平成28(2016)年10月号 自動翻訳機能対応テキスト版(27面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1017462 更新日  2016年10月11日

印刷大きな文字で印刷

クローズアップたからづか(27面)

※市外局番の記載のないものは(0797)です。

【27面】

**********************************
クローズアップたからづか〈シリーズvol.4〉
【いのちをまもり きずながささえる たからづか】
本との出会いで心を豊かに ~学校図書館の取り組み~ [ID 1017627]
広報課(電話番号 77・2002 ファクス番号 74・6903)
**********************************

子どもたちの感性や表現力、想像力を育む読書。
市立小中特別支援学校には、全校に学校図書館(図書室)が設置されています。学校図書館では、子どもたちの心を豊かにし、自ら探求して学びの力を深める読書活動を支えるため、魅力的な図書館づくりを行っています。

◆充実の学校司書配置
市教育委員会では、学校司書を全市立小中学校に1人ずつ配置するとともに、司書チーフ3人が巡回して各学校の司書にアドバイスを行うなど、充実した図書館環境を提供しています。
学校司書は本の貸出・返却、図書館便りの発行、読み聞かせやブックトーク、本を選ぶ際のアドバイス(お勧め図書を選んだ「TAKARAっ子 にじいろライブラリー」など)、教員と連携した授業支援などを行っています。また、子どもたちが気軽に話ができる居場所づくりの役割も担っています。

◆図書ボランティアとの連携
市立小中学校では、子どもたちに本の魅力を知ってもらうため、総勢600人以上の図書ボランティアに、本の整理整頓や修理、季節のコーナーの設置や掲示活動など、学校司書と連携してさまざまな業務でご協力いただいています。

◆市立図書館のサポート
平成23年度には市立図書館司書と連携し、読書活動推進リーフレット「TAKARAっ子 家読(うちどく)のすすめ」を作成し、全市立幼稚園・小中特別支援学校の全家庭に配布しました。
また、授業などで大量に資料が必要な場合や学校で用意できない資料については、市立図書館の団体貸し出しを利用しています。


〈学校の図書室を訪問しました!!〉
◆小学校
「図書室は静かでたくさんの本を読めるから好き」「テレビよりも本が好き」「司書さんのお話が楽しみ」と安倉小学校2年生の皆さん。色とりどりの季節の飾りやぬいぐるみなど、子どもたちがわくわくして足を運びたくなるような安倉小学校の図書室。「図書の時間」には、司書による読み聞かせを聞いた後、畳スペースで本を読んだり、「朝の読書タイム」や家で読むための本を探したりしています。

◆中学校
毎日100人以上の生徒たちが足を運ぶ宝梅中学校の図書室は、休み時間になると、司書や図書ボランティア、図書委員が本の貸出・返却に大忙しです。昨年度から図書委員を中心に、休み時間や放課後を利用して、本の魅力を紹介し合う「ビブリオバトル」を実施しています。参加した生徒たちからは「本に対する熱い思いが伝えられた」「ビブリオバトルを通して本の交流ができるといいなと思う」と大好評でした。

 

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。