エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 感染症に関する情報 > 新型コロナウイルス感染症について


ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症について

ID番号 1036228 更新日  2020年10月1日  印刷

市民の皆さまへ

現在は「兵庫県の判断基準」における『感染警戒期』です。
皆様におかれましては、油断せず、感染拡大防止に向けた取り組みの徹底をお願いします。
  • 発熱が続き、倦怠感、味覚異常等の症状があれば、下記の『帰国者・接触者相談センター(宝塚健康福祉事務所)』へ相談してください。特に発熱や咳などの比較的軽い症状でも、高齢者や基礎疾患をお持ちの方は、早めにご相談ください。
  • 新たな生活様式「ひょうごスタイル」に取り組んでください。
  • 業種ごとの感染拡大予防ガイドライン等(以下、「ガイドライン等」という。)に基づく感染防止策がなされていない接待を伴う飲食店など、感染リスクの高い施設の利用を目的とした県境をまたぐ移動を控えましょう。
  • ガイドライン等に基づく感染防止策がなされていない感染リスクの高い施設(特に接待を伴う飲食店、酒類の提供を行う飲食店、カラオケ等)の利用を控えましょう。
  • ガイドライン等に基づく感染防止策がなされていない施設における大人数での会食や飲み会はやめましょう。特に若者グループは注意してください。
  • 接触確認アプリ「COCOA」、「兵庫県新型コロナ追跡システム」の利用をお願いします。

相談窓口

帰国者・接触者相談センター

○ 宝塚健康福祉事務所
 電話番号:0797-62-7304(受付時間:平日9時00分~17時30分)
※ 休日及び平日夜間は、兵庫県のコールセンター078-362-9980

 

 下記の相談対象者に該当する方は、医療機関を受診する前に、お住まいの地域を管轄する「帰国者・接触者相談センター」に電話連絡し、受診する医療機関についてご相談ください。

【相談対象者】
 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
    (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

(妊婦の方へ)
 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。

(お子様をお持ちの方へ)
 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

【相談後、医療機関にかかるときのお願い】
 帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。

 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

兵庫県

 兵庫県は、下記のとおり新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口を設置しています。

○ 兵庫県コロナ健康相談コールセンター(予防・検査・医療に関するご相談)
 電話番号 078-362-9980(専用ダイヤル)
 ファクス番号 078-362-9874
 受付時間:24時間対応(土曜日・日曜日・祝日含む)

○ 新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金相談窓口
 電話:078-362-3056
 受付時間:平日 午前9時~午後5時

○ 休業要請事業者経営継続支援事業に関するお問い合わせ専用ダイヤル
 電話:078-361-2281
 受付時間:平日 午前9時~午後5時

○ 新型コロナウイルス感染症対策相談窓口(その他、「県対処方針」、「ひょうごスタイル」等に関するご相談)
 電話:078-362-9858
 受付時間:平日 午前9時~午後5時

厚生労働省

 厚生労働省では、今般の新型コロナウイルス関連肺炎の発生について、相談窓口を設置しています。

○ 厚生労働省
 電話番号:0120-565653(受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施))

新たな生活様式の推進

「ひょうごスタイル」の推進

 「3つの密」を避ける、熱中症に留意したマスクの着用など「ひょうごスタイル」を基本に、日常生活の中での感染予防に取り組んでください。 

 また、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、職場での「3密」の防止など、「ひょうごスタイル」を基本に、感染拡大を予防する「働き方」に取り組んでください。 

 兵庫の新たな生活様式【ひょうごスタイル】
 ○感染拡大を予防する日常生活
 ○感染拡大を予防する働き方
 ○自然災害と感染症との複合災害への備え
 

事業活動での感染防止対策の徹底

 事業活動にあたっては、業種毎の感染拡大予防ガイドライン等を踏まえ、感染防止対策を徹底してください。

出典:首相官邸HPより

出典:首相官邸HPより

出典:首相官邸HPより

帰国者の健康管理

 海外から帰国された方は、指定された場所(自宅など)で14日間待機し、健康管理に注意し、県宝塚健康福祉事務所(0797-62-7304)による健康観察にご協力ください。また、ご家族の皆様も帰国者の健康管理に協力するとともに外出を控え、健康管理に努めてください。

関連リンク

庁内関連情報

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康推進室 健康推進課(健康センター)
〒665-0827 宝塚市小浜4丁目4番1号
電話:0797-86-0056 ファクス:0797-83-2421
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。