令和4(2022)年2月号 自動翻訳機能対応テキスト版(23面)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1045120 更新日  2022年2月22日

印刷大きな文字で印刷

上下水道だより(23面)

【23面】

************************************
 上下水道だより
 上下水道局お客さまセンター(電話番号 73・3988 ファクス番号 73・6288)
 電話番号・ファクス番号は、間違いのないようお願いします。
************************************

=============================================
令和2(2020)年度決算 下水道事業の経営状況 [ID 1001711]
上下水道局経営企画課(電話番号77・2104 ファクス番号72・5381)
=============================================
[事業収益 41億9,280万円]
 ・下水道使用料 20億6,639万円
 ・他会計負担金および補助金 14億1,896万円
 ・長期前受金戻入 7億40万円
 ・その他 705万円
[事業費用 39億5,313万円]
 ・人件費 1億7,794万円
 ・維持管理費など 12億9,816万円(うち流域下水道維持管理 負担金7億5,875万円)
 ・減価償却費 21億1,934万円
 ・支払利息 3億5,769万円
 ・純利益(黒字) 2億3,967万円
◎収益的収支(税抜)/下水道施設の維持管理などの経営に関する経費

[資本的収入 10億4,451万円]
 ・企業債(借入金) 8億4,580万円
 ・他会計負担金 1億5,140万円
 ・国庫補助金 4,187万円
 ・その他 544万円
 ・不足額 20億6,793万円不足額は内部留保資金で補填(ほてん)
[資本的支出 31億1,244万円]
 ・建設改良費 5億9,244万円
 ・企業債償還金 25億2,000万円
◎資本的収支(税込)/下水道管や施設の建設、財務活動に関する経費

……………………………………………………
純利益は2億3,967万円で黒字決算
……………………………………………………
 令和2年度は、下水道事業においても水道事業と同様に、新型コロナウイルス感染症により影響を受けた市民生活を支援するため、4か月分の基本使用料2億1,946万円の減免を行いました。これにより事業収益は、前年度に比べ2億1,947万円(5.0パーセント)減少し41億9,280万円となりました。しかし、事業費用も支払利息の減少などにより前年度に比べ4,849万円(1.2パーセント)減少し39億5,313万円となったため、純利益は2億3,967万円の黒字となりました。
……………………………………………………
資金的には水道事業からの借入金でやりくりする非常に厳しい状況
……………………………………………………
 一見すると、下水道事業の経営状況は広報たからづか12月号でお知らせした赤字の水道事業より良く見えますが、企業債償還金が1年間で約25億円と多額であることなどから資金的には非常に厳しい状況です。このため、営業運転資金として令和2年度も水道事業から3億円を借り入れています。これによって、令和2年度末における水道事業からの借入金の累計は6億7,000万円となり、下水道事業の資金残高2億5,723万円を大きく上回りました。令和3(2021)年度予算においてもさらに3億円の借り入れを予定しており、水道事業からの借入金で資金不足に対応する状況が当面続く見込みです。
……………………………………………………
老朽化への計画的対応
……………………………………………………
 本市の下水道事業は、整備事業開始から50年が経過し、施設の老朽化が進んでいます。令和3年度に施設の管理を効果的・効率的に行うためにストックマネジメント計画※を策定しました。令和4(2022)年度以降、従来の修繕費用に加えてストックマネジメント計画による更新費用が発生します。短期的には費用が増加することになりますが、長期的には費用の減少が見込めます。
※長期的な視点で下水道施設全体の老朽化の進展状況を考慮し、
 優先順位付けを行った上で、施設の点検・調査、修繕などを実施する計画。

=============================================
朝一番などの水道水は飲み水以外に使いましょう [ID 5000366]
上下水道局浄水課(水質検査室)(電話番号83・6940 ファクス番号83・6941)
=============================================
 水道水は給水管に滞留すると消毒に使用している塩素が少なくなります。
 朝一番の水を使用するときや長期間家を空けた後、最初に水道水を使用するときは、念のためバケツ一杯程度の水道水をトイレや洗濯などの飲用以外の用途でお使いください。

======================================
 水道水フッ素およびその化合物検査結果 [ID 1028021]
 上下水道局 浄水課(水質検査室)(電話番号 83・6940 ファクス番号 83・6941)
======================================
いずれも水質基準を満たしており、安全です。
〈採水場所/系統:採水月日(12月1日)〉
すみれガ丘/惣川浄水場:0.14
ゆずり葉台/惣川浄水場(生瀬経由):0.14
長尾台/小浜浄水場(川面経由):0.21
安倉中/小浜浄水場:0.25
東洋町/阪神水道:0.08
中山桜台/小浜・県営水道:0.17
大原野/小浜・県営水道:0.17
武庫山/惣川・阪神水道:0.13

※単位=ミリグラム/リットル、厚生労働省の水質基準は0.8ミリグラム/リットル以下
※市北部(西谷地域)は、小浜・県営水道系統です。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 市長室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。