令和3(2021)年4月号 自動翻訳機能対応テキスト版(2面から5面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1042175 更新日  2021年5月17日

印刷大きな文字で印刷

特集(2面から5面)


【2面~3面】


================================================
まちづくりは私たちが主役です!
================================================
市民協働推進課(電話番号 77・2051 ファクス番号 77・2086)

<FM宝塚83.5メガヘルツ>市職員と地域の人が出演してご説明します。
4月26日(月曜日)10時半〜11時
(再)4月30日(金曜日)19時半〜20時

-----------------------------------------------------------------------------------
あなたの「気づき」がまちづくりの第一歩!
-----------------------------------------------------------------------------------
日常生活の中で困ったことや「こうすれば宝塚市はもっと住みやすくなるのに」と思ったことはありませんか?そのような「気づき」や思いは、まちづくりのきっかけになります。
近年、市民ニーズの多様化により、行政だけではさまざまなニーズをくみ取り、応えることが困難になっています。しかし、自治会やまちづくり協議会、市民活動団体などによる地域活動や社会貢献の意欲を持つ団体の増加に伴い、市と市民が共に公共の課題解決に取り組む事例が増えてきました。

●一人ではできなくてもみんなとなら!
「気づき」が生まれたら身近な誰かに話してみましょう。お住まいの地域の自治会に相談してみるのもいいでしょう。一人ではできないことも、さまざまな人が集まり、知恵や経験を共有することで実現できるかもしれません。

みんなで一緒に取り組むまちづくりを推進していくため、「宝塚市協働のまちづくり推進条例」を4月1日から施行するよ!

宝塚市みんなのまちづくり協議会公式マスコットキャラクター「まちキョン」


-----------------------------------------------------------------------------------
花屋敷つつじガ丘自治会
-----------------------------------------------------------------------------------
コロナ禍の今だからこそ地域のつながりを大切にしたい

花屋敷つつじガ丘自治会 会長 長榮(ながえ) 浩一(ひろかず)さんまちは住民が自らつくっていくものです。「後世に引き継いでいける魅力的なまちを残すこと」に微力ながら貢献したいです。

●つながりを持つ機会を
当地域は、急坂が多いものの都市部へのアクセスが良く、自然が残る環境で豊かな暮らしができる住宅地です。しかし、職住分離や生活の多様化で住民同士が顔を合わせる機会が少なくなっています。コロナ禍の影響で外出機会が減り、住民同士がつながりを持つことは今まで以上に困難になりました。
●共助が大切
阪神・淡路大震災で救助された人のうち、近隣住民により救助された人は約8割でした。より良い生活環境を築くためには、行政サービスに頼るだけではなく地域の共助がとても重要です。災害だけではなく、困った時にお互いが支え合うことのできる関係づくりが大切になってきます。
●助け合いのまちに
当自治会では、世代に関わらず地域の皆さんが交流できるようイベントや活動を行っています。日常的な交流を深めることで日頃から顔を合わせればあいさつし、困っていれば助け合う「やさしいまち」を目指していきます。

-----------------------------------------------------------------------------------
宝塚にしたに里山ラボ
-----------------------------------------------------------------------------------
西谷の魅力を多くの人に知ってもらいたい!

宝塚にしたに里山ラボ代表 龍見(たつみ)奈津子(なつこ)さん
市北部の西谷地域は、南部市街地から車で約30 分の所にある自然豊かな里山です。高齢化や人口減少の問題に直面しており、地域活性化のためにラボを設立。食育や自然あそびなどの季節のイベントを開催しています。

西谷の新鮮野菜を使った「レシピノート」も発行しています!

●活動をはじめたきっかけ
子どもの頃は、西谷は何もない田舎であまり好きではありませんでしたが、大人になり都会や海外に出てさまざまな世界を知る中で、改めて西谷の良さに気づき、多くの人に知ってもらいたいと思うようになりました。
●西谷を知ってもらうために
子どもから大人まで自然と触れ合えて楽しめるさまざまなイベントを開催しています。2月には、「西谷森の光のサーカス」という夜に楽しめるイベントを企画しました。毎回、市内外の多くの人に参加していただき、リピーターも増えてきています。
●今後の目標
たくさんの人に西谷を知ってもらい、定期的に訪れ消費してもらうことで、地域で人・コト・物が循環するようにしていきたいです。また、ここに来たことで西谷の他の場所にも興味を持ち、行ってみたいと思ってもらえたらうれしいです。西谷と市街地は物理的距離は少し離れているけれど、心の距離がもっと近くなれるよう活動を続けていきます。


================================================
私たちの地域のこれから
================================================
-----------------------------------------------------------------------------------
地域ごとのまちづくり計画
-----------------------------------------------------------------------------------
まちづくり協議会(以下、まち協)では、住民自らが地域の現状や課題、ニーズを踏まえ、「地域(まち)の将来像」やそれに基づく「基本目標」「具体的な取り組み」などを「地域ごとのまちづくり計画」としてとりまとめています。市はこの計画を、本市が目指す将来のまちの姿である「総合計画」の基本構想を実現するための計画として位置づけています。
地域の様子の変化などから、平成29年から計画の見直しを始め、昨年3月に新しく見直した計画が完成しました。ここではその一部をご紹介します。

-----------------------------------------------------------------------------------
宝塚第一小学校区まちづくり協議会
住民が住み続けたいまちづくり~持続可能なまちをめざして~
-----------------------------------------------------------------------------------
宝塚第一小学校区まち協
広報委員長 西林(にしばやし)陽子(ようこ)さん
会長 中谷(なかたに)修(おさむ)さん

●地域の特色
宝塚第一小学校区は、武庫川河川敷を含む起伏のある地形に約2万人が暮らしています。この地区は特に災害時の避難や福祉に力を入れています。市外から引っ越して来る人が多く、地域のことを知らない人も増えていますが、災害時は情報共有と住民同士の協力が必要不可欠なので、自治会に加入して情報を取得する、普段から近所で顔の見える関係を作っておくなど、地域のつながりを持つことを大切にしています。
●住民アンケート
地域の特色を知り、地域の人に話を聞くことでまちの問題点が見えてきます。前回の計画では、校区の全住民にアンケートを行い、さまざまな意見を集めました。今回は過去のデータを生かしつつ、新たに小学5年生へのアンケート調査と中学生との座談会を開催し、子どもたちの地域に貢献したいという思いを積極的に取り入れました。
●前回の反省を生かして
計画は作って終わりではなく、確実に実行してこそ意味があります。今回は市と共に進捗管理をしながら着実に計画を進めていきます。また、特に力を入れたい部分を重点課題とし、後任に引き継がれた後も私たちの思いが途切れないように工夫しました。
●一人ひとりが未来を変える
地域ごとのまちづくり計画は、「人とのつながり」を通して作られたものです。寄せられたさまざまな意見は、普段からの友好的な関係から生まれたものだと思っています。普段からあいさつをする、子どもを見守る、地域の人と顔見知りになるなど、実はささいに思えることが一番大切なのです。皆で一緒に、住み続けたいまちを作っていきましょう。
●自治会とは?
あなたの一番身近な地域の集まりです。安全・安心に暮らせるまちづくりに向けて、子どもや高齢者の見守り活動、季節に合わせた行事や快適な環境づくりなどさまざまな活動を行っています。市内には現在約280(令和3年3月1日現在)の自治会があります。加入の手続きは、地域の自治会にお問い合わせください。
●まちづくり協議会とは?
地域課題の解決のために、自治会を「中核」として地域のさまざまな人や団体が連携するためのつながりの場です。市内には、おおむね小学校区ごとに20のまち協があります。

 

================================================
対話で進めるまちづくり
================================================
まち協では、行政をはじめ自治会や地域で活動するさまざまな団体に参加を呼びかけ、計画の見直しに向けた話し合いを重ねました。地域の現状、課題およびニーズを把握するために、広く地域の皆さんの意見や思いを聴くためのアンケートの実施や意見交換会など、それぞれの地域で工夫を凝らした取り組みが行われました。

●同じ目的に向かって
“都会過ぎず、田舎過ぎず”2018年度光ガ丘中学校生徒会から出た言葉。他にも、小学生、事業者、各種団体を含む地域の皆さんから出された多様な意見や思い、地域の課題。これらをギュッと凝縮してでき上がったのが今回の計画です。ぜひお住まいの地域のまちづくり計画をご覧いただき、一緒にまちづくりに関わってみませんか?

市民交流部きずなづくり室
室長 藤本宜則

================================================
「宝塚市協働のまちづくり推進条例」が施行されます!
================================================
-----------------------------------------------------------------------------------
「宝塚市協働のまちづくり推進条例」とは
-----------------------------------------------------------------------------------
市民と市の協働のまちづくりを推進し、個性豊かで活力に満ちた地域社会をつくっていくための条例です。(令和3年4月1日施行)

◎条例のポイント
・“協働”を円滑に進めるうえで、守るべきルールである「協働の原則」を定めています。(第3条)
・ 市が自治会、まちづくり協議会、市民活動団体等と連携してまちづくりを推進していくことや、市がこれら組織・団体等のまちづくりの活動を支援することについて定めています。(第4条)
・「まちづくり協議会とは何か」を明確にするため、まちづくり協議会の基本的な事項について定めています。(第5条から第9条)

また、一人でも多くの人に条例を身近に感じていただくためのリーフレットを作成しました。4月1日から市役所市民協働推進課、各サービスセンター・サービスステーション等で配布しますので、ぜひご覧ください(市ホームページからダウンロード可)。

条例のリーフレットができました!

●まち協について知りたい!
自分の地域のまち協はどんな活動をしているのだろうと思ったら、「宝塚市みんなのまちづくり協議会ポータルサイト」をご覧ください。各まち協の活動の様子など最新情報をブログで紹介しています。
●他の事例も知りたい!
本誌3面で紹介したような、市民の気づきや思いから生まれたさまざまなまちづくりの活動事例が満載の冊子を作りました。

子どもたちから寄せられた意見を参考に、まちキョンのLINEスタンプやシール、ぬりえが完成したよ!詳しくはポータルサイト「まちキョンの部屋」を見てね!

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 市長室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。