令和3(2021)年10月号 自動翻訳機能対応テキスト版(24面から25面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1043774 更新日  2021年10月26日

印刷大きな文字で印刷

市立病院だより(24面から25面)

【24~25面】

市立病院のページ [ID 1004613]
市立病院(電話番号 87・1161 ファクス番号 87・5624)

*****************************
他人事ではない“痔(じ)"の話
外科医 岡空達夫(おかそらたつお)
*****************************
 昭和23(1948)年鳥取県境港市生まれ。昭和48(1973)年大阪大学医学部卒業。大阪大学附属病院外科で研修後、兵庫医科大学第1外科に入局、小児外科および消化器・一般外科医として修練を積む。その間、叔父の営む肛門科診療所に非常勤医として従事。平成5(1993)年から吹田市で診療所を開設し、20年以上に渡り肛門科医を務める。昨年3月から当院で主に肛門疾患に対する診療および後進の指導を行っている。
 日本大腸肛門病学会特別会員(元専門医・指導医・評議員・理事)。

……………………………………………………
Q.1 市立病院を受診される肛門疾患の患者さんはどのような人が多いですか
……………………………………………………
 入院して肛門疾患を治療する近隣の医療機関が少ないためか、当院を受診する肛門疾患患者さんは、手術後に再発したケースなど、非典型的な病状の人が比較的多いです。当院では肛門外科専従の医師を中心に、外科医全員で診察、手術を行っています。
……………………………………………………
Q.2 肛門の病気について教えて下さい
……………………………………………………
 肛門の病気を「痔(じ)」と言います。痔には主に3種類あり、それぞれ全く別の病気です。まず、「いぼ痔」といわれる痔核(じかく)、次に「きれ痔」と呼ばれる裂肛(れっこう)、そして「あな痔」と呼ばれる痔瘻(じろう)です。このうち最も多いのがいぼ痔で、若者から高齢者まで男女を問わず発症します。
……………………………………………………
Q.3 いぼ痔について教えてください
……………………………………………………
 口から続く消化管の出口に位置する肛門は、内側と外側が肛門クッションと呼ばれる静脈の塊(かたまり)で囲まれています。排便時に息むと静脈に血液が集まりやんわりと膨らんでクッションの役割を果たしています。
 ところが、便秘で強く息まなければ排便できない人や、トイレで長く座る習慣の人などは、たくさんの血液が集まり静脈が大きく膨らんでたまってしまいます(うっ血)。うっ血は、座り仕事、力仕事、飲酒、香辛料の多い食事をした時や、妊娠・出産時に起きることがあります。うっ血が慢性的に起きると静脈の壁が徐々に薄く伸びて元のように収縮しなくなります。
 いぼ痔は、排便で息(いき)むたびに壁の薄くなった静脈に血液が充満して、肛門の内側で膨らんだり、肛門から出てしまうことを言います(内痔核(なじかく)・脱肛(だっこう))。
……………………………………………………
Q.4 いぼ痔の治療にはどんな方法がありますか?
……………………………………………………
 症状の進行度により、内痔核を1度から4度に分類して治療の参考とします。脱肛の初期は自然に肛門の中に納まりますが(2度)、その都度押し込まないと戻らなくなり強く痛むことがあります(3度)。出血して便が赤くなることもあります。出血が続くと貧血になるので早期に治療が必要です。
 治療はまず、血流の改善を促す坐薬あるいは注入軟膏などのお薬を使った治療から開始します。便秘の人は便秘治療や排便習慣の改善も行います。改善が見られない人には手術が必要となります。
……………………………………………………
Q.5 手術について教えてください
……………………………………………………
 いぼ痔の手術は、メスを使う手術(痔核根治手術)とメスを使わない手術(痔核硬化療法)があります。従来は、脱肛が進行した場合は痔核根治手術しかありませんでした。この方法は手術後出血のリスクがあるため安静が必要で、強い痛みで苦しむ人が多いために、「痔の手術は痛い」というイメージが定着していました。
 ところが、ジオン注®という注射剤が発売されました。この注射剤は進行したいぼ痔の人にも優れた効果があります。ジオン注®を用いた痔核硬化療法は、手術後の痛みがなく、出血などのリスクが少ないので、痔の手術は痛いと思って悩んでいた患者さんに広く普及しました。当院では肛門周囲の局所麻酔で1泊2日の入院で手術を受けていただけます。
……………………………………………………
Q.6 最後に一言お願いします
……………………………………………………
 排便時の出血や脱肛などの症状でお悩みの人は、ぜひ、かかりつけ医または当院にご相談ください。受診の際は紹介状をお持ちの上、当院にお越しいただければと思います。

*****************************
講座・ご案内
*****************************
● 市民公開講座
 次回の市民公開講座は、オンライン会議システムZoomを使用してライブ配信にて行います。
[日時]10月23日(土曜日)14時~15時半
[テーマ]脳卒中診療
[講師]「脳卒中の予防と治療」
    脳神経外科 主任医長 兼 リハビリテーション科主任医長 松川東俊(まつかわひでとし) ほか
    「テーマ未定」※決まり次第、市立病院ホームページでお知らせします。
    救急医療センター看護師 宮本彩(みやもとあや)
[参加方法]・Zoomアプリを起動後IDとパスコードを入力
      ID:896 4325 0213
      パスコード:033695

● 「たからづかタウンガイド」の「市立病院の得した気分!」
毎月第2土曜 17時20分~50分
エフエム宝塚【83.5メガヘルツ】で放送中
 市立病院の医師などが、専門分野からテーマを選び、知って得する、ためになる情報などをわかりやすくお届けします。
[放送日]10月9日(土曜日)17時20分~17時50分
[再放送]10月10日(日曜日)18時~18時半
[テーマ]他人事ではない“痔"の話
[出演]外科医 岡空 達夫
     外科部長 濵田 哲宏
● 医療ソーシャルワーカー(既卒・正規職員)を募集します [ID 1004613]
[対象]昭和56(1981)年4月2日以降に生まれ、社会福祉士の資格を有する者
[募集人数]若干名
[試験日]11月13日(土曜日)
[採用時期]来年4月1日
[申し込み]市立病院で配布する応募書類(市立病院ホームページからもダウンロード可)に必要事項を記入の上、同病院へ提出。11月5日(金曜日)必着。

*******************************
イキイキ健康 21世紀の健康づくり
検診費用が無料に!
無料クーポン券をご活用ください [ID 1000610・1000611]
健康センター(電話番号86・0056 ファクス番号83・2421)
*******************************
 子宮頸(けい)がん検診(紫色)・乳がん検診(橙色)・肝炎ウイルス検診(緑色)の無料クーポン券を、6月下旬に対象者(下表参照)に配布しています。検診費用が無料となるこの機会にぜひご利用ください。
 紛失された場合は、再発行ができますので、お問い合わせください。
○令和2年度対象の人へ
 令和2年度に配布した子宮頸(けい)がん・乳がん・肝炎ウイルス検診の無料クーポン券、胃がんリスク検診の受診券を利用していない人は、有効期限が過ぎていても、令和3年度に限り継続して利用できます。有効期限延長の手続きは必要ありませんので、ご希望の人は今年度中に受診してください。

【子宮頸(けい)がん検診】※女性のみ対象(有効期限:来年3月7日)
<年齢/生年月日>
30歳/平成2 (1990)年4月2日〜平成3 (1991)年4月1日
35歳/昭和60(1985)年4月2日〜昭和61(1986)年4月1日

【乳がん検診】※女性のみ対象(有効期限:来年3月7日)
<年齢/生年月日>
40歳/昭和55(1980)年4月2日〜昭和56(1981)年4月1日
45歳/昭和50(1975)年4月2日〜昭和51(1976)年4月1日
50歳/昭和45(1970)年4月2日〜昭和46(1971)年4月1日
55歳/昭和40(1965)年4月2日〜昭和41(1966)年4月1日

【肝炎ウイルス検診】※過去に肝炎ウイルス検診を未受診の人のみ対象
(有効期限:来年2月28日)
<年齢/生年月日>
40歳/昭和55(1980)年4月2日〜昭和56(1981)年4月1日
45歳/昭和50(1975)年4月2日〜昭和51(1976)年4月1日
50歳/昭和45(1970)年4月2日〜昭和46(1971)年4月1日
55歳/昭和40(1965)年4月2日〜昭和41(1966)年4月1日
60歳/昭和35(1960)年4月2日〜昭和36(1961)年4月1日
65歳/昭和30(1955)年4月2日〜昭和31(1956)年4月1日

※年齢は令和3年4月1日時点
……………………………………………………
市の検診は無料クーポン券がなくても、対象年齢に該当する場合は、低料金または無料で受診できます。詳しくは、広報たからづか35面へ。
……………………………………………………

……………………………………………………
高齢者等インフルエンザ定期予防接種を実施します [ID 1004788]
……………………………………………………
 市内の実施医療機関で、自己負担1,500円で1回のみ受けることができます。市外の実施医療機関で接種する場合は、事前に手続きが必要です。
[実施期間]10月1日(金曜日)~来年1月31日(月曜日)
[対象者]満65歳以上で、接種を希望する人など
 
……………………………………………………
季節性インフルエンザの任意予防接種が始まります [ID 1004788]
……………………………………………………
 妊婦、基礎疾患を有する人、子どもやその家族の方などは接種をご検討ください。
 なお、接種費用や接種の申し込みは直接実施医療機関へお問い合わせください。
[実施期間]10月1日(金曜日)~来年1月31日(月曜日)
[対象者]高齢者以外で接種を希望する人
 

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 市長室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。