エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 申請書 > 分野から探す > 暮らし・手続き > 市税 > 給与所得者異動届出書


ここから本文です。

給与所得者異動届出書

ID番号 1004064 更新日  平成31年3月8日  印刷

対象者
  • 事業者の方
申請の種類
  • 担当部署での申請が可能です。
  • 郵送での申請が可能です。
申請事務の内容

個人市・県民税が特別徴収(給料天引き)されている給与所得者が退職した時や勤務先を変わった時などに、給与支払者よりその異動を届け出て頂くものです。

申請手続の流れ

退職・転勤・死亡・休職・長欠・その他の理由により特別徴収義務が無くなった場合に翌月10日までに提出していただき、市で異動処理の後、20日頃までに給与支払者に変更通知書をお送りします。この届けが遅れたり、提出がされないときは、給与支払者と市の台帳に相違が生じ特別徴収事務に支障をきたしますので必ず期限内の提出にご協力願います。

申請用紙名称
印刷時の注意
次の形式で印刷してください。
A4 、 B5 、 横
申請書記入上の注意
  • 市・県民税の徴収済月と徴収済税額及び未徴収税額は必ず記入してください。
  • 勤務先変更(転勤)により新しい勤務先で特別徴収の継続ができる場 合は、必ず新しい勤務先へ税額及び月割額を連絡していただくと共に、届出書の「新しい勤務先の名称及び所在地」の欄と「左記転勤先へ は……」の欄も必ず記載してください。
  • 退職した場合は、届出書の「退職時までの給与支払額」の欄と「控除社会保険料額」の欄も必ず記載してください。
  • 従業員等が1月1日から4月30日までの間に退職した際は、特別徴収継続の希望がなく、残税額の全額を給与または退職金から引き去り可能である場合に限り、残税額を一括徴収することが義務付けられています。
  • 記載方法がわかりにくければ、ご連絡下さい。
  • 異動事由が発生した日の属する月の翌月10日までに提出してくださ い。
  • 特別徴収税額が非課税又は全額徴収済みの方も異動届の提出は必要です。

制度の改変等により申請書等が変更されている場合がありますので、 ご利用の際には必ず最新の提供情報をご利用下さい。
ご不明な点は事前に担当部署にお問い合わせください。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 市税収納室 市民税課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2055(諸税担当) 0797-77-2056(普通徴収担当) 
    0797-77-2057(特別徴収担当)
ファクス:0797-71-6188
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。