エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 記念館だより > 記念館だより2008年


ここから本文です。

記念館だより2008年

ID番号 4000010 更新日  平成26年11月26日  印刷

ヤッサンの紙芝居「チャンスの神様」

ヤッサンの紙芝居

5月4日、5日、手塚治虫の少年時代のエピソードが紙しばいになって、初めての口演を開催しました。
物語は、マンガ家・手塚治虫が誕生に大きな影響を与えた、小学生時代の恩師・乾秀雄先生との出会いを描きます。


ヤッサンの紙芝居2

紙芝居を制作したのは、ヤッサンこと安野侑志さん。
この紙しばいには「子どもたちに好きなことを楽しんで自由にのびのび育って欲しい」という思いが込められています。
エントランスホールで1日2回、計4回開催。


ヤッサンの紙芝居3

安野さんオリジナルのクイズや、水あめ・カタヌキセットも大人気。昔なつかしい紙しばいの会を大勢が楽しみました。

スキップ楽団ミニコンサート

スキップ楽団1
(スキップ楽団ミニコンサート)

4月27日、エントランスホールで スキップ楽団ミニコンサートを開催しました。


スキップ楽団2

クイズや歌とダンスで盛り上がって、 最後はアトムも登場。 みんなで一緒に踊って、元気いっぱい楽しいコンサートでした。

中村よお×村上知彦 ぼくたちの手塚治虫

中村よお×村上知彦対談 僕たちの手塚治虫

2月16日、まんが評論家の村上知彦さんとシンガー・ソングライターの中村よおさんの対談「ぼくたちの手塚治虫」を行いました。
「ジャングル大帝」や「鉄腕アトム」が誕生した1950年代の初めに生まれた2人。それぞれの愛蔵の本を持ち寄り、子どもの頃の手塚作品との出会いや大人になってもマンガを楽しみ影響を受けてきた経験など、手塚治虫と作品の魅力を語りました。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 宝のまち創造室 手塚治虫記念館
〒665-0844 宝塚市武庫川町7番65号
電話:0797-81-2970 ファクス:0797-81-3660
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。