エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 記念館だより > 記念館だより2017年


ここから本文です。

記念館だより2017年

ID番号 4000152 更新日  平成29年7月27日  印刷

宝塚物産展・手塚治虫記念館PRブース出展(JRA阪神競馬場)

宝塚物産展PRブース

6月25日(日曜日)、JRA阪神競馬場で「宝塚物産展・手塚治虫記念館PRブース」を出展しました。記念館ミュージアムショップで販売しているグッズの一部を販売するブースで、今回で5回目の出展。宝塚記念でデビューした第8期・観光大使リボンの騎士「サファイヤ」の2人が記念館と宝塚市観光をPRしました。

アニメのしくみ体験教室

ゾートロープ体験

5月3日(水曜日・祝日)・5月4日(木曜日・祝日)大阪デザイナー専門学校の協力で「アニメのしくみ体験教室」を開催しました。内容は視覚玩具「ゾートロープ」作り。回転させてスリットを覗き込むと、内側に描かれた絵が動き始めます。アニメーションの原理を体験しました。


作品展

また、4月23日から5月4日まで、大阪デザイナー専門学校コミックイラスト作品展を開催しました。

「アトム ザ・ビギニング展」ミュージアムトーク&サイン会

4月30日(日曜日)、アトム ザ・ビギニング展関連企画として、漫画家カサハラテツローさんのミュージアムトーク&サイン会を開催しました。

イラスト描き

カサハラさんと手塚作品の出会いは小学生の時。「この漫画が欲しい!」と手に取った本がブラック・ジャックだったそうです。大人になってからは火の鳥にハマっていき、鳳凰編の最後のシーンは今も思い出して涙するぐらい印象に残っているそうです。そんな手塚作品を読み込んでいらっしゃるカサハラさんに、即興で「好きな手塚漫画キャラは?」という題目でイラストを描いて頂きました。

5巻の表紙とウランちゃん

描きあがった絵はなんとウランちゃん。カサハラさんは人間くさくて手に負えない・パワーがある・面倒くさい・・・でもアトム兄ちゃんが好き・・・そんな放っておけない愛くるしさに心打たれたそうです。カサハラさんの優しさ溢れるソフトなタッチで描かれたウランとA107(ユウラン)のツーショットは貴重な一枚です!


手塚眞さんと

漫画アトム ザ・ビギニングの監修をされている手塚眞さんがサプライズ登場され、会場は更にヒートアップ。この漫画を創るにあたっての構想・カサハラさんに執筆を依頼した経緯・漫画の制作段階での苦労話や裏話・アニメへの関わりや内容の考案等、お二人の掛け合いトークにあっという間に楽しい時間が過ぎ去っていき、会場に来られたファンのみなさんは大満足の様子でした!


サイン会

トークショー終了後はサイン会。ひとりひとり丁寧にお話しをされながらサインをして頂きました。

スキップ楽団ミニコンサート

スキップ楽団とアトム

4月29日(土曜日)は4月25日開館記念日のお祝いとしてスキップ楽団ミニコンサートを開催し、アトムが登場。コンサート終了後にアトムは館内を回り、お客さんと記念撮影をしました。

鉄腕アトム×BUCK-TICKコラボグッズ展示

BUCK-TICK

3月24日(金曜日)~4月9日(日曜日)、鉄腕アトム×BUCK-TICKコラボグッズ展示を開催しました。新人マンガ家、つのがいさんが「手塚プロダクションの公式作画ブレーン」として作画した”鉄腕アトム×BUCK-TICK”コラボのコンサートグッズを展示しました。

似顔絵コーナー

似顔絵コーナー

3月18日(土曜日)・19日(日曜日)、「似顔絵コーナー」を開催しました。似顔絵は、大阪芸術大学短期大学部の皆さんに描いていただきました。

トークショー 富野由悠季×高橋良輔「虫プロの遺伝子~ロボットを創った男達」

富野×高橋

3月12日(日曜日)、宝塚ホテルで、手塚治虫記念館トークショー 富野由悠季×高橋良輔「虫プロの遺伝子~ロボットを創った男達」を開催しました。1000人以上の方の申し込みがあり、500人の方が来場されました。

つのがい×手塚るみ子ミュージアムトーク&サイン会

3月11日(土曜日)、つのがい×手塚るみ子ミュージアムトーク&サイン会を開催しました。


つのがい×手塚るみ子サイン会

つのがいさん、手塚るみ子さん、それぞれのサイン会も開催しました。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 宝のまち創造室 手塚治虫記念館
〒665-0844 宝塚市武庫川町7番65号
電話:0797-81-2970 ファクス:0797-81-3660
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。