平成28(2016)年12月号 自動翻訳機能対応テキスト版(24面・25面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1018173 更新日  2016年12月12日

印刷大きな文字で印刷

教育のページ(24面・25面)

※市外局番の記載のないものは(0797)です。

【24・25面】

教育のページ
教育委員会教育企画課(電話番号 77・2025 ファクス番号 71・1891)

******************
きらり あんな活動 こんな活動
******************

◆ボケたらツッコミを!〈光明小学校〉
10月6日、光明小学校の5・6年生が笑いの渦に包まれました。
この日、同校では劇作家の平田オリザさんを講師に招いて「演劇的手法を活用したワークショップ」が実施されました。
子どもたちは各班で話し合い、与えられた台本をアレンジして、見る人をいかにして楽しませるかを試行錯誤しました。初めは恥ずかしがってあまり台本に手を加えられなかった子どもたちですが、平田オリザさんからセリフ回しやボケ・ツッコミの大切さ、場面によっては言葉づかいを変えることも必要であると教えていただくと、一気に自由な発想が爆発!場面の設定や声の調子、話し方を工夫したり、伏線を上手に敷いたりと、最後には見事な「劇」を演じることができました。
決まった答えのない話し合いや、見る人を意識した台本作りなどの経験は、進級・進学後の学校生活でも生かされることでしょう。

◆ I'm happy today!〈すみれガ丘小学校〉
“Hello, LINDA! How are you?”
“I'm fine!”
これは、放課後のすみれガ丘小学校のある教室でのひと幕です。
すみれガ丘小学校で活動されている「たからづか学校応援団」の登録ボランティアの皆さんが、月に数回、同校で英語クラブを開催し、子どもたちが英語に慣れ親しむための取り組みを行っています。英語クラブでは、それぞれ「CHRIS」や「MARK」といった英語の名前の名札を付けて英語で会話をしたり、歌を歌ったりして楽しんでいます。この日はハロウィーンが近いこともあり、パーティーへの招待状作りやハロウィーンにちなんだ英単語のクイズをして楽しいひと時を過ごしました。子どもたちは少し照れくさそうにしながらも、知っている英単語を使ってコミュニケーションを取ろうと一生懸命に取り組んでいました。

◆体育の日事業・市民体育レクリエーション大会を開催しました〈教育委員会スポーツ振興課〉
10月29日、スポーツセンター多目的グラウンドにおいて、市民体育レクリエーション大会を開催しました。このイベントは、スポーツを通じた市民の交流を図ることを目的として、平成15年度に中止になって以来初めて開催したものです。競技種目はみんなが楽しめるものばかりで、子どもから高齢者まで約千人が集い、一緒に汗を流しました。
イベント当日は、宝塚市大使である間寛平さんがよしもとの若手芸人14人の皆さんと駆けつけ、開会式では「アメマ~!」と選手宣誓をしてくれました。また、パン食い競走やリレーに参加されたほか、進行から応援に至るまで携わり、大いに盛り上げてくれました。
今大会では昔ながらの玉入れや大玉転がしのほか、じゃんけん騎馬戦といった珍しい種目が行われました。じゃんけん騎馬戦とは、騎馬は組まずにエリア内を歩き回り、互いにじゃんけんを行い、勝った人はその場に残り、負けた人は自陣に戻るという生き残りを競う種目です。参加者は初めての種目に戸惑いながらも、プレーするにつれてどんどん盛り上がっていきました。会場は参加者の熱気に包まれ、観客席からの応援にも力が入っていました。
参加した人も観戦した人も、スポーツを満喫した一日となったことでしょう。


************************************
あなたの「宝塚」を「本」にして図書館に「みんなのたからづかマチ文庫」
[ID 1013101]
西図書館(電話番号 77・1222 ファクス番号 77・2199)
************************************

あなたの「宝塚」への思いを込めた1冊を、図書館で所蔵・公開し、次代に伝えていくプロジェクト「みんなのたからづかマチ文庫」。個人の視点で切り取った「宝塚」のまちの魅力や歴史、まちへの思いなどを1冊の本にまとめ、図書館の蔵書として未来へ伝えていきます。昨年度はバラエティーに富んだ27冊の作品が集まり、中央図書館と西図書館で閲覧できます(一部を除き貸し出しもできます)。
図書館では「たからづかマチ文庫」をより広く知ってもらい、プロジェクトに参加していただけるよう、いろいろなイベントを開催しています。10月は「たからづかマチ文庫」の先輩格で全国のクリエイターが作る「マチオモイ帖」370点を展示する「わたしのマチオモイ帖展 in 宝塚2016」と、2つの関連イベントを開催しました。12月以降も「マチ文庫をつくるための講座」第4回(広報たからづか12月号35面参照)、第5回を開催、また「宝塚学検定」とのコラボレーション企画も予定しています。市民一人ひとりの手で作りあげていく「みんなのたからづかマチ文庫」。多くの皆さんの参加をお待ちしています。
※「みんなのたからづかマチ文庫」募集要項等については各図書館で配布しているほか、図書館ホームページでも公開しています。

 

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。