第83回企画展 手塚マンガの名脇役(バイプレイヤー)たち~手塚治虫の「スター・システム」~

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 4000295 更新日  2021年7月2日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: お出かけ その他のカテゴリ

手塚マンガの名脇役(バイプレイヤー)たち~手塚治虫の「スター・システム」~

第82回企画展ポスターイメージ
(C)TEZUKA PRODUCTIONS

 手塚マンガを読んでいると、同じキャラクターが複数の作品に登場していることに気付きませんか?これは手塚治虫が「スター・システム」という手法を取り入れてマンガを描いていたからです。

 元々「スター・システム」とは、映画や演劇などで、人気のある俳優・女優を多く起用して企画を組み立てることを指しますが、手塚はこれを自身のマンガ制作に取り入れました。自ら創り出した個性的なキャラクターたちを役者に見立て、役回りも変えて様々な作品に登場させ、手塚本人は、その役者たちを抱えた架空のプロダクション担当者として、キャスティングを楽しんでいました。
 

 今回の企画展では、そんな手塚マンガの名脇役(バイプレイヤー)たちにスポットを当てます。手塚作品を彩った名優たち。さぁ、何人顔と名前をご存知ですか?

展示概要

今回の企画展では、キャラクターとしての「手塚治虫」も含めて、キャラクターが架空のプロダクション「オサムシ スタディオ」に在籍する役者という設定で、手塚治虫の「スター・システム」を紹介していきます。展示点数は約100点。

キャラクター(役者)紹介

手塚治虫は自分のマンガ制作に、映画や演劇などの興行で採用される「スター・システム」を取り入れていました。自ら創り出した個性豊かなキャラクターたちに、読者が愛着を持って欲しかったから、と後述しています。

このコーナーでは、創り出された数多くのキャラクターの中から、何作にも渡って出演した名脇役(バイプレイヤー)たちを紹介。

名優から迷優(?!)まで、個性派ぞろいな役者たち合計43名を、「名優」「レジェンド」「迷優」など複数のグループに分けて、それぞれのプロフィール・出演作を紹介します。知っているキャラクターたちの意外な一面をお楽しみください。

<紹介タレント一覧>

ヒゲオヤジ

アセチレン・ランプ

ロック

ケン一

ミィちゃん

ミッチィ
リイコ サターン 力有武 デコビン

凸凹コンビ

ノールス・ヌケトール

ノタアリン

ノンキメガネ

花丸先生

ハム・エッグ ブク・ブック ブタモ・マケル

フランケンシュタイン

モクヤン

モンスター

ヨッツン

レッド公 お茶の水
金三角 下田 佐々木小次郎

サボテン

猿田 スカンク

東南西北 (トンナンシーペイ)

フーラー ヘック・ベン 丸首ブーン ムッシュ・アンペア ロンメル
アトム サファイア 写楽保介

ブラック・ジャック

ヒョウタンツギ スパイダー

手塚治虫

       

 

手塚治虫の「スター・システム」

手塚治虫はデビュー直後の1950年代初めに、自分で「スター名鑑」を作っています。本からキャラクターを切り抜き、それをノートに貼って、特徴やデビュー作を書き添え、さらには出演料まで決めていました。

また、当時発行した単行本の見返しにキャラクター紹介のページを掲載するなど、積極的に自らの「スター・システム」を発信していました。

その集大成となったのが、漫画家生活30周年記念として連載が始まった「ブラック・ジャック」です。これまで手塚作品を彩ってきた「スター・システム」のバイプレイヤーたちだけではなくオールキャストが登場して夢の競演を果たしつつ、演技合戦を繰り広げました。ブラック・ジャック連載終了後は「七色いんこ」にこの趣向が引き継がれています。

<主な展示品>

・「スター名鑑」(実物)

・「ブラック・ジャック」第1話 医者はどこだ!扉絵+本文23P(直筆原稿) 等

関連イベント【飲食コラボ】

飲食コラボ画像

本企画展の会期中、手塚治虫記念館周辺の飲食店6店舗では、スター・システムの集大成といえる作品「ブラック・ジャック」をイメージしたコラボメニューが提供されます。メニューをご注文された方には、ノベルティ(ブロマイド)をプレゼント。館内企画展示を目で楽しんだ後は、街に出て企画展をお楽しみください。

※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、中止・臨時休業となる場合がございます。

 

企画展関連グッズ 紹介ページ

ショップ

日程

令和3年7月2日(金曜日)から 10月25日(月曜日)

時間詳細

9:30~17:00

対象

どなたでも、高齢者

施設

手塚治虫記念館

主催

宝塚市・宝塚市教育委員会

後援

Kiss FM KOBE・エフエム宝塚

イベント情報をiPhone・iPad端末からiCalendarに取り込めます。
※Android端末ではご利用いただけません。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

ヘルプ

イベント情報をiCalendarに取込みます。 注意!
パソコンでスマホ表示をご覧になっている場合、イベント情報は取り込みできません。iPhone,iPad等の端末でご利用ください。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 宝のまち創造室 手塚治虫記念館
〒665-0844 宝塚市武庫川町7番65号
電話:0797-81-2970 ファクス:0797-81-3660
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。