令和2(2020)年5月号 自動翻訳機能対応テキスト版(2面から4面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1037763 更新日  2020年6月1日

印刷大きな文字で印刷

特集(2面から4面)

【2~4面】

**************************************************

新型コロナウイルス感染症 ~正しく恐れる~

**************************************************

全国各地で流行している新型コロナウイルス感染症は、私たち一人ひとりが、正しい対策を講じることで、感染拡大を防ぐことにつながります。また、以下の4つの取り組みを各自徹底することに加え、バランスのとれた食事や適度な運動、休養、睡眠などで免疫力を高めることなど、感染予防に努めることが大切です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

緊急事態宣言について

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4月7日、国が兵庫県を含む7都府県に緊急事態宣言を発出したこと受け、本市は「たからづか市新型コロナウイルス感染症対策本部」を立ち上げ、さらなる感染拡大の防止に努めています。引き続き市民の皆さまには、国、県、市から発信する情報を基に、最低7割、極力8割の接触制限を実現するため不要不急の外出を控え、生活必需品などの買い占めを行わないなど、冷静かつ適切な対応にご協力をお願いします。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

兵庫県より

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

感染拡大の防止には、「人と人との接触機会を減らすこと」が重要です。市民の皆さんには「外出自粛」について、また、事業者の皆さんには、遊興施設、劇場、商業施設等の「休業」についてご協力をお願いします。

防災監から市民の皆さんへ

県では、国やたからづか市とも連携し、感染拡大の防止に全力で取り組んでいます。感染封じ込めには皆さんのご協力が欠かせません。一人ひとりが責任を持って行動することが、大切な人の命を守ることに繋がります。この危機にともに立ち向かっていきましょう。

話=早金孝さん(兵庫県防災監)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

感染症対策へのご協力をお願いします

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.石けんやアルコール消毒液などによる手洗い

2.正しくマスクを着用する

3.人混みを避ける

4.十分な睡眠をとる

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3つの密を避けましょう!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新型コロナウイルスへの対策として、クラスター(集団)の発生を防止することが大切です。日頃の生活の中で、3つの「密」が重ならないよう工夫しましょう。

(1)換気の悪い密閉空間

(2)多数が集まる密集場所

(3)間近で会話や発声をする密接場面

3つの条件がそろう場所がクラスター(集団)発生のリスクが高い!

**************************************************

新型コロナウイルス感染症 ~正しく恐れる~

子どもと家庭の新型コロナウイルスQ&A

**************************************************

Q1.子どもたちの生活リズムを崩さないためには?

A1.大人も不安な気持ちがあって、互いにストレスをためがちなので、家庭内での過ごし方を親子で話し合いましょう。新しい生活スケジュールのアイデアを互いに出し合い、子どもに家庭を助けてもらうことが規則正しい生活につながります。

Q2.新型コロナウイルスに関する情報をどのように伝えたら?

A2.予防方法や関連する出来事について、その発信者を確認して、専門家の正しい情報に目を向けましょう。情報は、年齢に応じた形で伝えましょう。幼い子どもは、親から話してあげるだけで十分です。

Q3.大人や子どもが相談できる場所はありますか?

A3.下記相談窓口にご相談ください。

・教育総合センター相談窓口 (電話番号87-1718 ファクス番号85-2282、平日9時~17時半)

・子ども家庭なんでも相談 (電話番号77-9111、平日9時~17時半)

・ハッピートークたからづかごてんやまひかりの家 (電話番号86-4532、24時間受付)

・子どもの悩み相談(子どもの権利サポート委員会)(電話番号0120-931-170、祝日を除く平日13時~19時、土曜、第1・3火曜10時~17時)

・青少年何でもダイヤル

青少年のいろいろな悩みの相談など(電話番号84-0937、平日9時~17時)

・悩みの電話番号相談(子ども専用)(電話番号84-0947、24時間)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

落ち着いて行動を

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

休校園や外出自粛要請によって、子どもたちはいつもよりストレスを感じています。子どものストレスにどう対応したらよいか悩んでいる保護者も多いと思います。今は大人も、生活の変化や経済的不安など、ストレスを抱えやすい状況にあります。子どもは、大人がどのようにストレスに対応しているかということを通して、ストレスへの対処法を学んでいきます。子どもが感じている不安や心配な気持ちは、安心・安全な環境の中で表現されます。子どもにとって安心・安全な環境とは、周りに頼れる大人がいることです。まず、私たち大人が、正しい情報や予防知識を得て、落ち着くことが大切です。

子どもは、いつもよりわがままで赤ちゃん返りをするかもしれませんが、そういった行動で、ストレスを表現していることがよくあります。その行動を叱るのではなく、我慢をしているからなのだという視点を持って、寄り添い子どもの声を聴いてあげてください。

話=広部博美さん(教育支援課相談員 臨床心理士)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

岡崎慎司選手から子どもたちへ 今こそ、前向きに行動を

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

たからづか市の子どもたちの皆さん。SDウエスカ(ラ・リーガ2部)の岡崎慎司です。皆さん、手洗いうがいや人との接触に気を付けていますか。今、世界中が新型コロナウイルス感染症の影響によって、たくさんの被害が出ています。これは皆さんにとっても決して人ごとではありません。なので、感染予防は徹底してください。皆さんは自宅での自粛がしばらく続くと思います。その中でも自分は何ができるかを考えて行動してほしいと思います。必ずこの経験が、自分の今後に生きると思いますし、前向きに行動してほしいと思います。日記をつけたり、トレーニングしたり、親のお手伝いをしたり、考えればできることがたくさんあると思うので、今言ったようなことを参考にしてみてください。みんなでこの状況を乗り越えよう!

岡崎慎司選手(34)

宝塚市出身SDウエスカ所属。小学2年からたからづかジュニアフットボールクラブ(JFC)でサッカーを始め、滝川第二高校卒業後、プロ入り。にほん代表では歴代3位の通算50得点。平成22(2010)年8月23日にかたらづか市特別賞を受賞。

**************************************************

今、できることを

**************************************************

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

感染予防 動画で学ぼう

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新型コロナウイルス感染拡大の影響で多くの学校園が臨時休業となり、家で過ごすことが多くなった子どもたちのために、市の学校給食調理員による「劇団からっぽ大作戦」が製作した、感染予防の役に立つ動画を公開しています。第一弾は「手洗い」。茶色のニット帽と衣装を着たキャラクター「たまねぎ

さん」と銀色ヘアの「ごはんちゃん」に扮した2人の劇団員が登場し、正しい手洗い方法を公開しています。動画はYouTubeのサイトで「劇団からっぽ大作戦」と検索すると視聴ができます。

学校給食課(電話番号77-2039 ファクス番号71-1891)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

家族の声

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

市内在住の辻本さんご家族

手洗いうがいを徹底したり、スーパーへの買い物も週に1、2回程度にするなど不要不急な外出をしないように努めています。また、子どもたちには、長い学校の休みの間、家での生活が不規則にならないように、「ママペイ」という家庭内通貨を使って、「勉強をしたら50ペイ」、「ご飯を残さず食べたら10ペイ」などペイを稼ぎ、そのペイを使ってお菓子をもらったり、ゲームができるなど、自分で考えて行動するようにさせています。学校が再開するまでに、いい習慣が身につけばいいなと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

電話番号相談窓口はこちら

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新型コロナウイルスの感染が疑われる場合は、帰国者・接触者相談センターへご連絡ください。

帰国者・接触者相談センターに相談する目安

△風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。

△強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

※重症化しやすい高齢者や基礎疾患がある人に加えて、念のため妊婦さんは、こうした状態が2日程度続いたら相談してください。

[新型コロナウイルス感染症の相談窓口]

○兵庫県コールセンター(24時間受付)

電話番号078-362-9980

ファクス番号078-362-9874

○厚生労働省 電話番号0120-565653

(9時~21時、土・日曜、祝日含む)

[帰国者・接触者相談センター]

○宝塚健康福祉事務所

電話番号62-7304(平日9時~17時半)

※休日および夜間(17時半~翌9時)は、

兵庫県コールセンター(電話番号078-362-9980)へ。

[その他、緊急事態措置に関するご相談]

○兵庫県緊急事態措置コールセンター

電話番号078-362-9921

(平日9時~18時、土・日曜、祝日除く)

※医療機関を受診する際は、マスクを着用するほか、咳エチケットや手洗いの徹底をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。