エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育・子ども・人権 > 子ども・妊婦の健康と健診 > 未熟児の届出・訪問・養育医療


ここから本文です。

未熟児の届出・訪問・養育医療

ID番号 1000533 更新日  平成29年4月27日  印刷

身体の発育が未熟なまま、お生まれになった方に対して次の業務を実施しています。市立健康センターへご連絡ください。

変更になる業務
事業名 内容
低出生体重児の届出 出生時の体重が、2,500グラム未満の場合に、母子健康手帳のハガキ、電話又はファクスでお知らせください。保健師が訪問等で相談に応じます。
市ホームページからの届出もできます。(関連情報をご覧ください。)
未熟児訪問 出生体重が2,500グラム未満又は在胎週数37週未満の方、その他身体の発育が未熟なまま出生した乳児を対象に、保健師又は助産師がご家庭を訪問し、乳児の成長を保護者の方と一緒に確認したり、育児相談に応じます。
お子様が入院中の場合も、ご相談ください。
未熟児養育医療 身体の発育が未熟なまま出生した乳児(未熟児)で、医師が指定医療機関において入院養育を必要と認めた者に対して養育医療の給付を行います。
給付内容:医療費の保険診療分
食事療養費(ミルク代)
保険診療外のもの(差額ベッド代、文書料等)は、給付対象外です。
出生後、速やかにご申請ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康推進室 健康推進課(健康センター)
〒665-0827 宝塚市小浜4丁目4番1号
電話:0797-86-0056 ファクス:0797-83-2421
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。