令和2(2020)年5月号 自動翻訳機能対応テキスト版(22面から23面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1037769 更新日  2020年6月1日

印刷大きな文字で印刷

市立病院だより(22面から23面)

【22~23面】

*************************************

〜市民の健康といのちを守ります〜

市立病院だより

*************************************

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

~患者さんと病院をつなぎます~

地域医療連携部 患者総合相談室長 古沢弘美

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【古沢弘美】

兵庫医科大学病院での勤務を経て、昭和59(1984)年4月のたからづか市立病院開設から勤務して37年目を迎える。市立病院では看護副部長職で認定看護管理者の資格認定を取得。平成24(2012)年4月に地域医療連携部が新設され、地域医療室主幹に就任。平成26(2014)年4月に患者総合相談室が設置され、室長として就任。同年、医療の対話推進者養成研修修了。メンタル心理カウンセラー、シニアピアカウンセラーの資格を取得し、医療・看護相談業務に当たっている。

【Q.1患者総合相談室の役割とは】

市立病院では、患者さんやご家族からの病気に関する医学的な質問や、生活や療養上の不安の相談、よろず相談も含め、さまざまな相談をお受けしています。どこに相談すれば良いかわからない、誰に聞いたらいいかわからないことがあればご相談ください。

わたしたちが受けた相談で、より専門的な対応が必要だと判断した場合、例えば介護保険や医療制度などの利用に関する質問や相談は医療福祉相談(医療ソーシャルワーカー)へ、治療内容に関する質問や相談は医療安全対策へ、医療費に関する質問や相談は医事係へなど、適切な担当部署と連携しています。

患者総合相談室では、患者さんと医療者を仲介する医療対話推進者として、中立の立場で患者さんやご家族を支援しています。

【Q.2相談はどのようにすればいいですか?】

まずは、「患者総合相談室」へ電話番号してください。また、市立病院内の総合案内・患者総合相談コーナーでの対応や、面談が必要な場合は面談室にて対応します。

●面談や電話番号による相談の受け付け(予約不要、料金無料)

電話番号お問い合わせ 87-1161(代表)月曜~金曜 8時半~16時

【Q.3最後に一言お願いします】

わたしたちは、患者さんの相談に対して、耳を傾け、患者さんの身になって考え、患者さんに寄り添うことを心がけています。

また、ご高齢の人や障碍のある人に優しい病院でありたいと考えています。

相談者やご家族が不利益を受けることはありません。守秘義務を厳守し、プライバシーの保護に留意します。

ぜひ安心してご相談ください。

市立病院(電話番号87-1161 ファクス番号87-5624) ID1004613

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

講座・ご案内いずれも無料、申し込み不要

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

●第34回市民公開講座

 

下記の通り、開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、延期します。

実施時期は未定です。

[日時] 6月27日㈯14時~15時30分(13時半開場)

[場所] ソリオホール(ソリオ1の3階)

[テーマ] 消化器内視鏡検査について

(1)「痛くない内視鏡検査」

消化器内視鏡センター

看護主任 柏木紀子

(2)「経口内視鏡を用いた検査と治療」

消化器内科 主任医長 石井昭生

(3)「大腸内視鏡を用いた検査と治療」

消化器内科 部長 奥山俊介

手話通訳・要約筆記あり

 

●「たからづかタウンガイド」の「市立病院の得した気分!」

毎月第2土曜17時20分~40分

エフエム宝塚【83.5メガヘルツ】で放送中

当院の医師などが、専門分野からテーマを選び、知って得する、ためになる情報などを分かりやすくお届けします。

[放送日] 5月9日(土曜日) 17時20分~40分

[再放送] 5月10日(日曜日)18時~18時半

[テーマ] 患者総合相談室について

(患者総合相談室長 古沢弘美)

 

【お知らせ】医師事務作業補助者を募集しています。

医師が患者さんの診療に専念できるよう、医師の仕事を支援してくださる人を探しています。パソコン操作に慣れて

いる人、事務処理能力に長けている人、病院勤務の経験のある人、貢献意欲の高い人、資格は問いません。

詳しくは、市立病院看護部まで。

市立病院看護部(電話番号87-1161)

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

イキイキ健康 21世紀の健康づくり

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

歯周病と誤嚥性肺炎にご注意を! ID1037406

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

感染症予防のためには、身体を清潔に保ち、免疫力を低下させないことが大切です。特に、お口を清潔に保つことはとても重要です。成人の8割がかかっていると言われる歯周病は、年齢が上がるに従って症状が進行した人が増えています。

歯周病は、歯垢(プラーク)中の細菌による感染症です。歯周病菌は、誤嚥性肺炎※を引き起こす原因の1つであり、その予防のためには、歯周病のコントロールが重要になります。日ごろから、丁寧な歯磨きと歯間部の清掃を心がけましょう。また、歯科医院での専門的クリーニング(プロフェッショナルケア)で口腔の健康を保ちましょう!

◆歯の汚れの40%は「歯と歯の間」です!

フロスや歯間ブラシを正しく使って、きれいにお手入れしましょう!

フロスを歯と歯の間に入れ、根元から歯垢を掻かき出すイメージで動かします。

歯と歯の間にあったサイズの歯間ブラシを選び、ブラシの先端から前後にゆっくりと動かします。

※誤嚥性肺炎…誤嚥とは、唾液や食べものが誤って気管に入ってしまうことをいいます。通常は、気管に食べ物が入ると、むせることで異物を外に出そうとしますが、加齢や疾病などで、むせやせきなどの反射機能が衰えると、唾液や食べものと一緒に細菌が肺に入り込み、誤嚥性肺炎が引き起こされます。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年実施している『歯の無料健診・相談事業』は中止します。

健康センター(電話番号86-0056 ファクス番号83-2421)

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。