令和3(2021)年6月号 自動翻訳機能対応テキスト版(24面から25面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1042720 更新日  2021年6月17日

印刷大きな文字で印刷

市立病院だより(24面から25面)

【24~25面】

市立病院のページ [ID 1004613]
市立病院(電話番号 87・1161 ファクス番号 87・5624)

*****************************
尿路結石センターが発足
尿路結石治療はどう変わる?
泌尿器科部長 福井 浩二(ふくいこうじ)
*****************************
 兵庫医科大学病院で研修後、明和病院や西宮市立中央病院などでの勤務を経て平成28(2016)年に宝塚市立病院へ赴任。令和3(2021)年4月尿路結石センターを立ち上げ、同センター長に就任。日本泌尿器科学会認定指導医・専門医、日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本内視鏡外科学会腹腔鏡技術認定医(泌尿器領域)、日本がん治療認定医機構がん治療認定医。

……………………………………………………
Q1.尿路結石とはなんですか?
……………………………………………………
 尿の流れる場所に結石(尿の中に含まれる成分が結晶化したもの)ができた状態を言います。結石ができる部位によって、腎結石、尿管結石、膀胱(ぼうこう)結石と呼ばれています。症状は尿に血が混ざったり、腎結石や尿管結石の場合は移動する時に激痛を伴ったりすることがあります。そのため、救急車で来院される人もしばしばみられます。
 尿路結石の患者数は平成17(2005)年までの40年間で約3倍に増加しており、男性は7人に1人、女性は15人に1人の割合で一生に一度は尿路結石にかかるとされています。皆さんの周りにも尿路結石を経験された人がいるのではないでしょうか。
 また、尿路結石は非常に再発しやすい病気で、患者さんの2人に1人は5年以内に再発すると言われています。
……………………………………………………
Q2.どのような治療法がありますか?
……………………………………………………
 小さな尿路結石であれば、飲み薬で自然に結石を出す治療をします。自然に出ない結石は、現在では体外衝撃波砕石術(たいがいしょうげきはさいせきじゅつ)(ESWL)、経尿道的尿路砕石術(けいにょうどうてきにょうろさいせきじゅつ)(TUL、f-TUL)、経皮的腎砕石術(けいひてきじんさいせきじゅつ)(PNL)など、従来の開腹手術に比べ体への負担が少ない治療が行われています。
 結石の部位、大きさ、硬さ、生活背景など総合的に判断し、最適な治療法を提案しています。
<教えて先生>
●体外衝撃波砕石術(ESWL)とは?
 その名の通り、体の外から衝撃波を当てて結石を砕く方法で、外来通院による治療ができるため、忙しくて入院ができない人でも治療が可能です。
●経尿道的尿路砕石術(TUL、f-TUL)とは?
 尿道から細い内視鏡を挿入し、レーザーで結石を砕いて回収する方法で、入院期間は4、5日間です。当院では、昨年127症例の実績があります。
……………………………………………………
Q3.尿路結石センターでは今までの治療と変わりますか?
……………………………………………………
 体外衝撃波砕石術の機器を更新し、今年3月から稼働しました。従来のレントゲンだけでなく、超音波を用いて結石に焦点を合わせることにより、放射線被ばくを少なくし、確実な治療効果を得ることができます。これにより、つらい痛みを伴う尿路結石の早期治療が可能となりました。
 また、放射線技師と協力し、CT撮影での結石成分の推定や3D画像、結石体積測定など治療への応用を行う予定です。
 さらに、治療だけではなく再発予防にも力を入れるため、検査技師が結石の成分の確認や尿検査の実施、薬剤師が内服薬のチェック、再発しやすい患者さんには栄養士が栄養指導を行います。こうした院内の連携体制の充実によって診断から治療、予防までを一貫して行えるようになりました。
 尿路結石を予防するバランスのとれた食事や適度な運動、規則正しい生活は、メタボリックシンドロームの予防にもつながるので継続して取り組むことが大切です。
……………………………………………………
Q4.最後にひとことお願いします
……………………………………………………
 尿路結石でお困りの際には、当院の「尿路結石センター」をぜひ思い出してください。かかりつけ医を受診の上、当院泌尿器科へお越しください。

………………………………
講座・ご案内
………………………………
●市民公開講座
 次回の市民公開講座はオンライン会議システムZoomを使用してライブ配信します。ぜひご視聴ください。
[日時]6月26日(土曜日)14時~15時半
[テーマ]乳腺疾患のおはなし
座長:市立病院 乳腺外科部長    西野 雅行(にしのまさゆき)
講師:むらせ乳腺外科クリニック 院長    村瀬 慶子(むらせけいこ)
    「乳がん検診の大切さとクリニックの役割」
   市立病院 乳腺外科主任医長    柳井 亜矢子(やないあやこ)
    「乳がんの最新治療」
[参加方法]以下のいずれかの方法でご参加ください。
・右記の二次元バーコードを読み取り
・Zoomのアプリを起動後IDとパスコードを入力
ID:961 3875 1508
パスコード:320180
●糖尿病教室のご案内
 新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、糖尿病教室は開催を中止します。今後の開催については、決まり次第、広報たからづかや市立病院ホームページでお知らせします。
[各講座などの最新の開催状況は市立病院ホームページなどでご確認ください。]
●「たからづかタウンガイド」の「市立病院の得した気分!」
毎月第2土曜 17時20分~50分
エフエム宝塚【83.5メガヘルツ】で放送中
 市立病院の医師などが、専門分野からテーマを選び、知って得する、ためになる情報などをわかりやすくお届けします。
[放送日時]6月12日(土曜日)17時20分~50分
[再放送]6月13日(日曜日)18時~18時半
[テーマ]「尿路結石センターについて」
     泌尿器科部長 福井 浩二
●がんサロン「セキレイ」<先着6人>
 新型コロナウイルス感染症の影響で中止していた、がんサロン「セキレイ」をオンライン会議システムZoomを使用して開催します。
[日時]6月16日(水曜日)15時~15時40分
[対象]がん治療中または療養中の人(当院を受診していない人も参加可能です)
[申し込み]6月7日(月曜日)17時までに下記の二次元バーコードを読み取りお申し込みください。
がん診療支援センター(電話番号87・1161)

*******************************
イキイキ健康 21世紀の健康づくり 
市ホームページに
【健康情報まとめページ】を開設しました [ID 1041127]
健康センター(電話番号 86・0056 ファクス番号 83・2421)
*******************************
…………………………………………………
ちょいす健活TAKARAZUKAって?
…………………………………………………
 それは「自分が選ぶ健康活動」。
 日々の生活の中で、自分自身が少しの工夫や勇気をもって健康づくりにつながる活動(健康活動=健活)を選んでもらいたいとの思いを込めました。
 市ホームページに、皆さんの健康づくりに役立つ健康情報をまとめた「ちょいす健活TAKARAZUKA」【健康情報まとめページ】を開設し、生活習慣病を予防するための運動や食事などの情報を公開しています。健康づくりのヒントとして毎日の生活に役立ててください。

[宝塚市×武庫川女子大学]
包括連携協定により運動動画を作成しました
 武庫川女子大学運動科学研究所監修のもと自宅でできる運動のポイントをわかりやすく解説した動画を作成しました。

どんな動画?
◦ラジオ体操  ◦基本のウォーキング  ◦初級~上級エクササイズ
体力に合わせて活用してください!

[お知らせ] ID 1041311
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、広報たからづか5月号でお知らせした6月7日(月曜日)の「歯の無料健診と相談」は中止します
 

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 市長室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。