平成29(2017)年1月号 自動翻訳機能対応テキスト版(26面・27面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1018487 更新日  2017年1月11日

印刷大きな文字で印刷

教育のページ(26面・27面)

※市外局番の記載のないものは(0797)です。

【26~27面】

教育のページ
教育委員会教育企画課(電話番号 77・2025 ファクス番号 71・1891)

********************************
たからづか学校応援団 [ID 1001368]
教育委員会社会教育課(電話番号 77・2029 ファクス番号 71・1891)
********************************

「たからづか学校応援団」(宝塚市学校支援地域本部事業)は、学校・地域・家庭が一体となって地域ぐるみで子どもを育てることを目的に、平成20(2008)年度に設立されました。「できることを できるときに できることから」を合言葉に、市内小中学校32校でボランティア活動を行っています。
本の読み語りや登下校の見守り、田植え、稲刈り・サツマイモ収穫などの農業体験指導補助のほか、ミシン補助、行事補助、草引きや清掃をはじめとした環境整備など、学校からの依頼に基づき、さまざまな場面で活躍中です。
活動しているボランティアの皆さんからは「学校以外でも子どもたちが声をかけてくれてうれしい!」「子どもを通して保護者や地域の人とのつながりが生まれた」などの声が寄せられています。
「たからづか学校応援団」では、ボランティアを募集しています。ご協力いただける場合は、教育委員会社会教育課で配布している登録申込書(市ホームページからもダウンロード可)に必要事項を記入の上、郵便またはファクスで同課へ提出してください。

【「たからづか学校応援団ボランティア研修会」を開催】
実際に活動されているボランティアの皆さんや、学校関係者との交流を目的とした研修会を2月に開催します。毎年テーマを変えながら、意見交換会を行っています。詳しくは、広報たからづか2月号に掲載予定です。


********************************
第9回 学校給食展 [ID 1018110]
教育委員会学校給食課(電話番号 77・2039 ファクス番号 71・1891)
********************************

宝塚市の給食を知ろう -子どもたちの豊かな未来のために- ~見直そう、食と未来と私たち~

半世紀以上にわたり、子どもたちの健やかな成長と共に歩んできた宝塚市の学校給食。安全安心とおいしさにこだわった学校給食と、子どもたちへの食育を紹介します。
日時:1月21日(土曜日)10時~15時
場所:東公民館
内容:
『給食の試食』(11時半~13時、先着200人)※10時から2階の学校給食展受け付けで整理券を配布
子どもたちが実際に食べている給食を試食してみませんか? 今回は、地産地消給食として、西谷産の米や野菜をはじめ、兵庫県産、国内産食材を使用した和食献立が試食できます。給食調理員の心のこもった手作りの味をお楽しみください。
試食献立(予定)…ごはん・ひじきふりかけ・けんちん汁・たからづか西谷太ねぎと牛肉の甘辛煮・大学いも
『みそ汁の塩分濃度飲みくらべ体験』※なくなり次第終了
3種類の塩分濃度で作ったみそ汁を飲み比べてみましょう。塩分濃度の違いを感じてみてください。
『スタンプラリー』
クイズあり、体験ありの楽しいラリーにチャレンジしてみましょう。全問正解者には、学校給食調理員が西谷地区で育てた「サツマイモ」をプレゼント(数に限りがあります)!
・はてなボックス:カードの写真を見て、何の食べ物かを当ててみよう!カードをはてなボックスに入れると、食べ物の名前が分かるよ。
・野菜計量体験:実物の野菜を使った野菜計量体験!1日に必要とされる350g分の野菜はどのくらいの量になるのかな。


****************
きらり あんな活動 こんな活動
****************

◆うんとこしょ、どっこいしょ〈良元幼稚園〉
10月26日、秋空の下、良元幼稚園の子どもたちが地域の畑を借りて落花生掘りに挑戦しました。
落花生の実る過程や掘り方についての説明を受けたら、畝(うね)に移動していよいよ落花生掘りの時間です。「うんとこしょ、どっこいしょ」のかけ声とともに力いっぱい房を掘り出すと、たくさんのさやが付いているのを見た子どもたちからは「うわ~!」「大きい!」との大歓声。その後も虫やカエルといった、たくさんの生き物との思いがけない出会いをしながら、袋いっぱいに落花生を収穫することができました。
最後はお世話になった地域やPTAの皆さんに大きな声でお礼を言って、収穫した落花生をどうやって食べようか考えながら元気に帰っていきました。

◆地域を彩るコンテナガーデン〈長尾中学校〉
11月22日、長尾中学校1年生が、地域で園芸業を営む人の指導のもと、草花の寄せ植えを行いました。この取り組みは、生徒が校区の特色の一つである園芸に親しみ、ふるさとを実感できるようにと、毎年実施しているものです。
生徒たちはグループごとに協力しながら、草花のレイアウトを考えます。植えたときの草花の高さをそろえることが重要だと教わった生徒たちは、見た目も美しく、草花が育ちやすいコンテナ作りを目指して試行錯誤の末、講師の先生から「合格!」の評価をもらって喜んでいました。
この日に作ったコンテナガーデンを、中学校とのさらなる絆づくりとして校区内の保育所や幼稚園、小学校へ後日持参するとともに、成長した自分たちの姿を見てもらいました。

◆新しいこと、やってみよう!〈宝塚第一中学校〉
11月26日、宝塚第一中学校の生徒たちは、普段授業を受けている教室や特別教室で、普段の授業とはひと味違った講座を受講しました。
この日に宝塚第一中学校で実施された「文化教室」は、同校の特色ある教育の一つとして長年続いており、生徒たちが受講する講座では、地域の人を中心に講師となっていただいています。
当日は、和太鼓や水墨画、沖縄エイサーなどといった文化・芸能に触れる講座や、アナウンスやバルーンアートなどのような一風変わった講座をはじめとする全31講座が開講され、それぞれの教室が熱気に包まれました。
地域の皆さんとのふれあいの中で、新しいことに挑戦した生徒たちの表情はいきいきとしており、今後も新しいことに積極的に取り組んでくれることでしょう。

 

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。