新庁舎・ひろば整備事業の進捗状況について(NTN株式会社宝塚製作所跡地の利活用)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1023212 更新日  2021年9月14日

印刷大きな文字で印刷

新庁舎・ひろば整備事業 ~市民交流の場の創出に向けて~

新庁舎外観(市役所前交差点から)

 宝塚市では、市役所に隣接しているNTN株式会社宝塚製作所跡地(9ha)のうち約4haを取得し、“いこい・つどい・ささえあう 市民の『ひ・ろ・ば』”をコンセプトに、市民交流の場の創出と新庁舎の建設など行政サービス機能の強化を図るために整備を進めています。

【整備概要】

 回遊性のある広場や中庭などの市民が交流できるスペースを配置するとともに、新庁舎には上下水道局や危機管理センター、ネットワークセンターを配置して災害時の拠点として活用していきます。

 総事業費は約55億円(用地取得費:約20億円、施設整備費〈設計費を含む〉:約35億円)を予定しており、国の補助金なども最大限に活用し、財政負担の軽減に努めながら事業を実施しています。

 駐車場整備工事については、平成30(2018)年度に着手し、令和元(2019)年度に完成しました。

 ひろば整備工事については、令和元(2019)年度に着手し、令和5(2023)年度に完成する予定です。

 新庁舎の建設工事については、令和元(2019)年5月に実施した入札が不調となったため、一部計画を変更し、再度基本・実施設計を策定することとしました(詳細は、下部リンク「新庁舎・ひろば整備事業の方針変更について」をご参照ください)。令和3(2021)年5月末に基本・実施設計の策定が完了したことから、設計内容をもとに新庁舎建設工事に着手し、令和4(2022)年度の完成を目指します。

【全体の進捗状況】※NTN株式会社宝塚製作所跡地内(4ha)

 (1)市事業(新庁舎・ひろば整備事業)

  ・新庁舎整備(上下水道局・危機管理センター・ネットワークセンター等):令和3(2021)年度着手予定

  ・駐車場整備(一般来庁者用駐車場):平成31(2019)年4月供用開始済

        (公用車駐車場):令和元(2019)年6月供用開始済

  ・ひろば整備:令和元(2019)年9月着手済

 (2)県事業

  ・阪神健康交流センター(宝塚健康福祉事務所・阪神シニアカレッジ):平成31(2019)年3月開設済 

 (3)阪神福祉事業団事業

  ・ななくさ育成園(障碍者支援施設):令和元(2019)年10月開設済

【定点写真】※市役所本庁舎等から撮影

 定期的に工事の進捗状況を公開していきます。

工事着工前の定点写真
工事着工前の写真(2017年12月1日時点)
最新の定点写真
最新の定点写真(2021年8月下旬時点)

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 政策推進課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2001 ファクス:0797-72-1419
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。