エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育・子ども・人権 > 図書館 > 宝塚市立図書館における指定管理者制度導入及びこれからの図書館のあり方についての意見書


ここから本文です。

宝塚市立図書館における指定管理者制度導入及びこれからの図書館のあり方についての意見書

ID番号 1029574 更新日  令和1年6月25日  印刷

 宝塚市立図書館では『第2次宝塚市行財政運営アクションプラン』を受け、「指定管理者制度」について研究を行うことを決定し、協議・研究の組織として小委員会を設置しました。小委員会のメンバーは、宝塚市立図書館協議会委員から知識経験を有する者3名と公募による市民1名の合計4名により構成され、平成30年度1年間にわたって調査・研究を行いました。小委員会の意見書案は、令和元年(2019年)度第1回宝塚市立図書館協議会(令和元年(2019年)5月11日開催)において、宝塚市立図書館協議会の意見書として採択され、宝塚市立中央図書館長宛に提出がありましたので、意見書を公開いたします。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 社会教育部 生涯学習室 中央図書館
〒665-0836 宝塚市清荒神1丁目2-18
電話:0797-84-6121 ファクス:0797-81-0598
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。