宝塚市子ども条例の一部を改正する条例(案)の制定に対するパブリック・コメントの結果公表について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1039723 更新日  2021年4月30日

印刷大きな文字で印刷

パブリック・コメントの結果を公表します

令和3年1月4日(月曜日)から2月3日(水曜日)まで、宝塚市子ども条例の一部を改正する条例(案)の制定のため、市民の皆さまのご意見を反映することを目的として、パブリック・コメント(意見募集)を実施しました。
このたびは貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。寄せられた意見とそれに対する市の考え方を公表します。

パブリック・コメントの実施結果

1 意見提出者数 1人

2 提出意見数 3件

3 意見の内容と市の考え方及び見直し結果
(1)条例案に反映した意見 0件
(2)条例案に反映しなかった意見 3件
(3)その他 0件
  詳細は、別紙「宝塚市子ども条例の一部を改正する条例(案)に対するパブリック・コメント
   手続に基づく意見募集の結果一覧表」のとおり

4 パブリック・コメント手続以外での修正内容 5件
  詳細は、別紙「宝塚市子ども条例の一部を改正する条例(案)に対するパブリック・コメント
   手続以外での修正内容一覧表」のとおり

パブリック・コメント実施結果の公表場所および期間

1 公表場所
  市子ども政策課、市民相談課、各サービスセンター・サービスステーション、大型児童センター
 及び各地域児童館・子ども館等で公表します。

2 公表期間
  令和3年5月1日(土曜日)から5月31日(月曜日)まで

パブリック・コメントの実施内容は以下のとおりです。(募集期間は終了しました。)

パブリック・コメントを実施します

 宝塚市子ども条例の一部を改正する条例(案)の制定について、次のとおり意見を募集します。ご協力よろしくお願いいたします。

1 宝塚市子ども条例について

 宝塚市子ども条例は、本市が子ども施策を推進していくための目的、基本理念、家庭・学校・行政等の役割を定めることにより、子どもが健やかに育つ社会の実現を目的として、平成19年(2007年)4月に施行されました。

2 子ども家庭総合支援拠点とは

 平成28年(2016年)5月に成立した「児童福祉法の一部を改正する法律(平成28年法律第63号)」において、基礎的な地方公共団体である市町村は、子どもの最も身近な場所における子ども及び妊産婦の福祉に関する支援業務を適切に行わなければならないことが明確化され、子どもとその家庭及び妊産婦等を対象に、実情の把握、子ども等に関する相談全般から通所・在宅支援を中心としたより専門的な相談対応や必要な調査、訪問等による継続的なソーシャルワーク業務までを行う機能を担う市区町村子ども家庭総合支援拠点の整備に努めなければならないと規定されました。
 また、平成30年(2018年)12月には、「児童虐待防止対策体制総合強化プラン」が策定され、市町村における相談体制を強化するため、令和4年度(2022年度)までに子ども家庭総合支援拠点を全市町村に設置することが目標として掲げられました。
 これらを踏まえて本市においても、様々な困難を抱える子どもや家庭への相談窓口及び切れ目のない支援体制を整備するため、宝塚市次世代育成支援行動計画たからっ子「育み」プラン後期計画において、子ども家庭総合支援拠点の整備に向けた取組を進めることとしており、令和4年度中(2022年度中)の設置を予定しています。

3 宝塚市子ども条例の一部を改正する条例(案)の制定の経過

 宝塚市子ども条例の一部を改正する条例(案)の制定にあたり、令和2年(2020年)10月15日、宝塚市子ども審議会へ条例制定に関して諮問し、条例(案)について答申をいただきました。子ども審議会は、知識経験者、子育て当事者、子育て事業者、家庭教育関係者、青少年関係者、社会福祉協議会、民生・児童委員、母子保健関係者、経済団体(事業主)代表者、公募による市民の合計19人の委員で構成され、審議会に出席できなかった委員からも広く意見を求めて条例(案)について審議がなされました。

4 条例(案)のポイント

・条例改正の主な内容
(1)第15条の条文の追加
   子どもの年齢に応じた切れ目のない支援を児童福祉、保健、教育の各分野が連携して行う
   子ども家庭総合支援拠点を整備する根拠として規定する。
(2)第18条の条文の追加
   子ども及び妊産婦に対する支援を迅速かつ適切に実施するために、関係各課が保有する児童
   の情報を必要な限度において共有する根拠として規定する。
(3)その他
   上記改正に加え、条文の一部修正及び第15条を追加したことによる条文の繰り下げ等を併
   せて行う。

5 意見募集の目的

 宝塚市子ども条例の一部を改正する条例(案)の制定の趣旨や内容等について、広く公表し、条例(案)に市民の皆様からの意見を反映するため、意見募集を行います。
 なお、意見募集のため公表する内容は以下のとおりです。

・宝塚市子ども条例の一部を改正する条例(案)に対する意見募集
・別紙「意見提出用紙」
・条例改正の目的・背景及び条例(案)の概要
・宝塚市子ども条例 新旧対照表(案)
・改正後の宝塚市子ども条例(案)

 

6 公表方法について

 このページのほか、市役所2階子ども政策課、市役所1階市民相談課、各サービスセンター・サービスステーション及び各地域児童館・子ども館等で公表しています。

7 意見の募集期間

 令和3年(2021年)1月4日(月曜日)から令和3年(2021年)2月3日(水曜日)まで

8 意見の提出方法

 別紙「意見提出用紙」に必要事項を記入し、案に関する意見を記載して提出してください。なお、別の用紙で提出していただく場合は、別紙「意見提出用紙」に記載のある項目(氏名(フリガナ)、住所、電話番号等)すべてを明記してください。
 意見が複数ある場合は、意見ごとに意見対象箇所(全般もしくは特定部分)が分かるように記載してください。
 提出方法は、市役所子ども政策課へ持参、郵送、ファクシミリ、電子メールのいずれかの方法により、募集期間内にご提出ください。ただし、郵送の場合は、令和3年(2021年)2月3日(水曜日)必着とします。
 なお、電話などによる口頭での意見提出はできません。(障碍(がい)等の事由により、これらの提出ができない場合は、子ども政策課へご相談ください。)

9 提出先・問い合わせ先

 〒665-8665(住所記載不要)「市役所 子ども未来部 子ども政策課」
 電話番号 0797-77-2419
 ファクシミリ 0797-77-2800
 電子メールアドレス m-takarazuka0051@city.takarazuka.lg.jp
 市役所所在地 宝塚市東洋町1番1号
 (子ども政策課は市役所2階です。)

10 意見の公表について

 氏名、住所、電話番号等の個人情報は、一切公表しません。提出いただいた意見(パブリック・コメント)については、個人の権利利益を害するおそれのある情報等を除き、その全体を取りまとめた上で、意見の採否及び市の考え方とともに市ホームページで公表するほか、市役所子ども政策課(2階)、市民相談課(1階)、各サービスセンター・サービスステーション及び各地域児童館・子ども館等で配布します。
 なお、提出いただいたご意見に対し、個別の回答はいたしませんのでご了承ください。

11 個人情報等の取扱いについて

 氏名、住所、電話番号等の個人情報は、厳正に保管し、他の目的には一切使用、提供しません。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

子ども未来部 子ども家庭室 子ども政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2419 ファクス:0797-77-2800
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。