平成28(2016)年11月号 自動翻訳機能対応テキスト版(22面・23面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1017950 更新日  2016年11月14日

印刷大きな文字で印刷

市立病院だより(22面・23面)

※市外局番の記載のないものは(0797)です。

【22・23面】

市立病院のページ [ID 1004613]

*********************************
~市民の健康といのちを守ります~
市立病院だより
市立病院(電話番号 87・1161 ファクス番号 87・5624)
*********************************

===================================================
市立病院の今とこれから
~宝塚市病院事業管理者 妙中(たえなか)信之~
===================================================
◆今まで取り組んできたことは?
平成20年4月に病院事業管理者を拝命してから8年あまり、この間、医師を約40人増となる108人にまで増やし、スタッフの気持ちを高めるために医師の待遇改善、関連大学への訪問、市医師会や介護事業者などとの関係強化を図りました。また、専門看護師や認定看護師をはじめ、薬剤師や技師たちの認定化や専門化への支援などにも取り組みました。
一方で、施設・設備の充実にも力を入れ、血液浄化療法センター・緩和ケア病棟・消化器内視鏡センターを開設し、昨年度には救急医療センターも開設しました。そして、スタッフとのコミュニケーションを大切にして、彼らの前向きな要望はなるべく叶えるよう努力してきました。

◆最近のニュースは?
(1)救急車の受け入れが倍に
救急医療の充実に力を入れ、救急医療センターを開設した効果もあって、平成27年度の救急車受け入れ件数は4767件になりました。8年前が約2000件で、受け入れをお断りすることも多かったのに比べると大幅な改善です。断らない救急を目指してさらに努力していきます。
(2)最新のMRI装置を導入
最新の診断機能を持つ新しいMRI装置を導入して2台体制としました。予約待ちが1か月近くありましたが、現在はほぼ解消しています。
(3)平成30(2018)年に(仮称)がん治療センターを開設
病院前の駐輪場に、がん治療センターの建設を開始します。放射線治療装置を導入し、手術・がん化学療法やがんに関する相談機能も強化します。標準的かつ総合的ながん治療を行える病院になります。

◆平成27年度の決算
救急医療センターの運営が安定化した下半期から患者数が増加し、医業収入(入院・外来収益)が増加しましたが、人件費や診療材料費の増加もあって経常収支は1億2700万円の赤字となりました。しかし、昨年度と比べて赤字幅が2億1200万円の改善となりました。ちなみに、事業管理者を拝命した平成20年度の収支は大幅な赤字でしたが、平成22~25年度の4年間は黒字で経過していました。今年度は再び黒字化を目指して鋭意、努力しているところです。

◆今後に向け、どのように考えていますか?
平成29年度からの新たな病院改革プランを作成中です。少子高齢化社会に対応すべく地域包括ケアシステム(※)を整備していく中で、市立病院が地域に果たすべきさまざまな役割を追求するとともに、経常収支の恒常的な黒字化を目指すものにしたいと考えています。
※地域包括ケアシステム:高齢者が要介護状態になっても、可能な限り住み慣れた地域で生活できるよう(1)介護(2)予防(3)医療(4)生活支援サービス(5)住まいの5つを一体化して提供していくもの。

◎平成26・27年度の決算比較(単位:千円)
〈平成27年度/平成26年度/増減/前年比(パーセント)〉
・入院収益/6,379,228/5,879,487/499,741/108.5
・外来収益/2,938,295/2,682,566/255,729/109.5
・補助金/1,295,431/1,257,475/37,956/103.0
・他の収入/342,417/306,214/36,203/111.8
収益合計/10,955,371/10,125,742/829,629/108.2

・給与費/5,868,285/5,415,386/452,899/108.4
・材料費/2,167,269/1,968,279/198,990/110.1
・他の費用/3,047,020/3,081,448/△34,428/98.9
費用合計/11,082,574/10,465,113/617,461/105.9
経常利益/△127,203/△339,371/212,168

◎平成26・27年度 患者数の推移(単位:人)
〈平成27年度/平成26年度/増減/前年比(パーセント)〉
・延入院患者数/120,739/114,595/6,144/105.4
・延外来患者数/225,943/222,952/2,991/101.3


*********************
講座・ご案内
*********************

◆第20回 市民公開講座(申し込み不要)<無料/手話通訳・要約筆記あり>
日時:12月3日(土曜日) 14時~15時半(13時半 開場)
場所:ソリオホール(ソリオ1 3階)
テーマ:泌尿器科のはなし
(1)尿路結石のはなし 泌尿器科主任医長 福井 浩二
(2)女性の尿漏れのはなし 泌尿器科部長 相原 衣江
(3)前立腺がんのはなし 泌尿器科主任部長 古倉 浩次

◆健康測定・健康よろず相談(申し込み不要)<無料/先着60人>
当院看護師が、血圧の測定と健康に関する相談などを受け付けます。
日時:11月14日(月曜日) 13時半~15時
場所:市役所G階 警備防災センター横
内容:健康測定(血圧・血管年齢)

◆市立病院の得した気分!
毎月第2日曜 17時25分~45分 エフエム宝塚【83.5メガヘルツ】で放送中
当院の医師などが、専門分野からテーマを選び、知って得する、ためになる情報などを分かりやすくお届けします。
放送日:11月13日(日曜日)
テーマ:病院の決算報告について
※過去の放送を市立病院ホームページから聞くことができます。


*********************
お知らせ
*********************

◆整形外科から
月・金曜の外来診療は、紹介状のある方、予約済みの方のみ診療しています。

◆停電による救急外来の一時停止
受変電設備の点検に伴う停電により、救急外来を一時停止します。ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
停止期間:11月13日(日曜日) 7時~18時


**************************
いきいき健康 21世紀の健康づくり [ID 1013289]
市歯科医師会(電話番号 81・4050)
**************************
----------------------------------------------------
11月8日は『11(いい)8(歯)』の日
----------------------------------------------------
宝塚市では、毎年この時期に市歯科医師会が無料歯科健診や歯科相談事業、講演会などのイベントを実施しています。

◆いい歯の日 無料歯科健診・相談のお知らせ
日時:11月13日(日曜日)正午~15時
場所:中央図書館 2階ホール
内容:無料歯科健診・相談、往診相談、矯正相談、口腔衛生指導、各種測定テスト、口腔年齢診断、歯医者さんに変身コーナー、栄養指導、歯に良い食べ物の展示 ほか
定員:先着150人(申込不要)
費用:無料
その他:当日のお問い合わせは中央図書館(電話番号 84・6121)へ。11月12日(土曜日)には、13時~15時にお近くの会員歯科診療所で無料歯科健診・相談を実施します。診療所によっては10日(木曜日)・11日(金曜日)に実施する場合がありますので、事前に各診療所にお問い合わせください。

◆市民歯の健康講座
日時:11月19日(土曜日)14時~16時
場所:東公民館 ホール
内容:幼児期、学童期のお口で気をつけるべきこと
講師:市歯科医師会 枡田 秀行さん
費用:無料
申し込み:11月1日(火曜日)~18日(金曜日)に市歯科医師会事務局(電話番号 81・4050)へ要予約。
※一時保育あり(対象:6か月~就学前)、11月1日(火曜日)~9日(水曜日)に要予約。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。