ありがとう小林浄水場

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1026122 更新日  2018年6月22日

印刷大きな文字で印刷

平成30年(2018年)6月末、武庫川右岸区域(一部を除く)の市民の皆さんに水道水を供給してきた小林浄水場が、その役目を終えました。同じく3月に運転を停止した亀井浄水場に続いての「引退」となり、現在は、淀川水系の阪神水道企業団から受水した水を、同区域の皆さまにお届けしています。

これまで支えていただいた全ての皆さんへの感謝を込めて、小林浄水場をご紹介します。

小林浄水場(入口)
小林浄水場

小林浄水場

亀井町の御所水路沿いに位置し、地下水と武庫川表流水を水源として、1日に最大20,000立方メートル(学校の25mプール約67杯分)の浄水処理を行い、武庫川右岸区域(一部を除く)へ給水してきました。この浄水場は街の中にあることから、身近な施設として皆さんから親しまれ、小学校の施設見学や市民モニターなど大勢の市民の皆さんにお越しいただきました。

小林浄水場
小林浄水場(昭和46年(1971年))
小林浄水場
小林浄水場(平成30年(2018年))

~供用開始から停止まで~

昭和37年(1962年)に2つの井戸を設置し、「小林水源」の供用が開始されました。その後、人口が増加し水量が不足したことにより、断水・出水不良・赤水が出るなど市民生活に大きな影響が出たため、水道施設の拡張工事を続け、昭和46(1971)年に現在の小林浄水場が完成しました。

平成7年(1995年)の阪神・淡路大震災では、市内各所で水道管が破損し長期間の断水が発生している間も、小林浄水場では24時間水を作り続け、市民の皆さんのご協力のもと応急給水を行うなど活躍しました。

近年になり、老朽化した施設の更新と安定した水源の確保という課題解決に向けて、阪神水道企業団からの受水と小林・亀井浄水場の停止が決まり、本年3月末の亀井浄水場(昭和48年(1973年)竣工)の停止に続き、6月末に小林浄水場を停止しました。

~さいごに~

阪神水道企業団からの給水開始にあわせて、これまで水道水を供給し続けた小林・亀井浄水場が役目を終えました。両施設の跡地の利活用については平成30年(2018年)7月現時点では未定ですが、今後も上下水道局では市民の皆さんに安全安心な水道水を供給するため、宝塚市水道ビジョン2025・水道事業経営戦略、宝塚市下水道ビジョン2025・下水道事業経営戦略に基づき施策や事業を推進していきます。

このページに関するお問い合わせ

上下水道局 施設部 浄水課
〒665-0032 宝塚市東洋町1番3号 上下水道局庁舎2階
電話:0797-73-3689 ファクス:0797-72-6381
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。