エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育・子ども・人権 > 人権・性的マイノリティ・平和 > 性的マイノリティ(LGBT) > 性的マイノリティに寄り添うまちづくりの取組について


ここから本文です。

性的マイノリティに寄り添うまちづくりの取組について

ID番号 1014164 更新日  平成30年6月1日  印刷

今、性の多様性を尊重する社会が求められています。

平成27年4月に文部科学省から発出された「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等について」においても、“悩みや不安を受け止める必要性は、性的マイノリティとされる児童生徒全般に共通する”ということが明らかにされ、また、全国の各地で性的マイノリティに関する理解の促進と支援の必要性の認識が広がっています。

宝塚市においても、性の多様性を理解し、誰もが「ありのままで」、「安心して自分らしく」過ごせる、そんな、誰もが生きやすい社会をめざして、取組を進めます。

詳細は次のとおりです。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

総務部 人権平和室 人権男女共同参画課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2013(人権相談に関すること) 
        0797-77-9100(人権啓発・男女共同参画・平和施策に関すること)
ファクス:0797-77-2171
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。