エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育・子ども・人権 > 人権・性的マイノリティ・平和 > 性的マイノリティ(LGBT) > 宝塚市パートナーシップの宣誓制度について


ここから本文です。

宝塚市パートナーシップの宣誓制度について

ID番号 1022571 更新日  2020年7月3日  印刷

様々な人々が自分らしく生きていくことができる社会づくりに向けて、孤立感を抱えている可能性のある性的マイノリティの方々について理解するとともに支援するため、平成27年11月に本市の取り組み内容を「ありのままに自分らしく生きられるまち宝塚」としてまとめたところであり、その取り組み内容の1つである同性パートナーを尊重する仕組みとして、平成28年6月に宝塚市パートナーシップの宣誓の取り扱いに関する要綱を制定しました。これは、互いをその人生のパートナーと約束した同性カップルの宣誓書を市が受け取り、一定の条件を満たしている場合、2人をパートナーと認め受領証を交付するものです。

今回、さらに広く性的マイノリティの方にご利用いただけるけるよう、内容について次の通り見直しました。(令和2年4月1日改正)
1 カード式で携帯可能な宣誓書受領証の導入
2 戸籍の性が同じだけでなく、自認する性が同じであるカップルや、どちらか一方が性的マイノリティ当事者であるカップルへ対象を変更
3 民法に準じた宣誓要件の明記。(民法における成年であること、直系血族でないことなど)


 

カード
カード(表)

カード
カード(裏)

また、お渡しする宣誓書受領書につきましても、市のオリジナルデザインへ変更いたします!

宣誓書受領証
宣誓書受領証(宝塚市オリジナルデザイン)

宣誓件数

令和2年7月1日現在の宣誓組数(通算)は、9組です。

※宣誓組数は、毎月3日(土・日曜、祝日等の場合は翌開庁日)までに更新します。 

対象

次の全てに該当するカップルのお二人(国籍は問いません)。

1 双方が民法における成年であること。
2 住所について次のいずれかに該当すること。
   ア 双方が市内に住所を有し、かつ同居し、又は同居を予定していること。
     イ 一方が市内に住所を有し、かつ、他の一方が市内同一住所への転入を予定していること。
     ウ 双方が市内同一住所への転入を予定していること。
     ※イ、ウに該当する方は、転入予定日などに条件があります。又、宣誓書受領書は転入後に交付します。
3 双方に配偶者がいないこと及び宣誓者同士以外の者とパートナーシップの関係にないこと。
4 直系血族又は三親等内の傍系血族の関係にないこと。
5 直系姻族の関係にないこと。

宣誓の方法

1 宣誓する日時等について事前に市と調整する。
2 市職員の面前においてパートナーシップ宣誓書に自ら記入し、提出する。
3 宣誓書は、人権男女共同参画課において受領する。
4 宣誓者の一方又は双方が宣誓書に自ら記入することができないときは、当該同性カップルの双方の立会いの下で他の者に代書も可能。

必要書類

次の書類のいずれかの提示をお願いします。((1)~(4)はいずれか1点、(5)は必須で、カップルの方それぞれの提示が必要です。)

(1) 個人番号カード
(2) 旅券
(3) 運転免許証
(4) 前各号に掲げるもののほか、官公署が発行した免許証、許可証又は登録証明証であって、本人の顔写真が貼付されたもの

(5) 独身証明書

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

総務部 人権平和室 人権男女共同参画課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2013(人権相談に関すること) 
        0797-77-9100(人権啓発・男女共同参画・平和施策に関すること)
ファクス:0797-77-2171
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。