エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育委員会 > 市立幼稚園の適正規模・適正配置 > 宝塚市立幼稚園の統廃合計画について


ここから本文です。

宝塚市立幼稚園の統廃合計画について

ID番号 1021428 更新日  2017年6月27日  印刷

宝塚市立幼稚園の統廃合計画について

宝塚市立幼稚園の統廃合計画について

 市立幼稚園の園児数は、平成17年度(2005年度)の1,383人をピークに、その後は少子化の進展に伴い減少に転じ、平成27年度(2015年度)には936人まで減少し、この10年間で30%以上減少しています。今後も、保護者の就労の増加を受け、長時間保育を実施している保育施設への需要の高まりなどにより、市立幼稚園の園児数は大きく減少していくものと見込んでいます。

 こうした状況中、昨年7月に策定した「宝塚市立幼稚園の適正規模及び適正配置に関する基本方針」に基づき、市立幼稚園が適正な規模を維持し、適正に配置するよう、宝塚市立幼稚園の統廃合計画を策定しました。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 管理部 管理室 学事課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2366
ファクス:0797-71-1891
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。