エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 記念館だより > 記念館だより2017年


ここから本文です。

記念館だより2017年

ID番号 4000152 更新日  平成30年1月26日  印刷

ワークショップ「ねんどキャンドルを作ろう」

ねんどキャンドルを作ろう

12月24日(日曜日)は、クリスマスイヴにぴったりな、サンタクロースやクリスマスケーキを粘土キャンドルで作りました。

配られるキットは一緒ですが、自分ならではの発想やセンスで、ひとりひとり全く違うキャンドルが出来上がりました。自分が思った形を粘土で作る大変さと、出来た時の感動を実感できたワークショップとなりました。

ワークショップ「缶バッジを作ろう」

缶バッジを作ろう

12月9日(土曜日)・10日(日曜日)は、缶バッジ作りのワークショップを開催しました。

用意した紙に、自分の好きな絵を描くもよし、イラストに色付けするもよし。オリジナルの缶バッジ作りに夢中になりました。

カバンやペンケースに付けて学校に行くというお子さまの声に、こちらまで嬉しくなりました。

ワークショップ「オリジナル手ぬぐいを染めてみよう」墨流し体験

墨流し体験

11月19日(日曜日)は、日本古来から伝わる染色技法「墨流し」による手ぬぐい染めのワークショップを行いました。

水を張った容器の中に散りばめた絵の具の水滴が、手ぬぐいに彩られた時には、幻想的な絵柄となっている様子に、参加者からは感嘆の声があがっていました。

手塚治虫誕生日記念イベント「手塚ワールドで音楽三昧♪」

音楽三昧

11月3日(金曜日・祝日)、手塚治虫誕生日記念イベントとして「手塚ワールドで音楽三昧♪」を開催しました。出演は、大阪音楽大学の学生。今年は趣向を変えてサックス四重奏でお届けしました。音楽が大好きだった手塚治虫の誕生日を、手塚アニメソングや馴染み深いクラシックのミニコンサートでお祝いしました。

アニメタウンフェスタ関連企画「王冠展示」

王冠展示

10月28日(土曜日)・29日(日曜日)は、アニメタウンフェスタ関連企画として、「リボンの騎士」作中に登場した物をイメージして作られた、製作費1億円の王冠が記念館に展示されました。展示期間中には宝塚市観光大使サファイヤと王冠をかぶって記念撮影会も実施され、多くの方に楽しんで頂きました。

ミニコンサート(アンニョン・クレヨン)

ミニコンサート

10月1日(日曜日)は、アンニョン・クレヨンのミニコンサートをエントランスホールで開催しました。

同日に宝塚文化創造館や、桜橋公園で開催していた「自然とアートの秋フェスタ」でもメインステージに登場したアンニョン・クレヨンが、足をのばして記念館にも来てくれました。

絵描き歌など、大人も子どもも一緒に楽しめる楽曲を3ステージも披露してくれて、みなさん大喜びでした。

「ミクダヨー」握手&撮影会

ミクダヨー

9月24日(日曜日)・30日(土曜日)は、『ねんどろいど 初音ミク』風のキャラクター「ミクダヨー」がアトムビジョンに登場し、握手&撮影会を開催しました。

「ミクダヨー」と撮影する時には、思い思いのポーズをリクエストしたり、持参したグッズと一緒に写ったりと、素敵な記念写真を撮られていました。

初音ミク×手塚治虫展トークショー

9月23日(土曜日・祝日)に、宝塚文化創造館で第71回企画展「初音ミク×手塚治虫展ー冨田勲が繋いだ世界ー」の関連イベントとして、トークショーを開催しました。

トークショー(1)

初音ミクを生みだしたクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の代表取締役である伊藤博之氏、開発担当プロデューサーであった佐々木渉氏、作曲家・冨田勲さんの担当者として様々なプロジェクトを手掛けられた日本コロムビア株式会社の服部玲治氏に、株式会社手塚プロダクション取締役の手塚るみ子氏をお招きし、初音ミクの誕生秘話や、冨田勲さんと手塚治虫さんの信頼関係などの貴重な話が豊富なトークショーとなりました。


トークショー(2)

冨田勲さんが「イーハトーブ交響曲」の公演を行う際に、ソリストとして大物歌手の起用を考えられていましたが、某テレビ番組に出ていた姿をご覧になって、すぐに初音ミクを登場させることを決定されたそうです。冨田勲さんの天才的な発想力と、やりたいことをやるという行動力が初音ミクとの融合を実現させ、リボンの騎士に扮した初音ミクを登場させることで、同時に手塚マンガとの繋がりを作ったのだと実感できるお話しでした。

ワークショップ「レリーフを作ってみよう」

レリーフを作ろう

9月17日、レリーフ作りのワークショップを開催。大阪芸術大学短期大学部の講師に教わりながら、絵の上に特殊な粘土を置き、絵と同じような形を作っていきます。まずは輪郭を作ってオーブンで焼きます。顔の上に付けるパーツ(髪や目・口・鼻など)を作って、もう一度焼くと、完成!みんな上手に出来ていました。

記念館にブラック・ジャックが登場

ブラック・ジャックが登場

8月26日(土曜日)・8月27日(日曜日)に、ブラック・ジャックが登場しました。

夏休み最後の週末で賑わう記念館内を巡回し、多くのお客さまが初登場のブラック・ジャックと撮影や握手をしておられました。

ロケットを作って飛ばそう

コズミックカレッジ

8月26日(土曜日)は、JAXAの宇宙教育リーダーの方をお招きし、バルーンロケットを作って飛ばしました。

冒頭に太陽系の広がりを学習する模型を使って、太陽から地球までの距離を歩いて体感するなど、宇宙について知ることが出来るイベントでした。

作ったバルーンの飛び方は様々で、どうしたら思い通りに飛ばせるか試行錯誤しながら楽しんでいました。

アニメのしくみ体験教室(パラパラまんがを作ろう)

パラパラまんがを作ろう

8月21日(月曜日)・8月22日(火曜日)は、アニメのしくみ体験教室「パラパラまんがを作ろう」を開催しました。

こども達が大阪デザイナー専門学校の先生に教わりながら、単語帳サイズの紙に思い思いの物語を絵にしていました。最後に動く絵を見たこども達の笑顔がはじけていました。

ミニコンサート(ミュージカルバルーンショー)

スウィートシンガーあい

7月22日(土曜日)と8月12日(土曜日)には、『スウィートシンガーあい』さんが登場し、ミュージカルバルーンショーを開催しました。

こどもと一緒に歌って踊って、見たこともないような可愛いバルーンアートを披露。

さらに、作ったバルーンはプレゼント!みなさん大喜びのイベントでした。

夏休みアニメ上映会「KYOTO手塚治虫ワールド オリジナルアニメ」

8月7日(月曜日)・14日(月曜日)・21日(月曜日)・28日(月曜日)、夏休みアニメ上映会「KYOTO手塚治虫ワールド オリジナルアニメ」を開催しました。2011年に閉館したKYOTO手塚治虫ワールドで上映されていた作品のうち4作品を、今夏手塚治虫記念館で復活。物語をとおして、友情・家族の愛などを育む感動ストーリーを上映しました。

ミニコンサート(ゴスペルショー)

ラムズクワイア

7月29日(土曜日)、ママさんゴスペルグループ『LaMs Choir(ラムズクワイア)』のメンバーのうち5名が来館し、ゴスペルショーを開催しました。

力強い本格的なゴスペルソングから昔懐かしい童謡まで歌って頂き、手塚アニメの主題歌も披露してくれました!

曲間には、こどもたちのために手遊び体操や布紙芝居もあり、とても楽しいミニコンサートでした。

宝塚物産展・手塚治虫記念館PRブース出展(JRA阪神競馬場)

宝塚物産展PRブース

6月25日(日曜日)、JRA阪神競馬場で「宝塚物産展・手塚治虫記念館PRブース」を出展しました。記念館ミュージアムショップで販売しているグッズの一部を販売するブースで、今回で5回目の出展。宝塚記念でデビューした第8期・観光大使リボンの騎士「サファイヤ」の2人が記念館と宝塚市観光をPRしました。

アニメのしくみ体験教室

ゾートロープ体験

5月3日(水曜日・祝日)・5月4日(木曜日・祝日)大阪デザイナー専門学校の協力で「アニメのしくみ体験教室」を開催しました。内容は視覚玩具「ゾートロープ」作り。回転させてスリットを覗き込むと、内側に描かれた絵が動き始めます。アニメーションの原理を体験しました。


作品展

また、4月23日から5月4日まで、大阪デザイナー専門学校コミックイラスト作品展を開催しました。

「アトム ザ・ビギニング展」ミュージアムトーク&サイン会

4月30日(日曜日)、アトム ザ・ビギニング展関連企画として、漫画家カサハラテツローさんのミュージアムトーク&サイン会を開催しました。

イラスト描き

カサハラさんと手塚作品の出会いは小学生の時。「この漫画が欲しい!」と手に取った本がブラック・ジャックだったそうです。大人になってからは火の鳥にハマっていき、鳳凰編の最後のシーンは今も思い出して涙するぐらい印象に残っているそうです。そんな手塚作品を読み込んでいらっしゃるカサハラさんに、即興で「好きな手塚漫画キャラは?」という題目でイラストを描いて頂きました。

5巻の表紙とウランちゃん

描きあがった絵はなんとウランちゃん。カサハラさんは人間くさくて手に負えない・パワーがある・面倒くさい・・・でもアトム兄ちゃんが好き・・・そんな放っておけない愛くるしさに心打たれたそうです。カサハラさんの優しさ溢れるソフトなタッチで描かれたウランとA107(ユウラン)のツーショットは貴重な一枚です!


手塚眞さんと

漫画アトム ザ・ビギニングの監修をされている手塚眞さんがサプライズ登場され、会場は更にヒートアップ。この漫画を創るにあたっての構想・カサハラさんに執筆を依頼した経緯・漫画の制作段階での苦労話や裏話・アニメへの関わりや内容の考案等、お二人の掛け合いトークにあっという間に楽しい時間が過ぎ去っていき、会場に来られたファンのみなさんは大満足の様子でした!


サイン会

トークショー終了後はサイン会。ひとりひとり丁寧にお話しをされながらサインをして頂きました。

スキップ楽団ミニコンサート

スキップ楽団とアトム

4月29日(土曜日)は4月25日開館記念日のお祝いとしてスキップ楽団ミニコンサートを開催し、アトムが登場。コンサート終了後にアトムは館内を回り、お客さんと記念撮影をしました。

鉄腕アトム×BUCK-TICKコラボグッズ展示

BUCK-TICK

3月24日(金曜日)~4月9日(日曜日)、鉄腕アトム×BUCK-TICKコラボグッズ展示を開催しました。新人マンガ家、つのがいさんが「手塚プロダクションの公式作画ブレーン」として作画した”鉄腕アトム×BUCK-TICK”コラボのコンサートグッズを展示しました。

似顔絵コーナー

似顔絵コーナー

3月18日(土曜日)・19日(日曜日)、「似顔絵コーナー」を開催しました。似顔絵は、大阪芸術大学短期大学部の皆さんに描いていただきました。

トークショー 富野由悠季×高橋良輔「虫プロの遺伝子~ロボットを創った男達」

富野×高橋

3月12日(日曜日)、宝塚ホテルで、手塚治虫記念館トークショー 富野由悠季×高橋良輔「虫プロの遺伝子~ロボットを創った男達」を開催しました。1000人以上の方の申し込みがあり、500人の方が来場されました。

つのがい×手塚るみ子ミュージアムトーク&サイン会

3月11日(土曜日)、つのがい×手塚るみ子ミュージアムトーク&サイン会を開催しました。


つのがい×手塚るみ子サイン会

つのがいさん、手塚るみ子さん、それぞれのサイン会も開催しました。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 宝のまち創造室 手塚治虫記念館
〒665-0844 宝塚市武庫川町7番65号
電話:0797-81-2970 ファクス:0797-81-3660
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。