平成29(2017)年2月号 自動翻訳機能対応テキスト版(2面から5面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1019665 更新日  2017年2月6日

印刷大きな文字で印刷

特集(2面から5面)

※市外局番の記載のないものは(0797)です。


【2~5面】

**********************************
<特集>おいしさの秘密を大公開!~宝塚市のおいしい学校給食~
**********************************

温かいものは温かく、冷たいものは冷たく。

料理レシピサイト「クックパッド」でも好評の宝塚市の学校給食。全ての小・中・特別支援学校で手作りする自校調理場方式により、常に出来立ての給食を食べることができます。しかし、おいしさの秘密はそれだけではありません。どうして宝塚市の学校給食はおいしいのか、その秘密に迫ります。

◎いつも出来立て!自校調理場方式
宝塚市内全ての小・中・特別支援学校37校において、自校調理場方式で給食を提供しています。自校調理場方式とは、各学校に整備された調理場で各学校の生徒分の給食を調理して提供するもので、給食センター方式と比べると輸送にかかる時間が短くなるため、常に出来立ての給食を食べることができます。また、小学校4校を除く全ての学校に炊飯設備を導入しているため、炊き立てのご飯を食べることができます。「温かいものは温かく、冷たいものは冷たく」食べられることがおいしさの秘密の1つです。

◎地元産の食材を生かす地産地消給食
年に6、7回実施する「地産地消給食」の日は、西谷産の野菜や兵庫県産の食材を中心に調理しています。また、地産地消給食の日だけでなく、週3日のご飯は兵庫県産のお米を使用しています。
地産地消給食で使用する食材は、おいしく栄養も豊富です。また、食べ物に関心を持ついい機会となり、地元への愛着を育むことにもつながります。

---------------------------------------------------------------
おいしさの秘密を大公開! ~給食調理現場を密着取材~
〈今日の献立〉冬の地産地消給食
・米飯 ・牛乳 ・すきやき ・さばと大根のサラダ
---------------------------------------------------------------
昨年12月7日、宝塚中学校で実際に給食の調理工程を見学させてもらいました。学校給食の調理工程とともに、そのおいしさの秘密を探ります。
この日は地産地消給食で、献立のメインはすきやき。食材の1つ、甘くてやわらかい「たからづか西谷太ねぎ」はすきやきとの相性がぴったりです。また、サラダの大根も西谷産で、とてもみずみずしく、お米も宝塚市産の新米キヌヒカリを使います。

◎食材の確認
朝は調理服に着替えて手洗い・消毒をした後、その日に使う食材が届くので、数量や種類などが正しいかチェックします。この日は玉ねぎやにんじん、春菊、ゆずなどたくさんの食材が搬入されました。

〈秘密1〉手切りで食材本来の味を
ほとんどの野菜は水洗いからカットまで全て丁寧に手作業で行っています。機械によるカットでは出せない食材本来の味を引き出すことができます。
熟練の調理員によって均等なサイズに切られるため、サイズのばらつきはほとんどありません。

〈秘密2〉工夫して手間暇かける
サラダの大根と和えるさばを丁寧に手でほぐしたり、ドレッシングも手作りして児童・生徒たちにおいしく食べてもらえるよう工夫しています。ドレッシング以外にも、カレーのルウなども調理場で手作りしているそうです!

〈秘密3〉ご飯も炊き立てを
おかずを出来立てで提供するのはもちろん、ご飯も炊き立てで提供できるのがおいしさの秘密の1つです。自校調理場方式でも炊飯のみ民間事業者に委託している市町村もありますが、宝塚市では小学校4校を除くすべての市立学校で自校炊飯ができるため、給食の時間に合わせて炊き上げられたご飯を食べることができます。

〈秘密4〉混ぜ方にもひと工夫
この日は500食分のすきやきを2つの釜で調理します。牛肉を炒めたら、にんじんなど火が通りにくいものを入れていきます。牛肉から出るあくを取りつつ、焦げないように常に手を動かしています。しかし、豆腐を加えてからは、具材が煮崩れしないようにそっと混ぜます。とても重たいですが、おいしくなるよう献立や食材に応じて混ぜ方も変えて仕上げていきます。

◎出来上がり
調理員たちで味見をして味を調えた後、給食開始時間の約20分前に全ての調理が完了しました。

◆実食レポート◆
見た目は色とりどりで太ねぎがとろとろ、甘めに味付けされた牛肉と白菜の香りに食欲がそそられます!味はもちろん絶品。野菜の甘みがたっぷりで野菜だけでもご飯が進みます。
サラダはさばのうまみがしっかり、そしてゆずの風味でさっぱり!いくらでも食べられそうでしたが、時間がなくておかわりできませんでした(笑)。

------------------------------------------------------
私たちが食育の先生!宝塚市の学校給食を支える人たち
------------------------------------------------------
【中西 健二さん JA兵庫六甲 学校給食部会長】
○新鮮野菜のおいしさを
「子どもたちに新鮮な野菜のおいしさを知ってほしい」と話すのは、西谷で農業を営む中西健二さん。平成17年から農業を始め、平成21年に独立。そして平成25年から学校給食として使われる太ねぎや大根を供給しています。また、市内の学校で行われる食育の授業で、年に数回ゲストティーチャーとして参加しています。
「地産地消給食を通して、宝塚にも農業があることを知り、食べることに興味を持ついい機会になればうれしい」と学校給食に込めた思いも語ってくれました。
特産品である「たからづか西谷太ねぎ」などは市内のスーパーなどで買うことができますので、ぜひ西谷の野菜を味わってください。

【塚本 宏子さん 宝塚中学校 栄養教諭/仲 恵美子さん 宝塚中学校 給食調理員 作業長】
○安全でおいしい学校給食
「出来立てでおいしい給食はもちろんですが、安全・安心でしっかりした栄養のものを提供するということは、生徒の心身の成長にもつながります」と話す塚本さんと仲さん。おいしさと安全を両立させ、時間内に仕上げるには、調理員同士、調理員と栄養教諭のチームワークが欠かせません。
○卒業する3年生のために
3年生にとって、大人気の揚げパンが出る最後の給食では、お楽しみを用意しています。揚げパンが最もおいしい揚げたてを食べられるように、3年生の分は特に揚げる時間を調整しています。「とても手間暇がかかるので普段は難しいのですが、3年生にとって思い出になるように、最高の揚げパンを準備しています」と語ってくれました。

【小倉 秀治(しゅうじ)さん 長尾南小学校 給食調理員 作業長/劇団「からっぽ大作戦」座長】
<FM宝塚83.5メガヘルツ>小倉さんが出演してお話しします。2月7日(火曜日)16時~16時15分
○元気いっぱいに育ちますように
「これは給食調理員みんなの願いです」と語るのは20年以上給食調理員として勤める小倉秀治さん。「元気のためにはしっかりと食べることが一番。しっかり食べることは自分を大切にすることでもあるので、食べることが大好きな人になってほしいですね。」
小倉さんは、給食の時間に食に関するお話をするなどして給食調理員も食育の先生ということを心掛けています。「子どもたちのために、私たちにできる食育を実践していきたいです」とも語ってくれました。
○食育劇で残量ゼロ!
劇団「からっぽ大作戦」は、市の給食調理員が手作りの食育劇を企画・公演する団体です。子どもたちに好き嫌いなく何でも食べられるようになってほしいという思いから誕生し、平成24年1月に第1作を披露してからこれまでに第8作まで制作し、計25回公演してきました。
「子どもたちの歓声が沸き上がるときはもちろん、公演後にもらう手紙がとてもうれしいです。特に、公演した学校から給食の残量が減ったという報告をいただくのは本当にうれしいですね」と食育劇のやりがいを語ってくれました。

【岡田 敬子さん 長尾南小学校 栄養教諭】
○給食は食育の教材
おいしくて栄養満点の学校給食は、子どもたちの健やかな成長を支えることはもちろん、学校給食法で「教育の一環」として位置づけられています。旬の食材や伝統的な食材を取り入れることで、日本の四季の移り変わりや文化・歴史などを伝えることができるように考えています。
「給食の献立を通して、健康的な食習慣を身に付けてほしいですね。食べることはいのちをいただくことでもあります。子どもたちには毎日の食事の中で、食べ物のいのちや食べ物に関わっているすべての人たちに感謝しつつ、おいしく楽しく食べられる人になってほしいと願っています」と話してくれました。
また、「健康に過ごすための食事について考え、環境問題や農業・漁業など社会の営みにも関心を持ち、行動していける人になってほしい」と子どもたちに向けて語ってくれました。

-----------------------------------------------
小学生・中学生からのお手紙
給食に関わっている人への感謝でいっぱいです
-----------------------------------------------
◎宝塚中学校3年生
いつもおいしい給食を作ってくれてありがとうございました。給食がきっかけで、苦手だったものが食べられるようになったりしました。好きなものが出たときはうれしかったり、いろいろ楽しめました。
◎末成小学校6年生
毎日、友だちと笑顔で食べています。いつも給食の時間が楽しみです。本当にありがとうございます。これからもおいしい給食を作ってください。
◎仁川小学校1年生
にんじんの型をとってくれたり、バランスのいいメニューでおいしかったです。一番楽しい時間でした。ぼくは小学校に入ってから一度も給食を残したことがないし、毎日おかわりしています。とてもおいしいです。
◎宝塚中学校3年生
給食のおかげで嫌いな物が食べられるようになりました! 新しいメニューとかもあって、毎日、給食の時間が楽しみでした! これからもバランスのいい食事をしていきたいです!

教育委員会学校給食課(電話番号 77・2039 ファクス番号 71・1891)

 

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。