材育成課、市民相談課、各サービスセンター・ステーション、各市立公民館、各人権文化センター、中央図書館、男女共同参画センターで配布します。


**************************
多彩な就労支援であなたの“働く”を応援します
**************************
---------------------------------------------------
11月の就労支援パソコン講座 [ID 1017266]
勤労市民センター(電話番号 ファクス番号 77・2601)
---------------------------------------------------
〈内容/日時/定員(先着)〉
・ワード初級/(1)水曜(30日を除く)(2)日曜/各10人(最少催行人数3人)
・エクセル初級/(3)水曜(30日を除く)(4)日曜/各10人(最少催行人数3人)
・ワード中級/(5)木曜/各10人(最少催行人数3人)
・エクセル中級/(6)木曜/各10人(最少催行人数3人)
・パワーポイント入門/(7)12日(土曜日)/各10人(最少催行人数3人)
・イラストレーター入門/(8)19日(土曜日)/5人

時間:(1)(2)(5)=10時~13時、(3)(4)(6)=14時~17時、(7)(8)=10時~17時
場所:勤労市民センター
対象:市内在住・在勤で全日参加できる人
受講料:(1)~(6)=1講座6千円(全4回)、(7)(8)=1講座3千円※いずれも別途教材費が必要
申し込み:10月1日(土曜日)から同センターに電話・ファクスまたは窓口へ。

---------------------------------------------------------------
10月の宝塚地域若者サポートステーション講座 [ID 1017284]
宝塚地域若者サポートステーション
(電話番号 69・6305、日・月曜、祝日を除く ファクス番号 69・6315)
---------------------------------------------------------------
〈内容/日時/定員(先着)〉
・事務で役立つPC講座~エクセル編~(各全2回)/(1)8・15日(土曜日) 13時半~16時半(2)22・29日(土曜日) 13時半~16時半/各5人
・PCで応募書類を作ろう/13日(木曜日) 13時半~16時/5人
・プチ・コミュニケーション講座/14日(金曜日)13時半~15時/4人
・面接対策!1分間スピーチワークショップ/19日(水曜日) 13時半~15時半/8人
・Let's 事務作業/21日(金曜日)10時~正午/8人
・職場体験~清掃編~/25日(火曜日) 13時半~16時/8人
・つどいカフェ/26日(水曜日) 13時半~15時半/6人
・コミュニケーション講座/28日(金曜日)13時半~15時半/8人

※会場にはパソコンフリースペースを用意していますので、求人検索、応募書類作成などにご利用ください。※毎週木曜の午後には、「ヅカベジ農園」(農業体験)も開催しています。詳しくはお問い合わせください。※受講の際は宝塚地域若者サポートステーションへの登録が必要となります。

場所:宝塚地域若者サポートステーション、勤労市民センター
対象:15~39歳の求職中の人
申し込み:電話で同ステーションへ。
◎無料

----------------------------------------------------------------
雇用促進連絡協議会 設立25周年記念講演会を開催 [ID 1017321]
市雇用促進連絡協議会事務局
(電話番号 77・2071 ファクス番号 77・2171、商工勤労課内)
----------------------------------------------------------------
「ホンマでっかTV!」などで活躍する科学者 武田邦彦さんによる「科学者から見た少子高齢化時代の楽しい人生」と題した講演会を実施します。
日時:11月16日(水曜日)15時半~17時(15時開場)
場所:ソリオホール
定員:150人(申し込み多数の場合は抽選)
申し込み:はがきに代表者の郵便番号・住所・氏名・電話番号、参加者全員(1枚につき5人まで)の氏名を書いて、郵便番号 665・8665(住所不要)「市雇用促進連絡協議会事務局(市役所商工勤労課内)」へ。10月20日(木曜日)消印有効。
◎無料


**********************************
きらきら子育てメールの配信を開始します [ID 1017215]
子ども家庭支援センター(電話番号 85・3862 ファクス番号 85・3886)
**********************************

<FM宝塚83.5メガヘルツ>市職員が出演してご説明します。10月7日(金曜日)10時半~11時

10月1日から「きらきら子育てメール」の配信を開始します。お腹の赤ちゃんの成長の様子や、お子さんが生まれてからの育児について、登録いただいた出産予定日・お子さんの生年月日を元に情報をお届けします。対象は妊婦または3歳未満のお子さんの保護者とそのご家族です。登録は9月30日から、下記のアドレス宛てに空メールを送信してください。
妊娠期 takarazuka@reg.kizunamail.com
出産後 takarazuka_kosodate@reg.kizunamail.com
※「@kizunamail.com」のドメインが受信できる設定にしてください。

また、子育てメールマガジン「たからっ子メール」や子ども・子育て支援に特化したWebサイト「宝塚市ママフレ」も併せてご利用ください。

◆子育てメールマガジン「たからっ子メール」[ID 1000572]
18歳までのお子さんを持つ保護者を対象に、子ども家庭支援センターの講座や相談日、児童館の情報を発信しています。

◆子育て応援サイト「宝塚市ママフレ」[ID 1000568]
妊娠・出産・子育てに関する情報を分類し、欲しい情報が探しやすいようになっています。


**********************************
出かけてみませんか? 親子が集える場所 [ID 1000569]
子ども家庭支援センター(電話番号 85・3862 ファクス番号 85・3886)
**********************************

市では、子どもを地域社会全体で育て、支える仕組みづくりとして、就学前の子どもと保護者同士が広く交流できる場を提供している子育て支援グループ(下記のとおり)に、経費の一部を助成しています。各グループそれぞれに子育ての先輩スタッフがいますので、安心してお出かけください!! なお、実施日時など詳しくは、各グループに直接お問い合わせください。

〈グループ名/実施場所・住所/代表者(敬称略)/連絡先〉
・親子deアートサロン じょぷりん/仁川月見ガ丘2丁目/永井 眞理子/電話番号 0798・53・5475
・和みルーム/食文化研究所(美座2丁目)/後藤 佐和子/電話番号 070・5666・8058
・プチふぁみクラブ/南口自治会 望月ハウス(南口1丁目)/高島 都貴子/電話番号 87・0628(宝塚ふぁみりぃ劇場)
・コミュニティ末広子育て支援部/ドリーム末広(末広小学校内)/佐藤 克子/電話番号 71・4591
・結はぁと会/大成町/瀬川 善衣/電話番号 78・8833
・子育てサロン 青葉/センター会館(逆瀬台6丁目)/村田 敬子/電話番号 72・1652
・相互保育バンビハウス/社会福祉協議会ひまわりの家(鹿塩1丁目)/木村 愛美/電話番号 0798・53・7151(ふれあい鹿塩の家)


**********************************
宝同協 シンボルマーク・マスコットキャラクター募集!! [ID 1017322]
宝塚市人権・同和教育協議会事務局
(電話番号 77・2040 ファクス番号 71・1891、教育委員会学校教育課内)
**********************************

宝塚市人権・同和教育協議会では、私たちの日常生活や社会で、人権を大切にする気持ちや未来への希望を表現した作品を募集します。人権の大切さを表したシンボルマークや、愛や夢がにじみ出たマスコットキャラクターのデザインをご応募ください。
応募期間:10月3日(月曜日)~12月9日(金曜日)消印有効
応募資格:市内在住・在学・在勤の人
応募条件:未発表・未投稿の自作作品、1人につき1作品
応募方法:はがきまたははがき大の用紙に作品を描き、郵便番号・住所・氏名・電話番号・年齢を記載の上、郵便番号 665・8665(住所不要)「宝塚市人権・同和教育協議会事務局」(教育委員会学校教育課内)へ郵送または持参。
その他:入賞者には図書券を贈呈。審査結果は入賞者にのみお知らせします。


****************************
「届出避難所」「災害時協力井戸」を募集します
総合防災課(電話番号 77・2078 ファクス番号 77・2102)
****************************

地域防災力の向上のため、次の2つの制度を設けています。皆さんのご協力をお願いします。
(1)届出避難所の登録制度  [ID 1012511]
風水害時に一時的な避難場所を確保するため、住まいの身近にある自治会館等(公共施設を除く)を自主運営の「届出避難所」として登録いただく制度です。※土砂災害警戒区域外や浸水想定区域外など、災害の危険性がない会館等が対象。
(2)災害時協力井戸の登録制度  [ID 1012862]
民間所有の井戸を「災害時協力井戸」として登録し、災害時に近隣住民が生活用水として使用できる井戸水を提供いただく制度です。

 

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。